FC2ブログ

境港へ戻る

2013/4/25 木
始:9:15 ~ 終:19:45 走行:14km
~ 郡 ~ 来居(フェリー)境港

晴れ。
夜露でテントがびしょびしょ。昨日の雨でテントの底もびしょびしょ。
乾かすのに一時間ほどかかった。

郡で軽く買い出しをし、河井の地蔵さんの水を汲んで来居港へ。
10:55発の鬼太郎フェリーに乗る。来居港での停船時間は僅か5分。フェリーはやたらと混んでいた。
ちなみに、運賃は来た時と同じ3,150円+自転車1,250円。

時間通り境港に到着。
島は雲が多かったが、到着した境港は快晴!久々の小春日和でちょっと暑いくらいだ。
今日の予定は洗濯と温泉。それだけ。他に何もなし。

町中のスーパーでサクッと買い出しを済ませ、公園を偵察しながら温泉のほうへ向かう。
台場公園から南に僅か2kmほどの範囲に四つも公園がある。どの公園にもトイレと緑地があって、快適に幕営できそうだ。境港はテン場天国ではないか。
結局、温泉に一番近い”夢みなと公園”に幕営することに決めた。

そうと決まれば洗濯。ようやく見つけたコインランドリーでまとめて洗濯。
洗濯を終えたらその足で温泉へ。既にテン場が定まっているから(しかも温泉から近い)、何時まで温泉にいても大丈夫。のんびり湯に浸かる。
至福のひととき・・・。

テン場は温泉から歩いて行ける距離。しかも静かで快適なテン場だ。
テントですっかり寝る態勢に入ってしばらく後の23:00頃、突然の嵐に見舞われた。近くで雷が鳴り、暴風雨・・・。
最初は我慢して寝ていたのだが、そのうちテントの中に水しぶきが舞い出してとても寝ていられなくなる。シュラフをたたみ、テントの中の風下側に避難。
雨を見越して、これでもかというくらいピンとフライを張っておいたのだが、風に押されてあえなく本体に接触。こうなってしまうともうダメである。
なす術なく風下側にじっと座り、嵐が過ぎるのをひたすら待つ。

嵐は一時間ほどで去った。
草地に幕営していたため、幸い底が水浸しになるようなことはなく、被害は最小限に食い止められた。
フライを張りなおし、濡れたテントマットを拭いてようやく眠りにつくことができた。
しばらくするとまた雨が降り出す。その後も断続的に降っていたが、風はたいしたことなく、それほど不快な思いをせず眠ることができた。

IMGP9299_サイズ変更  IMGP9296_サイズ変更
晴れると非常にきれいなところだった               海の水もこの通り・・・

IMGP9302_サイズ変更  IMGP9304_サイズ変更
まずはお約束のテント干し                     海沿いの遊歩道を歩いてお松橋へ

IMGP9306_サイズ変更
先に見えているのがお松橋・・・橋の向こうは知夫里島

IMGP9309_サイズ変更  IMGP9308_サイズ変更
お松橋は歩行者用の橋                      やっぱ天気ってのは大事ですね・・・

P1190125_サイズ変更  IMGP9312_サイズ変更
左の小屋がテントを張った場所                  これで隠岐ともお別れ

IMGP9315_サイズ変更  P1190126_サイズ変更
境港は快晴だった(鬼太郎交番)                 境港はテン場天国(嵐一過の翌朝撮影)
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment