FC2ブログ

フロントディレイラーの調整

リアディレイラーに続き、スペシャのフロントディレイラーの調整です。

【フロントディレイラーの調整】
フロントディレイラーは取付位置がかなり微妙で、これが効いてくるのですが、いったん取り付けてしまえばまずいじることはないので、取付位置は出ているものとして話を進めます。
ちなみに、適正な取付位置というのは・・・まずはディレイラーのチェーンガイドがチェーンリングと平行になるように。そして高さ方向は、ガイドのアウタープレートとアウターギアの歯先の間隔が1~3mmくらいとなる場所、これが基本で、あとは微調整の世界。
あまりおかしなことになっていなければ、いじらないほうが無難です。

フロントディレイラーの調整にも、一応二種類あります。
①ストローク調整と、②インデックス調整、なのですが、リアディレイラーと比べると単純なもので、調整するのはチェーンとガイドの当たりだけ。要するにチェーンガイドがチェーンに触れさえしなければいい、単純にそれだけのこと。

フロントのギアはロードなら普通二枚だし、多くても三枚しかない。変速自体もリアのように頻繁にするものではない。
よってフロントディレイラーに関しては、リアディレイラーのように変速性能がどうとか、そんなことが話題になることもまずない。
構造も実に単純です。単にチェーンを内側か外側のどちらかにガイドで押して脱線させるためだけのもの・・・そう言ってしまっても過言ではない。

そんなフロントディレイラーですが、チェーンがガイドに当たると削れてしまうし、動力のロスにもなる。精神衛生上もよろしくないので、キッチリ調整しましょう。
ただし、構造が単純なくせに調整は意外と厄介で、全域でチェーンがガイドと当たらないようにするのはなかなか難しいものです。
(そこへいくと電動ディレイラーはすごいかも、ギアポジション(チェーンの位置)に同調してフロントディレイラーが動きますから。自分が使うことはおそらく一生ないでしょうけど・・・)

①ストローク調整
まずはストロークの調整。これはリアと同じように、ディレイラーにあるストローク調整ボルトで行います。
やはりボルトにはロー(インナー)側調整ボルトとトップ(アウター)側調整ボルトの二つがあって、通常、ロー側には「L」とか「Low」、トップ側には「H」とか「High」と書かれています。書かれていないものもありますが、いじってみればわかるので問題ありません。
H、Lとも通常締め込むと(右ネジ)、ストロークが狭くなる(チェーンとの隙間が狭くなる)方向へ動き、緩めるとストロークが広くなる(チェーンとの隙間が広がる)方向へ動く。のですが、これもわざわざ覚えていなくても、その場でいじってみればわかります。

まずロー側の調整。
チェーンをインナー×ローにシフトする。そして、ここでいったんシフトワイヤーをディレイラーから外してしまう。
Lボルトを回してチェーンガイドを動かし、ガイドのインナープレートとチェーンの隙が0.5mm程度になるよう位置を調整する。けっこう微妙な調整です・・・。

調整ができたら、ディレイラーにシフトワイヤーをセットする。
ワイヤーを適度に引っ張って固定。ひとまず仮締めでOK。
ワイヤーをどのくらい引けばよいのか、過度に気にする必要はないですが、リアディレイラーよりはシビアに思える(私見です)。
無理なく引けるところで固定すればひとまずOK。

続いてトップ側の調整。
チェーンをアウター×トップへ。
Hボルトを回してチェーンガイドを動かし、ガイドのアウタープレートとチェーンの隙が0.5mm程度になるよう位置を調整する。

P1200701_サイズ変更 P1200702_サイズ変更
ロー側の調整(チェーンはインナー×ロー)             トップ側の調整(チェーンはアウター×トップ)

②インデックス調整
インデックス調整は、シフター側にあるテンションアジャスターで行います。
チェーンをミドル×ローへシフト。
シフターのテンションアジャスターを回してワイヤーの張りを調整し、チェーンガイドのインナープレートとチェーンの隙が0.5mm以下になるよう調整する(チェーンに触れなければOK)。

続いてチェーンをミドル×トップへシフト。
チェーンガイドのアウタープレートがチェーンと接触しないか確認する。
先に調整したミドル×ローの状態で、チェーンガイドのインナープレートとチェーンの隙を広くあけすぎた場合、ミドル×トップの状態ではアウタープレートがチェーンと接触してしまうことになる。
このあたりのさじ加減が微妙で、すべてのギアポジションでチェーンガイドがチェーンに当たらないようにするのはなかなか難しい・・・。

何度かシフト操作をしてみて問題がなければ、シフトワイヤーを本締めして固定する。
ダメな場合は(インデックス調整でどうにもならない場合は)・・・もう一度ストローク調整からやり直す。
それでもダメなら・・・ディレイラーの取付位置が悪いのかもしれないし、もしくはそのコンポとフレームでは限界なのかもしれない・・・。
いずれにしても、経験上フロントディレイラーの調整はかなり微妙なところがあります。

P1200704_サイズ変更 P1200705_サイズ変更
シフター側にあるテンションアジャスター              チェーンがミドル×ローの状態
ディレイラーにシフトワイヤーをセットする前に、ある程度テンションアジャスターをワイヤーの緩む方向へ回しておいたほうがいい
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment