FC2ブログ

キガリ その2

2010/4/11 日
今日も休養を兼ねてまったりする。人はいいし、飯もまぁ旨いし、なかなか居心地のいい町だ、キガリは。
午後からダラダラに乗って町の中心に行ってみた。バス・スタンドから1.5kmくらいだ。そこには何と立派なツーリスト・エリアがありました・・・。キガリ、お前もか!
UNION TRADE CENTREという名のショッピング・モールのような大きな建物があり、その中にあるカフェや24hr営業のスーパーには見事なまでに外国人しかいない・・・かなり異様な空間だ。しかも何故か韓国人がウヨウヨいる。一見して旅行者じゃないから、NGOか何かで来ている人たちだろうか?いずれにしてもここまで群れられると気色悪い。
一歩建物の外に出ると外国人の姿など見えないから、かなり異様な空間である。一体何やってるんだ、この人たちは・・・せっかく遠い国まで来ている意味が果たしてあるのだろうか?相変らずカフェではバーガーなど食べていたりする(笑)。バーガーなど食べようものなら4,000~5,000Rwfもするのにだ。下で300Rwfで飲めるコーラがここでは700Rwfもする。
24hr営業のスーパーなんてのも外国人のためだけにあるようなもんだ。地元の人は誰も買い物などしていない、今日は日曜で閉まっている店が多いにも関わらずだ。
下の方が宿代も物価も安いし、活気があって食べるとこにも事欠かない。というわけでもしこれからキガリに来る人がいたら、町の中心ではなく下のバス・スタンドの近くに宿泊することをお勧めする。
自分たちも、もしロンプラを持っていたら間違って上に宿泊していたかもしれない。そしてローカル食堂がないなどと嘆いていたかもしれない。そう考えるとガイドブックの類を持ち歩くのも良し悪しだ。町の地図がついてるだけで重宝するのも確かだから、要は使い方次第ということなんだろうけど。いずれにしてもガイドブックに頼りすぎると道を誤ると実感した次第である。
ちなみに、行きは200Rwfだったダラダラの運賃が帰りは150Rwfだった。帰りは下りだから安いのかしら。

(今日はシャワーを浴びた後に洗濯をした。洗濯は私の担当なので、なるべく溜まらないうちにこまめに洗っている。アフリカの宿には洗面所にバケツやたらいが置いてあるので、洗濯するときとても便利。インドにも必ずバケツが置いてあった。この旅行に出る前、旅の達人のHPに「携帯バケツがあると便利」と書かれていたのを見て、実は小さな携帯バケツを買って持ってきていた。けれど一向に出番がなかったので、インドから日本へ送り返してしまった。普段の生活で使っていないモノというのは旅先でも使わない。やはり荷物は少ないほうがいい。 マユミ)
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment