FC2ブログ

小豆島へ渡る

2013/5/8 水
始:11:50 ~ 終:17:00 走行:26km
~ 新岡山港(フェリー)土庄港 ~ 小海

今日も雲ひとつない快晴。気持ちのいい天気が続く。
美味しい朝食をいただいてからのんびりさせてもらう。9:00頃シンタロー君が神社に出かけた後も、リョーコさん、サクちゃんとお喋りしながらすっかりのんびりさせてもらった。
次回はぜひ長野の我が家に遊びに来て!

昼前にリョーコさんとサクちゃんに見送られて出発。すっかりお世話になりました。
今日はフェリーで小豆島へ渡る。フェリーの出る新岡山港まで10kmほど。
フェリーは本数が多く、一時間に一本くらい出ている。
20分ほどの待ち時間で13:50発のフェリーに乗ることができた。料金は1,000円+自転車300円。

小豆島の土庄まで70分。快晴で、瀬戸内らしく海もべた凪ぎ。甲板に出て風に当たっているのが非常に気持ちいい。
フェリーは時間ピッタリに土庄港に入った。
ここから時計回りにのんびり島を一周するつもり。

土庄があるのは、小豆島本島とは離れた島(前島)である。
島と島の間の海峡(土渕海峡)は最狭部が僅か9mほどで、世界最狭の海峡であるらしい。
ところで、どういうわけだか自分は、小豆島というのはてっきり岡山県だとばかり思っていた。香川県だったんですね・・・。
島を走る車のナンバーを見てはじめて気付きました。

小豆島はこれまでに訪れた島と違って人口が多く、感覚的に本土と変わらない。
瀬戸内海にあるというのが大きいのだと思う。四国からも本州からもすぐのところだから隔絶感がまったくない。
島にはファミレスやコンビニもある。

土庄港からすぐのところに尾崎放哉記念館がある。
マユミのリクエストで寄ってみたのだが、残念ながら閉まっていた。近くに居合わせたおばちゃんによると、定休日ということではなくて、たまたま今日は閉まっているということであった。
裏手にあるお墓に手だけ合わせて島一周に向かう。

西日にキラキラ輝く瀬戸内海が美しい。
小豆島には道の駅も三つある。そのうちの一つ、小海の道の駅に17:00に着いた。
まだ日は高かったのであるが、なんとなく走るのが面倒になってしまい幕営することに。道の駅は大坂城残石記念公園と同じ敷地にあってちょっとテントを張りにくいのだが、駐車場の隅にひっそりと張らせてもらった。
小豆島は小豆島石という良質の花崗岩の産地となっていて、秀吉の大坂城築城の際には島から大きな石がいくつも切り出されたらしい。その時に切り出された石が、今でも島のいくつかの場所に残されている。この場所もその一つ。

P1190274_サイズ変更  P1190277_サイズ変更
リョーコさんとサクちゃんに見送られて出発           小豆島へ・・・快晴、べた凪ぎ

IMGP9663_サイズ変更  IMGP9668_サイズ変更
土庄に到着                             世界一狭い 土渕海峡 ギネスブック認定

IMGP9670_サイズ変更  IMGP9677_サイズ変更
今日も一日雲ひとつない快晴だった               時計回りにのんびり島を一周する

P1190280_サイズ変更  P1190281_サイズ変更
秀吉の大坂城築城の際に切り出された石が今も残る   ちょっとテントを張りにくいのだが・・・隅に張らせてもらった
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment