FC2ブログ

歩くということ(そして老化について思うこと)

歩くというのは、人間にとってもっとも基本的なことの一つであると思う。
二本足で歩くというのは、普段何気にやっていることですが、実は体にけっこう負担のかかることである、ということに最近気付いた。
歩いているときに脚の付け根や尻のあたりを触ってみるとよくわかる。けっこうな力がかかっている。
よって本来注意していないと、筋力や関節というものはすぐに劣化してしまうものなのではなかろうか。
これまでは特に意識して歩くことなどせずとも、普段の生活の中で自然に相応の運動を体に課してきたのだと思う。が、世の中が便利になるにつれ、これがだんだん難しくなってきた。
奇妙に聞こえるかもしれないが、特に田舎で顕著なのではないか。
「田舎の人より都会の人のほうが歩いている」ということをマユミが最近ブログに書いて(小さな菜園のある暮らし)、「うんうん」と自分は納得してしまった。
たぶんそうだろう。公共交通機関で毎日通勤しているサラリーマンのほうがずっと歩いているように思う。
田舎では、あらゆるものが歩いて行ける距離にない。必然的に車で移動することになってしまうから、意識して歩きでもしない限り歩く機会がなくなってしまう。

とまぁそんなことも考えて、自分は極力歩くようにしている。ま、そもそも歩くことが好きなんですけど・・・。
ところが、最近山に行くと脚の付け根のあたりが痛くなるようになった。筋力云々というよりは関節、股関節の問題であると認識している。
老化による劣化が主たる要因であると思う。
もともと体が柔らかいほうではなかったけれど、ここまで開脚できなかったかなぁというのが最近の状態である。

こんな話をしていると気が滅入ってくるんですけど、いずれ誰にも訪れる老化についてです。
誰にも訪れるが、いつ、どのように認識するかは人それぞれ。
自分の場合は30代後半でまず感じた。回復力と柔軟性ですね。
だから、40代になってプロスポーツの世界でやっている人というのは本当にすごいと思う。

回復力のほうは疲れがなかなかとれないとか、一日経って疲れが出るとか、そんなとこ。これについてはそれほど切実ではないと思っている。
切実なのは柔軟性。もともと体が柔らかいほうではないし、これから何をするにも支障をきたすような気がする。
自分の場合は特に股関節。思った以上に脚が開かない。ビックリするくらい固まっている・・・。
山に行って足の付け根が痛くなるのもこれが原因ではないかと思っている。
股関節によらず、関節が固くなるというのは切実です。
よく何かにつまずく(特に疲れたときに)というのもおそらくこれが原因。つまりは頭で思っているように足が上がっていないのだ・・・。

老化を否応なく感じることができるのは全力疾走。時どきやってみることをオススメします。
最後に全力疾走したのはいつだか覚えていますか?大学のとき?高校のとき?特に運動部に所属していなければ、人によっては中学時代まで遡るかもしれません。
今自分が全力疾走する姿を、できれば傍から見てみたいものです。
頭の中のイメージは高校生のときのまま。でも、実際にそんな風に体が動いていないことは自分でもよくわかる。特に足が上がらなくなっている、回らなくなっていることに愕然とする。
イメージと実際の動きがかけ離れすぎていて、躓いたり転んだりするかもしれないので、やってみるときは要注意です(笑)。たぶん足がまったくついてきませんから・・・。

昔、よく一緒にクライミングに行っていた当時50代中盤だった人がこんなことを言っていた。
「50を過ぎるとガクッと体力が落ちるよ」「50を過ぎたら現状を維持するだけですごくたいへんだよ」
よくわかるような気がする。というか、その頃になったらさらにもう一段、老化というものを認識させられるのだろうか。

なんだか書いてて気が滅入ってきた。
ちょっと老化から離れて話を結ぶ。
身体能力的なこととはまた別に、自分が果たしてどのくらい歩けるのか、一日に何キロ歩くことができるのか、限界を知っておくことは重要だと思う。
自分の歩くスピードがどのくらいなのか知っておくことも重要。
これがわかると、距離感というものをかなりリアルに捉えることができる。どこそこまで○○kmとなったとき、これを頭ではなく肉体的に、具体的なものとして捉えることができる。
昔、植村直己さんが北極を犬ぞりで旅するに当たり、3,000kmという距離がどんなものなのか理解するために、稚内から鹿児島まで歩いたことがありました。
ちなみに、確かこの時は一日実家で休養した以外、毎日歩きとおして五十二日で歩いている。およそ一日60キロ平均ですから、さすがにかなり速いです。

P1050574_サイズ変更 P1050575_サイズ変更
歩くというのは人間にとって、動物にとってもっとも基本的なことの一つであると思う

ハイキャンプに荷揚げ_サイズ変更 P1050802_サイズ変更
ペルーのイシンカ谷にて@2010年8月末
関連記事
スポンサーサイト



Comment 2

There are no comments yet.

原口慎太郎  

股関節痛

原口です、お久しぶりです。
いつもブログを楽しみにして拝見させてもらってます。
さて、股関節の痛みそして固さ自分も同じ症状です。
自分の原因はおそらく腰椎のすべり症というヤツです。
普段何気なく歩行すると股関節に激痛がありまたは就寝中は仰向けの姿勢が辛かったり。
腰椎がズレる事で神経をイタズラして股関節周りに負担をかけているようです。
ちなみに左右の脚の可動域はかなり差があります、
最近は整体に通ったり背骨矯正の体操等を取り入れて多少改善されてきました。
体幹を鍛えれば正しい姿勢をみにつければ自然と脊椎は矯正されるらしいので時間はかかりますが治ると信じてます。(^_^;)

参考までに。✋

2014/09/08 (Mon) 12:42

nakappie  

そういうこともあるんですね

おぉぉ原口、久しぶりです!
ブログ読んでいてくれたのか。ありがとう!

股関節の件ですが、腰椎のすべり症などということもあるんですね・・・。知りませんでした。
自分の場合は左右の脚の可動域に差はないですが、とにかく固いです。
やはり体操をしたりストレッチしたりして改善を図ってます。といっても自己流でやっているので、今度きちんと調べてみようと思います。
姿勢の悪さにも原因があるのではないかと思ってます。

お互い体は大切にしましょう!

2014/09/08 (Mon) 22:03

Leave a comment