FC2ブログ

一月の折草峠(楽しい雪上走行)

12/10までの予定だった舗装工事が、さすがに終わっているだろうと出かけてきました。
雪上走行の楽しいこと・・・。
除雪されているため自転車で走れる状態にあり、朝のガチガチの時間帯は厳しいでしょうけど、日当たりのいいところなので晴れて雪が緩めば、最高に楽しい雪上走行が期待できます。

日付: 2015/1/20 火
コースと距離: 自宅 ~ 小渋湖 ~ 四徳(しとく) ~ 折草峠 ~ 駒ヶ根 ~ 自宅 = 50km弱

P1210077_サイズ変更
快晴!7:00頃の中央アルプス

9:30に家を出た。
晴れてはいても、気温がそれほど低くはなくても、さすがに下りや平坦なところでは手の指が痛い。でも、すぐ上りになるから大丈夫(笑)。

P1210079_サイズ変更 P1210090_サイズ変更

小渋湖から西伊那線を奥に入っていくと、路上に雪が出てくる。幸い、氷だけでなく雪もあるので楽しく走れる。
ここは道幅が狭く、ただでさえ交通量が少ない。冬場などほぼ皆無。それでいて一応、除雪はされているから(本当にありがたい)、ある意味、自転車で走るのに打ってつけ。

折草峠まで、緩い上りがずっと続く。写真を撮ろうなどといったん立ち止まると、再発進するのが一苦労・・・ホイルスピンしまくりで前に進まない。

P1210093_サイズ変更
峠に近づいて斜度が増すと、さすがに押しです。

P1210096_サイズ変更 P1210095_サイズ変更
折草峠にて。
峠から陣馬形山へ延びる道は、ご覧の通り除雪されておりません。自転車で入るのはちょっと無理ですね・・・。

工事のためか、峠より駒ヶ根側は徹底して除雪がされており、路上にはほとんど雪がなかった。ところどころにパッチのように残る程度(日によってテッカテカのスケートリンク状態だろうけど・・・)。
とは言え、路面はシャーベット状で、タイヤをロックさせるとコケルから、ブレーキをずっと引きずったまま、長~い坂を下る。指がジンジンと痛いこの感じ、なんだかとても久しぶりだ。荷物満載だったら間違いなく下りも押しだな、これは。
自転車が汚れてすごいことに・・・。

しばらく下って中沢の集落が見えてくると一安心。
県道49号(駒ヶ根長谷線、中沢峠側は冬期閉鎖)に合流し、天竜川に向ってなおも下る。

P1210099_サイズ変更
天竜川に向って下る

いつもの通り、天竜川沿いを走って中川まで帰ってきました。
おなじみのコースで、トータル50km弱、三時間半ほど。さすがにいつもよりかなり時間がかかった。
走ったあと洗車しなければならないのは(塩カルをきれいに落とそう!)、言うまでもありません・・・。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment