FC2ブログ

シオジ平(越百山の登山口)

ローカルなネタが続きます。この度はシオジ平へ・・・。
日付: 2014/6/9 月
コースと距離: 自宅 ~ 天竜川 ~ 七久保 ~ 千人塚公園 ~ シオジ平手前 ~ 自宅 = 35kmほど

実は、近くに住んでいながら中央アルプスにはこれまでまともに登ったことがない。
これぞ山脈、という壁のような山塊は見ている分には美しく見映えがするのだけれど、懐が深いわけではなく、どうにもスケールが感じられない。
「登る」という観点ではあまりそそられんのです、要するに。中央アルプスは眺めて楽しむ山ではないかと思う。

ですが、毎度地図を眺めていると気分が盛り上がってくる。
この夏はちょっと縦走してみようかな、と思っております。

核心はやはりアプローチなわけです。縦走の場合は入山と下山が別の場所になるから特に考えないといけない。
誰かが送り迎えをしてくれない限り、公共交通機関を利用するのが基本になる。ポイントはなるべくお金をかけないこと。
ちょっとシミュレーションしてみると・・・うちから登りに行く場合こんな感じになる。
入山口は伊那スキーリゾートになろうか・・・ここなら飯田線で移動して駅から歩ける。
木曽駒から南へ縦走して、家に帰りやすいことを考えると越百(こすも)山か奥念丈岳から伊那谷へ下山することになる。越百からの場合はシオジ平、奥念丈からであれば鳩打峠に下りることができ、そこからなら家まで歩いて帰れる(ともにけっこうな距離がありますが・・・)。

そんなわけで今回はシオジ平へ行ってきました。
越百に登ったとき車では行ったことがあるのですが、果たして歩ける距離なのか、もしくは安全に自転車をデポすることが可能か、その辺のことを確認するのが目的。
ちなみに2009年の段階では、巨石崩落のためシオジ平の手前1.5kmほどのところまでしか車では入れなかった(こんなのばかりです・・・)。そのあたりがどうなったのかも確認する必要がある。

中央アルプスは、うちから見ると天竜川の対岸になる。
今回のコースを簡単に説明すると・・・いったん天竜川まで下って川を渡り、あとはひたすら上るだけ。与田切川に沿って上ります。シオジ平の標高が1,300mほど。
行った先は行き止まりだから、車はほとんど通らない。

一本道をひたすら詰めていくと、「シオジ平手前1.5kmの駐車場から車両通行止」との標示があった。2009年から状況は変わってないらしい。
そこまで行って引き返してくるか、ということにしてさらに詰めてみると、今回はさらにその1kmほど手前のところで通行止になっていた。以前より状況が悪化しているではないか・・・。
シオジ平の手前2.5kmほどのところで道路が閉鎖されている。
以前は1.5kmほど手前のところに駐車場があり、そこに車をとめて越百に登ることができた。
が、現在はそこまで車で入れない・・・もし越百山に登りに来る人がいたら要注意です。まともな駐車スペースはありません。

P1190715_サイズ変更  P1190710_サイズ変更
・・・ということですが、                      今はそこまで行くこともできません

自転車をデポしておくなら、どこか山中の木に縛り付けておくしかないかな・・・けっこう山深いところだからちょっと不安。あまり現実的じゃなさそう。
ここから家まで15km、歩くのはちょっとだるいな・・・。
天竜川までずっと下りだから、やはり自転車をデポしておくのが便利、どこかにデポしたい・・・というのが結論です。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment