FC2ブログ

下伊那サーキット2 県道1号線を南下せよ

またまたローカルな下伊那のサイクリングコースのご紹介。
やはり中川を起点としたサーキットコースになっています。といいながら、一部は同じ道を往復してますけど・・・。
コースの一部をツーリングのルートに組み込んでみてもおもしろい、かもしれない。

日付: 2015/4/18 土
コースと距離: 中川 ~ 天竜峡 ~ 千泰大橋 ~ 温田駅 ~ 天宮橋 ~ 阿南町役場 ~ R151 ~ 天竜峡 ~ 中川 = 93km

9:10、自宅を出発。おなじみの竜東線を辿る(途中から県道1号となる)。
天竜峡の先も、そのまま1号線を南下する。
道路脇に白い梨の花が満開だ。

天竜峡の先は、しばらく上りが続く。
前回も書いたけれど、このあたりは、なんでこんなところにこんな立派な道路が・・・というくらいの道が走っている。ロードで流すのにまさに打ってつけで、今日も何組かのローディーと行き会った。

千泰大橋を渡ると、泰阜村。
しばらく泰阜村の中を走る。奥へ入るに従って、ますます人間臭が薄れてくるが、付近は開けていてとても明るい。こういう春の明るい日差しの下で眺めていると、およそ悲壮感のようなものが感じられないから不思議だ。
非常~に静か。ちょっと静か過ぎるだろ、と嬉しくなるくらい静か。
車の音だけでなく、トラクターの音とかチェーンソーの音、刈払機の音などなど、人の生活に伴うような音が一切聞こえてこない。鳥のさえずり以外、何も聞こえない。
自分の中で泰阜の株が急上昇!実にいいところではないか。
ちなみに、泰阜村はその昔、多くの満蒙開拓団を出している。
パッと見でよく見えるのと実際に住んでみるのとでは違う、ということはもちろん理解しているつもりである。

上りを終えて下りに入ると、西側の視界がところどころ開けてくる。
天竜川の対岸の山の斜面に、阿南の集落がポツポツと見える。対岸の国道も、ちょうど今いるところと同じような高さのところを走っているだろうか。
これからいったん川まで下り、またあそこまで上り返すのかと思うと、少々憂鬱にもなる。
それにしても美しい眺めだ。

天宮橋の上で、ちょうど正午の鐘が鳴った。
川面から国道まで、けっこうな上り返し。
伊那谷の村や町はどこも、普段の生活において坂とは切っても切れない関係にあるのだけれど、その中でも阿南は特に厳しいような気がする。

R151(遠州街道)に出たら、あとは天竜峡までR151を辿る。
普段はガラガラの道なのだけれど、土曜の今日はそこそこ交通量があった。
ほとんどが中京圏をはじめとした他県ナンバーの車である(笑)。
一番多いのは、浜松ナンバーだろうか。三河、名古屋、尾張小牧、一宮、豊橋なんかも多い。三重や岐阜、静岡もわりとよく見かける。

伊那谷というところは、中京圏の避暑地の色合いが濃い。
観光に訪れる人も多いし、別荘を持っている人もいるだろう。リタイア後に移住してくる人もたくさんいる。
浜松、三河、名古屋、尾張小牧・・・松本ナンバーよりこれらのナンバーのほうが目についたりすると、植民地かよ!と思わず思ってしまう(笑)。
それと同時に、戦国武将のことが頭に浮かんでくる。浜松=今川、三河=徳川軍団、尾張小牧=織田、豊臣一族・・・など。
上方に近い地の利から、戦国の世においては、中部、東海から多くの有力諸侯が出た。言ってみれば、このあたりは歴史の表舞台の中心であり、華々しい(華々しかった)イメージがある。
その頃、信濃というところは勢力争いの最前線。南では武田と徳川が争ったり、北は武田と上杉が激しく争ったりしたところ。
なんというか、長野の立場としては今も変わっていない、と思わなくもない(笑)。

土日のR151は交通量が多いので(といっても高が知れてはいますが)、あまりオススメはしません。
が、他に南北に走る道はありません・・・。

天竜峡でようやく国道を外れ、行きと同じ竜東線で中川まで帰ってきた。
今日は、天龍舟下りも盛況なようだった。
自宅到着15:30、本日の総走行距離=93km。

温田から1号線をさらに南下すると、天龍村へ至る。
十方峡から、遠山川に沿って遠山郷へ抜け、秋葉街道を走って帰ってくるのが次の課題。これはたぶん途中一泊だな。
十方峡からさらに天竜川沿いを南下し、佐久間へ抜けてみるのもおもしろそうである。

P1210286_サイズ変更 P1210288_サイズ変更
梨の花が満開                           千泰大橋・・・このあたり、ロードで流すのに打ってつけ

P1210290_サイズ変更
対岸の斜面に点在するのは阿南の集落  国道が走っているのがわかるかな?

P1210295_サイズ変更 P1210297_サイズ変更
だいぶ下ったところ・・・美しい眺めだ              天宮橋・・・橋を渡ると上り返し

P1210301_サイズ変更
春だねぇ・・・
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment