FC2ブログ

ツール・ド・高野山

2013/5/14 火
始:8:30 ~ 終:16:45 走行:62km
~ 岩手 ~ 紀の川 ~ かつらぎ ~ 九度山 ~ 高野

晴れ。今日も朝から暑くて、7:00にはテントの中にいられなくなった。
日の出がだいぶ早くなり、既に5:00頃から犬の散歩やウォーキングをする人が絶えない。紀ノ川に面した気持ちのいいところで、散歩には打って付けの場所である。

テン場をあとにし、紀ノ川左岸の土手の上を走る。
気持ちのいい道なのだけれど、道路が狭い上に車が多い。しばらく走った後で紀ノ川を渡り、R24に出た。
それにしても暑い・・・(今日は各地で最高気温が30℃を超えたようだ)。風があるのがせめてもの救い。
最近寝不足のせいもあって朝から体が重い。

高野口でR24を離れ九度山へ。
ここは関ヶ原で敗れた真田昌幸・幸村父子が蟄居させられていたところで、その屋敷跡が真田庵として残されている。

九度山で真田庵を見て、そのまま高野山へ向かうつもりであったのだが、どうもこの先買い出しができそうにない。
毎度毎度のいきあたりばったり。いったん橋本まで戻って買い出しと、ついでに昼食を済ませる。
今日も冷やのぶっかけうどんを食べた。海を渡ればすぐ四国であるためか、和歌山にもまだまだ讃岐うどんの店がたくさんある。

さて、ここから仕切りなおしてツール・ド・高野山のスタート。
金剛峯寺まで標高差1,000m弱、距離にして20kmといったところだ。
けっこう山深い場所で、日差しに輝く緑がとても美しい。木々が木陰を提供してくれるのも実にありがたい。
道(R370)は狭いが舗装はキレイで、勾配もきつくない。さすがに車が多く、それだけが唯一の難点である。

午後になって体のほうも調子が出てきた。
くねくね道を快調に上り、かつらぎ方面の道と分岐するところで16:00を回った。時間が中途半端だ。
高野山はじっくり見たいし、上まで上ってしまうとキャンプなどできそうにない。やはりお疲れ気味のマユミのリクエストもあって、途中で早めに幕営することにした。

水を汲んでからテン場を探しつつもうしばらく上る。すると道路脇に展望所があった(展望所とされながら実は特に何も見えないのだけれど)。
早めに幕営といっても、さすがにまだ日の高いうちから道路脇にテントを張るのは憚られ、ベンチに座ってラジオの相撲中継を聞きながらクールダウン。
18:30頃になってそろそろよかろうとテントを張った。

IMGP9753_サイズ変更  P1190321_サイズ変更
高野口から九度山へ                       九度山にある真田庵

P1190323_サイズ変更
写真がなくいきなりテン場(すみません)・・・特に何も見えない展望所
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment