FC2ブログ

今年は早かった竹の子・・・竹の駆除、もしくは竹薮管理のはじめの一歩

今年は暖かくなるのが早かった。
雪融けも早いし、桜が早けりゃ竹の子も早かった。
今年最初に竹の子を採ったのは、4月28日。
去年のことを調べてみると、最初に収穫したのが5月14日。なんと、今年は去年より二週間も早かった!

P1210382_サイズ変更 IMGP9379_サイズ変更
(左)今年二回目の収穫(4月29日)と、(右)三回目の収穫(5月1日)

今年も誰も採りませんね、竹の子(涙)。
仕方なく自分で採ります。採った以上は、極力食べます。毎年美味しくいただく自然の恵みです。
が、到底食べきれないし(竹の子は保存も困難)、タイミング的に伸びすぎてしまったものもある。
そういうものも伐採します(キッパリ)。

うちの隣の竹薮は、竹の子を採るために、場所を考えて毎年何本かは残していますが、もし竹を完全に駆除したいのなら、当然すべて伐採する必要があります。
これが、最も手軽で効果の大きい、竹を駆除するはじめの一歩です。
竹になってしまうとえらいことですが、竹の子のうちなら竹挽きノコで簡単に切れます。

IMGP9404_サイズ変更 IMGP9406_サイズ変更
5月6日の朝に収穫した大量の竹の子は、すべてカトーさんに持ち帰っていただきました(笑)。
何気に買うと高いですから、カトーさんは大喜び(喜んでもらえるとこちらも嬉しい)、一方、無駄にすることがなくてこちらも大助かりです。

ときに、今生えてきているのは孟宗竹です。いわゆる一般的に食べたり売られたりする竹の子。
孟宗竹はまだいいんです。まだ生え方に節度がある。
性質が悪いのが真竹。こちらは孟宗より遅く、このあたりでは梅雨の前あたりからポコポコ出現します。
幸い、自宅近辺の真竹は根っこから完全に駆逐したので出てくることはありませんが、今考えただけでも恐ろしい・・・。
ちなみに、あまり一般的ではありませんが、真竹の竹の子も食べられます。
自宅から少しはなれたところにはポコポコ出るので、毎年美味しくいただいております。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment