FC2ブログ

米子へ

2013/4/27 土
始:10:15 ~ 終:19:00 走行:23km
~ 米子

晴れ。
パッキングして荷物を自転車につけようとしていたとき、リアパニールの取付フックのスペーサーが一つ紛失していることに気付いた。昨日荷物を外すときに脱落したものと思われる。
いや、もちろんたいした問題ではない。ないと困るにせよたいした問題ではないのだが、こんなところで失くすのが気持ち悪い。キルギスで車に追突されたときも、一度紛失しながら次の日現場で見つかったという代物である。それ以降もずっと一緒に旅をしてきたことだし、こんなところで失くすのがとても気持ち悪い(単に貧乏性なだけという話もある)。

そんなわけでしばらく探してみたのだが、結局見当たらず。諦めることにした。
ありあわせのもので処置をしてテン場の公園をあとにする。
今日は境港の残りの観光をして、米子に移動する。

最初に向かったのは海とくらしの資料館。台場公園の隣にあり、再びそこまで戻る。
ここの目玉は魚やカニなどのはく製展示。これが意外におもしろくて、かぶりつきで見てしまった。
魚の解説にマルハのポスターが貼られているのだが、生態のほかに食べる観点から解説されていておもしろい。どの部分をどうやって食べるとか加工するとか、いつどこで捕れるとか、水族館とはまた別な意味で勉強になる。
他にも漁船や漁法の模型や北前船の展示などがあり、これまた非常にわかりやすい。

境港をあとにしてR431で米子へ向かう。
途中にアジア博物館・井上靖記念館というのがあり、ここにも立ち寄る。展示を見る以前に、個人の所有物であるらしい広大な敷地と立派な建物群にまずビックリ。
展示は実に興味深い。かつボリュームもあるから、じっくり見ようと思ったら半日は必要だ。
ちょうど井上靖の「蒼き狼」を読んでいるところだったので、モンゴルに関する展示には特にそそられた。草原の写真パネルを見ているだけで無性に行きたくなってくる。
ペルシア錦も見事だった。が、やはりそれ以上にイラン各地の写真パネルを見ていると妙に懐かしく、また行きたくなってくる・・・。

すっかりいい時間になってしまった。米子へ急ぐ。
が、こんな時に限ってドーズの後輪がパンク。太くて長い釘がものの見事に刺さっていた。
チューブ交換はもちろんすぐできるのだが、ディープリムのホイールにノーマルのチューブだから、バルブが短すぎて毎回空気を入れるのにえらい苦労する。
時間を食ってしまい、米子のアキラさんのご実家の近くに着いたときにはすっかり暗くなってしまった。

電話をかけると、お父さんが自転車で迎えにきてくれた。遅くなってしまってスミマセン・・・。
家にお邪魔してお風呂をいただき、ビールと一緒に美味しい食事をご馳走になる。ご両親とお喋りするのが実に楽しかった・・・。
いろいろなDVDを見せていただきながら、時間を忘れて楽しくお喋り。いやーとても楽しい時間を過ごさせていただいた。
ちなみに、アキラさんは今、ベトナムにいるらしい。

IMGP9496_サイズ変更  IMGP9503_サイズ変更
海とくらしの資料館・・・はく製展示がおもしろい        米子へ・・・

IMGP9513_サイズ変更  IMGP9514_サイズ変更
アジア博物館・井上靖記念館 展示以前に・・・        マーフィーの法則発動

IMGP9517_サイズ変更
アキラさんのご実家にお邪魔しました!
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment