FC2ブログ

シェムリアップ その2 タ・ケウ、タ・プローム、バンテアイ・クディをはしごする

2009/11/3 火

めずらしく早朝から雨。すでに雨季は終わっているらしいのでスコールのような雨ではなく、日本の梅雨のように降ったりやんだり。雨がやむまでホテルのロビーでブログの更新をしたり、マオさんと話をしたり。ロビーでは無料のWiFiが快適に使える。同じコードで入れるから勘違いしてたけど、部屋で拾えてたのは実は別の電波だった。

今宿泊しているSKY WAYホテルは街の中心から外れたところにあるのでとても静か。それほど新しくはないけどしっかりした造りだし、毎日ベッドメイクもしてくれる。温水シャワーもついてるし、WiFiも無料。これで$7ははっきり言って安い!
泊まっているのがほとんどカンボジアの人(祭日だったので)というところも気に入っている。観光客の多くはもっと街の中心に近いところに宿泊してるみたい。ちなみに私らのスタンスとして、日本人宿泊者の多いいわゆる日本人宿はどこに行っても極力避けるようにしている。情報収集に便利という理由で好んで泊まる人もいるが、わざわざ海外に来てまで日本人同士群れるのもどうかと思うから。

昼頃になって雨が小降りになったのでマオさんに頼んで出かけることにしたが、マオさんは16:00からホテルの仕事ということで代わりにお父さんがトゥクトゥクに乗せていってくれた。マオさんのトゥクトゥクよりちょっとだけ大きい。お父さんもマオさんと同じく控え目で穏やかな人だった。


マオさんのお父さんと_サイズ変更
マオさんのお父さんと


アンコールトムの東のエリアにある、タ・ケウ、タ・プローム、バンテアイ・クディの3ヶ所に連れて行ってもらった。

まずはタ・ケウ。


タ・ケウ10_サイズ変更


タ・ケウ2 階段はかなり急_サイズ変更
階段はかなり急・・・


タ・ケウ7 ラピュタの空中都市のよう_サイズ変更
上に上がると、まるでラピュタの空中庭園のよう


タ・ケウ8_サイズ変更
階段の上から見下ろす


タ・ケウ9 慎重に階段を下る人_サイズ変更
階段を下りる人・・・濡れているので慎重に


タ・プロームは、よく本なんかに出ている太いガジュマルの木が遺跡に覆い被さるように根を張っている寺院だが、まるでラピュタのようで神秘的。雨上がりの天気で神秘度が増してたのかも。


タ・プローム1_サイズ変更
どこもそうだが、修復して維持するのは大変な作業だ


タ・プローム4_サイズ変更
はっきり言って遺跡がどうこうというより、自然のパワーに度肝を抜かれる


タ・プローム5_サイズ変更
なんたって放っておけばあっという間にジャングルに飲み込まれる・・・


タ・プローム8_サイズ変更
ガジュマルの木


タ・プローム9_サイズ変更
まるでラピュタか、はたまたナウシカの世界


タ・プローム12_サイズ変更
ただただすごい・・・


そして、バンテアイ・クディ。


バンテアイ・クディ1_サイズ変更


バンテアイ・クディ3_サイズ変更


バンテアイ・クディ5 割れる塔_サイズ変更
風化で塔が割れている・・・


案内してくれたカンボジア人_サイズ変更
頼んでもないのに彼が案内してくれた(単にガイド料が欲しかったようだが・・・)


アンコール遺跡群では、ことごとくブッダのレリーフが壊されていたり、仏像の首がなかったりするが、これはクメール・ルージュによるもので、仏像の首などは資金源としてタイに売られてしまったらしい。だいぶカンボジアに買い戻したらしいが、今でも相当数がタイに眠っているという話。

カンボジアは今急成長しているように見えるが、一方で依然多くの子供が物売りとして働いているのも事実。ほとんどの子は純粋で、別の話題を振ると物売りそっちのけで楽しそうに話をしてくれたりする。こんな小さな子が働かなくて済む豊かな国になるよう願うばかりだ。勤勉な彼らならできると思う。


宿の前の道路4_サイズ変更
例によって宿の前の道路・・・ここはいつでも混んでいるが、ちょうど帰宅ラッシュと重なっていつにも増して混んでいた


関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment