FC2ブログ

伊良湖水道を渡る

2013/5/20 月
始:12:10 ~ 終:17:00 走行:19km
~ 鳥羽(フェリー)伊良湖 ~ 堀切手前

曇りのち晴れ。
雨は夜明け前に上がった。が、朝はどんより曇っていて今にも降りだしそう。一寸停滞かと思ったのだが、9:00を過ぎた頃から急に晴れた。
晴れると暑くてテントの中にいられる状況ではなく、移動することに変更。
雨で濡れたものをすっかり乾かしてからの出発。テン場をあとにしたのは昼すぎだった。

昨日の雨の影響で、今日はキャノンデールのメータが一日死んでいた。
県道37号に戻って鳥羽まで走る。
小刻みなアップダウンの続く気持ちのいい道だ。雨上がりの青空に新緑も映える。

鳥羽のフェリー乗り場に着いたのは、ちょうど13:40の便が出る直前だった。これには乗れず、15:10の便に乗った。
伊勢湾を渡って渥美半島の伊良湖に至るフェリーには、その昔一度乗ったことがある。運賃が少々割高で、1,500円+自転車1,000円。
フェリーは思いのほか混んでいて、車はほぼ満車の状態だった。
日本に帰ってからこれまでたくさんのフェリーに乗ったけど、これがひとまず今回の旅では最後のフェリーということになる。

隣の席のおっちゃんとお喋りしている間に、あっという間に伊良湖に着く。
ちなみに、伊良湖の沖にある神島は、三島由紀夫の小説「潮騒」の舞台となった島である。

伊良湖は快晴だった。西日が強烈。
その西日を背に受けながら、太平洋岸を東へ。
車道も車が少なく実に快適なのだけれど、それとは別に海沿いにサイクリングロードが整備されている。せっかくだからそちらを走る。
日本ではまだ珍しい、快適なサイクリングロードである。しかも、ルート沿いはどこでも幕営可能ではないか・・・。

今日も17:00に早々と走るのをやめた。
ラジオで大相撲中継を聞いてから、18:00過ぎにその場に幕営。
瀬戸内と違って久々に波の音が荒々しい。
ここまで来るともう自宅は射程圏内。ルートを選べば二日で走れてしまう距離である。

IMGP9888_サイズ変更  IMGP9885_サイズ変更
9:00を過ぎた頃から急速に晴れた               目の前の水路にカニが・・・

IMGP9892_サイズ変更  IMGP9894_サイズ変更
鳥羽までのんびり走る                      この旅最後のフェリーで伊良湖へ

IMGP9897_サイズ変更  P1190386_サイズ変更
伊良湖は快晴だった 西日が強烈!              サイクリングロードの脇にどこでも幕営可能
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment