FC2ブログ

ドーズのBBとチェーンリングのメンテ1・・・クランクの脱着

ドーズのチェーンとチェーンリング、それからリアディレイラーも、泥を含んだチェーンルブですごいことになっている。もういじるのも嫌な状態。
せっかく新しくしたスプロケをこんな条件で使いたくない・・・ということで、分解して徹底的に掃除することに。
チェーンは伸びていてどのみち交換しないとダメだから、この機会に新品に交換(おかげで掃除の必要なし)。
そのことはまた次回書くとして、今回はチェーンリングとBBの脱着について記事にします。
まずはクランクの脱着から。

ちなみに、チェーンリングもリアディレイラーのプーリーも、徹底的にきれいにしましたよ。
本当は灯油で洗えばいいのかもしれないけど、汚れた灯油の処置に困るので、ワイヤブラシとマイナスドライバーを駆使して汚れを削ぎ落としました。

【クランクの脱着】
BBの種類によってやり方が少し変わってきます。
ドーズはもっともオーソドックスなスクエアテーパーなので、今回はその場合について。

コッタレス抜きというちょっと特殊な工具を使います。
クランクは、BBのスクエアテーパー部分に圧入されてフィキシングボルトで固定されているだけなので、組み付けるときは専用工具も要らず、フィキシングボルトを締め込むだけで圧入されるのですが、外すのはちょっと大変。

フィキシングボルトを外すと(左右とも右ネジ)、クランク本体にネジ穴が切ってあります。これは抜き工具を装着するためのネジ穴です。
P1200673_サイズ変更
フィキシングボルトを外したクランクの内部・・・奥の四角いのがBBのシャフトで、シャフトのネジ穴はフィキシングボルト用

コッタレス抜きをクランクに装着する前に、工具の先端を中にへこませておく。
P1200675_サイズ変更
工具の理屈は簡単で、クランクに固定した後、今へこませた工具の先端をBBのシャフト先端に押し当てて、ネジの力を利用してクランクを抜き取る。

工具をクランクにねじ込む(右ネジ)。手で回らなくなったところでモンキーなどを使用し、しっかりと奥までねじ込む。
P1200676_サイズ変更
ここはずぼらにしないでしっかり奥までねじ込まないと、クランクのネジ山をなめます。クランクはアルミだし、抜くのにけっこうな力が必要なので、ずぼらにしてると簡単になめてしまうので要注意。
もしなめてしまったら・・・さらなる特殊工具でクランクにネジを切らないといけません。

工具が固定できたら、工具の小さいほうのネジを締め込んでいく(右ネジ)。
締め込んでいくとクランクがジワ~ッと抜けてくるのですが、抜け始めるまでかなりの力が必要です。

ちなみに、コッタレス抜きはいろいろなところから出てますが、ここで使っているのはパークツールのCWP-7。
先端チップを交換することで、スクエアテーパーのほかにオクタリンクやISISにも対応可能。

組み付けるときは、クランクをスクエアテーパーに挿して、フィキシングボルトを締め込むだけ。

おまけ
【ペダルの脱着】
ペダルは、ペダルレンチさえあれば簡単に脱着できます。
BBと同様ネジに向きがあり、右側は右ネジ、左側は逆ネジとなっています。
ペダルを踏んでクランクを回したとき締まる方向となっているので、忘れてしまったらペダルの動きを考えるとすぐわかります。
長期間外したことがなく、ペダルのネジが錆びついているような場合は、CRCを事前に注すと緩みやすくなる。

P1200682_サイズ変更
クランクとペダル・・・気合を入れて掃除したあとの状態
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment