FC2ブログ

スペシャのステムを交換

前回のテスト走行で、「ステムを替えよう!」という結論に達したスペシャのステム、交換しました。
代替品はバズーカの安いアジャスタブル・ステム(2,300円ちょっと)。
ステム長は95mm、-40~20°の範囲で角度を調整できる。

で、めでたくポジションは出ました!
しかし・・・問題がひとつ。可動部のところでステムがガタつく。何度やり直しても、どうやってもガタつく・・・orz。

そんなに大きく動くわけではない。が、乗っていてハンドルを引いたときに、動くのがわかる。
ハッキリ言ってダメだろ、これ。
今回のものがたまたま不良というわけではなさそうだ。構造及び精度的に、たぶん製品自体のできがこんなもの。

アジャスタブル・ステムの構造なんてだいたいどれも同じだと思うが、どこでも好きなところへ無段階に調整できるわけではない。可動部に歯車が切ってあって、その歯車の噛み合うところでしか固定できないようになっている。
ガタが出るのはこの歯車のところ。固定するボルトをきつく締めるとガタは減るが、ゼロにはならない。たぶん製品の精度の問題でしょうね。

シマノPROのアジャスタブル・ステムをユーラシア横断で使い、こいつが何の問題もなかったから気に入っていたのだけれど、物によってアジャスタブルはダメみたい。
構造的に、やはり通常のリジッド・ステムに比べて剛性が低いのは否めない。
ポジション出しに使うだけ、というくらいに割り切って買うなり使うなりしたほうがよさそうです。ひとたびポジションが出たら、リジッドのものに替えてしまったほうが間違いがない。
いずれにしてもバズーカのものはオススメしません・・・。

とりあえずいろいろ試してみた結果、ステムの天地を逆さにして装着すると多少マシになるように思えたので、そのようにしてオーバートルクで締め付けた。
もしかしてしばらく放っておくと、ガタがとれるかもしれない(そんなわけないか・・・)。
しばらく乗ってみてどうしてもダメだったら、再度リジッドのものに交換せねばなるまい・・・。

P1200614_サイズ変更 P1200667_サイズ変更
交換前・・・ステム120mmの状態                   交換後・・・めでたくポジションは出たけれど・・・
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment