FC2ブログ

真言密教の聖地=宗教都市高野山

2013/5/15 水
始:9:00 ~ 終:16:20 走行:20km
~ 高野 ~ 平原

晴れ。
今日も朝から気温が上がったが、山間にいるため9:00近くまで日が当たらず、久しぶりにテントの中でのんびりできた。

ツール・ド・高野山の続きを走る。
うねうね道を6km上ると、高野山の西の入口である大門に着いた。
この大門からしていきなりすごくて、そのスケールにうなってしまう。門の左右に安置された巨大な金剛力士像が大迫力である。

大門からちょっと下ったところが高野山の町である。山の上の盆地状のところに町がある。
いやーすごいです、高野山・・・。
真言密教の聖地であるそこは、まさに宗教都市といっていい様相だ。
寺、寺、寺・・・いったいこの狭いエリアにいくつの寺があるのだろう。どの寺も重厚で、荘厳な雰囲気を漂わせている。
加えて立派な施設の数々。学校も実に立派な造りだ。卑しくも、いったいどんだけ金があるんだろうと思ってしまった。

駐車場の一つに自転車を置き、壇上伽藍、金剛峯寺、霊宝館、そして奥の院などを見て回ったが、それだけで一日終わってしまった(久々に歩き回ってすっかり疲れてしまった・・・)。
霊宝館は、たまたま運良く今日が開館記念日であったため無料で拝観することができたのであるが(そうでなければ入らなかったかもしれない)、ここにある仏像はすごいです。
特に快慶作の像は圧巻で、鳥肌が立つすごさ。今にも動き出しそうで釘付けになってしまった。

収蔵物はもちろんなのだが、それらを収蔵している建物自体がこれまたすごい。
漆喰が厚く塗り固められているため一見わからないが木造で、現存する木造博物館としては日本最古であるらしい。
日本の仏像は木造建築の中で見るのが一番相応しいと強く思う。

それにしても快慶ですよ。
運慶、快慶といえば学校で習う歴史には必ず出てくる。資料集なんかの写真では見たことがあるし、たぶん実物もどこかしらで見たことがあると思う。
でも、ここまで間近に、まじまじと見たのは初めてだ。
久しぶりに魂を揺さぶられるようなものを見させてもらった。鳥肌ものです。

奥の院は、一の橋から弘法大師御廟まで続く参道が杉の巨木の中に敷かれていて、そこに二十万墓を超える墓碑が並んでいる。
一般の人の墓もあれば、名だたる大大名の墓(というか供養塔)もある。パナソニックやグリコといった大会社の墓碑も並んでいる。
武田信玄や伊達政宗、豊臣秀吉、明地光秀、徳川家、小田原北条などなど・・・参道を歩いていると、そうそうたる名が次々現れるので興奮してしまう。

御廟橋から先は聖域で、ここに歴代天皇陵もある。
一番奥にある弘法大師御廟は聖域中の聖域、核心部である。
荘厳な空気に満ちているわけであるが、そこにどこかお金の匂いも嗅ぎ取ってしまうのは自分だけであろうか・・・?神社と違い、どうも寺にはそういった側面が見えてしまう。
真言宗の墓碑にはサンスクリット文字が刻まれているのが特徴的だ。

何はともあれ、まだ高野山に行ったことのない人には一度行ってみることをオススメします。
特に、杉の巨木の中に墓石の並ぶ奥の院は、なんとも言えない荘厳な空気に包まれていて、変な言い方ですが、手を合わせながら歩いているだけで気分がいい。
観光客や参拝者も多く、中でも四国のお遍路のように、同行二人の白い装束を身につけて歩いている人の姿が目につく。
麓の慈尊院から表参道を歩いて高野山までお参りに来れば、尚いっそう満足感が得られるのではないかと思う。
世界遺産の効果は絶大で、外国人観光客も多い。

16:00前に高野山をあとにした。
山から下った北宿に温泉があり、当初は入るつもりでいたのだが、すっかり遅くなってしまったので温泉は明日にお預けということに。
今日のところは手前の平原の先で行動を切った。
怪しい雲も出てきたので、道路脇に見つけたスペースに早々にテントを張った。

IMGP9762_サイズ変更  P1190325_サイズ変更
ツール・ド・高野山の続き                   迎えてくれるのがこの巨大な大門・・・左下のマユミと比較

IMGP9764_サイズ変更  P1190330_サイズ変更
金剛力士像が大迫力                      壇上伽藍の根本大塔

IMGP9776_サイズ変更  P1190334_サイズ変更
木陰が心地いい                         すごい財力です、高野山

P1190338_サイズ変更  P1190339_サイズ変更
こちら金剛峯寺                          ハイライトは何と言っても奥の院

P1190344_サイズ変更  P1190345_サイズ変更
名だたる大大名の墓が・・・(奥州 南部家)          次々現れる(武田信玄)

P1190347_サイズ変更  P1190353_サイズ変更
墓というか要するに供養塔ですが・・・(薩摩 島津家)   あまりのビッグネームに興奮してしまう(伊達政宗)

P1190357_サイズ変更  P1190351_サイズ変更
とにかくすごいです(加賀 前田家)              御廟橋から先は聖域

IMGP9784_サイズ変更  IMGP9792_サイズ変更
すっかり堪能して高野山をあとにする             気持ちのいい下り

P1190360_サイズ変更
道路脇に見つけたスペースに早々に幕営
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment