FC2ブログ

庭の樹林化とその効用について

各地で猛暑日が続いております。
暑中お見舞い申し上げます。

このあたりも日照り続きで、まったくといっていいほど雨が降っておらず、あらゆるものがカラカラの状態・・・もはや災害といってもいいレベル。
中央アルプスにも南アルプスにも毎日のように入道雲が湧いているのだけれど、その間にある伊那谷には不思議なくらい雨が降らない。
P1210686_サイズ変更
毎日のようにゴロゴロ、雷鳴だけは聞こえるのに、谷までは雲がかからない。(写真は8月6日の空)
長野県内でも北信や東信では災害警報が出るくらい雨が降っているというのに・・・。
ちなみに、我が家があるのは天竜川の東岸(南アルプス側)で、中央アルプス側の雲がかかってくることは稀。南アルプス側の雲が張り出してくれない限り雨は降らない。

雨はともかく、全国的に厳しい暑さが続いている。
そんな中で今回は、ちょっとでも暑さをやわらげるために木を植えればいいんじゃね?という話。
我が家で着々と進めている(勝手に進んでいる)庭の樹林化計画についてです。

木を植えるといっても、実際問題として住宅密集地のようなところでは難しいだろうから、田舎限定の話になってしまいそうだけれど、加えて好き嫌いがわかれるところだろうけど、個人的に、そうすることでのマイナス面というのは今のところ特に思い浮かばない。

以下にその効用を列記してみる。

1.木陰ができて涼しい
なんといってもまずはこれ。実際にかなりの効果を実感できる。
樹種はなんでもいいと思うけど、冬に葉っぱが落ちてスッキリする落葉樹がオススメ。
ちなみに、ここは冬寒いところなので、落葉樹であることは必須です。冬も暖かいところなら、常緑樹でもまったく問題ないと思う。
土着の木というかその土地に自然に生えている木なら、特に手をかけずとも勝手にすくすく育つはず。
何か実のなる木なら、さらに重宝します。

IMGP9885_サイズ変更
樹林化計画進行中・・・だんだん秘密基地のようになってきた。
勝手に生えてきたクルミ(オニグルミ)が中心。秋に収穫できるクルミの実はかなり重宝している。
夏場はこんな鬱蒼とした状態でも(こう見えても木の下は広く普通に歩ける)、冬には葉っぱが落ちてスッキリする。
ちなみに写真は7月23日に撮影したもので、これ以降ほとんど雨が降っていない・・・。

2.家の目隠しになる
実はこれこそが最大の効用かもしれない。外から自宅が丸見えにならないことで、とても落ち着く。

3.鳥や昆虫をはじめ、多様な生きものが集まってくる
IMGP9992_サイズ変更
カブト&カナブンタワー(笑) 甲虫を呼ぶならクヌギがオススメ
ちなみに、樹液が染み出す部分を工作しているのは、カミキリ&テッポウムシ(涙)

IMGP9965_サイズ変更 IMGP9854_サイズ変更
(左)あまりに無防備すぎるカナブンと、(右)ホオジロの卵

IMGP0004_サイズ変更
そのホオジロの卵を食べてしまったのは、このアオダイショウかもしれない・・・
アオダイショウは主に樹上で生活している。庭にたくさん住んでいるであろうネズミの天敵になっているはず。
ちなみに、地上ではヤマカガシをよく見かける。

IMGP9993_サイズ変更
一番頻繁に見かけるのは、やっぱケロ(アマガエル)だな・・・

我が家の庭の写真(主に生きもの)はこちらにたくさんあります。
小さな菜園のある暮らし
あわせてご覧ください。

4.下草が生えなくなる
木が生長して樹冠が閉塞すると、地面まで日光が届かなくなるから、下草が生えなくなる。日の当たっているところが嘘のように、特に背の高い草が生えなくなる。
これによって草刈りから解放されるわけだけれど、これは想像以上にありがたい。

5.地面の湿気が保持される
これも、夏場カラカラになるこのあたりではうれしい効用。

6.防風林にもなる
このあたりは比較的年中風も強く、ここでも防風林として木が活躍する。
ポツンと単独で生えていると暴風で倒れるなんて恐れもありそうだけど、ある程度密生しているとその可能性も減る。

こんなところだろうか・・・。
マイナス面は特に思い当たらず、いいことづくめのように思うのだけれど、こんな田舎でも木を植えている家が少ないというのは、日当たりを考えてのことなのか、見た目か、それとも単に昔はこんなに暑くなかったのか・・・。
いずれにしても、木があるだけでずいぶん涼しくなると思う。
生き物がたくさん集まるから観察しているだけで楽しいというか、そんな癒しの効果も絶大である。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment