FC2ブログ

下伊那サーキット1 千代経由で泰阜へ

中川を起点とした、下伊那のサーキットコースのご紹介。
距離はありませんが、起伏に富んでいて自転車のトレランに打ってつけです。

日付: 2015/4/12 日
コースと距離: 中川 ~ 弁天橋(喬木) ~ 上久堅 ~ 千代 ~ 泰阜 ~ 千泰大橋 ~ 天竜峡 ~ 弁天橋 ~ 中川 = 76km

飯田の千代から泰阜(やすおか)へ、なんとなくそれだけを決めて、行けるとこまで行って帰ってこようという腹積もりで出発(9:20)。
おなじみの竜東線を南下、喬木(たかぎ)の弁天橋のすぐ先で分岐する県道83号(下条米川飯田線)に入る。
分岐の入口から、しばらく上りが続く。道路は広くてキレイ、交通量は少なく快適。

ずっと県道83号を辿っていくのだが、道は途中から細くなり、1:1の分岐がいくつか現れる。どちらに県道が延びているのか不明瞭なのだけれど、驚くほど何の標示もなく、どちらへ行こうか、けっこう迷う。というか、あっちへ行って戻ってきてこっちへ、ということを何度も繰り返す。
iPhoneを出して地図を確認・・・などというハイテク機器とは無縁であり、1/10万の道路地図では今ひとつ読み取れない。
伊那谷から山一つ入った形になるのだけれど、思った以上に人家があって新鮮な驚き。

ときに、途中の分岐で県道を外れて東へ行くと、県道251号に出ることができる。
そのまま251号を行けば、三遠南信自動車道の矢筈トンネルをくぐって秋葉街道へ出られる。
三遠南信自動車道とはいっても、この区間で開通しているのは矢筈トンネルだけであり、現在のところ車は無料で通行可能。が、自転車が通行できるかどうかは定かでない。
ちなみに静岡側の、兵越峠の南にある草木トンネルも同じように三遠南信自動車道の一部であるが、二年前の時点では、このトンネルは自転車で通ることができた(秋葉街道北上)。
もし、矢筈トンネルが自転車通行不可であれば、251号をそのまま辿れば、赤石トンネルをくぐって上村へ抜けられる。こっちのルートは走ったことがないけれど、かなりキツイと思われます。

千代(の中心部)へ向って83号を行くと、坂を上った先に突如、棚田が現れる。
「よこね田んぼ」というらしい。今回はじめて知ったが、「日本の棚田百選」とやらに選ばれていて、このあたりではちょっとした有名どころであるらしい。
まだ田植え前のため、何の変てつもない眺めだったけれど、これは確かに、田植えのあとや秋の実りの時季に見たらさぞ美しかろう。

千代の中心部も、一部道がわかりにくい。こんな山間にこれほどの人が住んでいることに、正直、少々驚いた。
「千代」というのは、今は飯田市であるが、旧くは千代村であって、そのエリアはかなり広い。
千代どころか、山向こうの上村や南信濃まで、今では飯田市であるわけだけれど・・・。

千代で米川を渡ると、また長い上りとなる。しばらく行くと泰阜村に入る。
泰阜村は、下伊那の中でも人口の少ないほうの村である。2015年2月1日時点の総人口=1,760人、人口密度にすると27.2人/km2。
下伊那南部は人が少なく、参考までに泰阜村より人口の少ない村を挙げてみると・・・大鹿村=1,038人/4.18人(総人口/人口密度)、根羽(ねば)村=983人/10.9人、売木(うるぎ)村=626人/14.4人、平谷(ひらや)村=525人/6.79人。
改めて調べてみると、けっこう衝撃的な数値だ・・・。

泰阜に入ると、如実に人が減る。が、明るく開けているから悲壮感はなく、なかなかよさそうなところである。
上りを終えて、ようやく下りに入る。ここまで走ってけっこうくたびれた・・・。
そのまま少し下ると、十字路に出る。キレイな道路が交差しており、まだ新しい道なのか、手持ちの地図では現在地を特定できない。
左へ行くと役場、右は下條、直進すると温田、阿南、となっている。
当初はもう少し先まで走ろうと思っていたのだけれど、アップダウンの山道をこれ以上走れる自信がなくなった。そろそろ限界か・・・これ以上先まで行くと帰れなくなるような気がして(どことなくそんなような心細さがある)、十字路を右に折れ、下條方面へ。

しばらく下ると、県道1号に出た。そのまま天竜峡へと下る。
このあたりは道路が広くてキレイ。一方で、交通量は非常に少ない。なんでこんなところにこんな立派な道路を造ってしまったのか・・・そう思わずにおれないくらい、場所にそぐわない立派な道路。
ニ、三人のローディーとすれ違ったけど、確かに、ロードのトレランにも打ってつけの場所だ。

天竜峡からもそのまま竜東線を走って、中川まで帰ってきた。
自宅到着14:50、本日の総走行距離=76km。

P1210266_サイズ変更 P1210269_サイズ変更
よこね田んぼ    田植えのあとや秋の実りの時季に見たらさぞ美しかろう(後ろに小さく見える雪山が中央アルプス)

P1210272_サイズ変更 P1210278_サイズ変更
千代の中心部・・・山間にこれほど人が住んでいることに驚き    (右)千泰大橋

P1210279_サイズ変更 P1210282_サイズ変更
なんでこんなところにこんな立派な道路が・・・ありがたくもロードのトレランに打ってつけ    (右)至るところで祭りをやっていた

P1210281_サイズ変更 P1210285_サイズ変更
獅子はかなり長い・・・                       (右)我が村、中川
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment