FC2ブログ

ルサカへ移動

2010/3/15 月

6:00に起きる。
頭痛と微熱があるがまぁ何とか大丈夫だろう、ということでパッキングして7:00前にチェックアウト。
曇っていて、宿の外に出ると雨がパラついている。踏んだり蹴ったりだ。
バスターミナルまで早足で歩く。

ターミナルに着くと、幸運にも既にバスが来ていた。
早速乗り込んでいい席を確保、そのまま出発を待つ。
驚いたことに、今回のバスは頭上の荷物棚にザックが入った!


ルサカ行きのバス ハラレのバスターミナルにて_サイズ変更
ルサカ行きのバス@ハラレのバスターミナルにて


予定より30分遅れの8:30に出発。
暫く走ると雨は上がった。
乗客も程々で、3列のシートを二人で使えたので幾分楽だ。

緑の濃い、キレイな景色が車窓の外に広がる。
ジンバブエはとてもキレイな国だ。
人もフレンドリーで居心地もいい。
経済がガタガタで物価高のためツーリストの足も遠のいてしまっているが(かく言う自分らも物価高に追われるようにして出て行くわけだが・・・)、一日も早く立て直して、また多くのツーリストが訪れる国になって欲しいと切に願うものである。

ザンビアとの国境には13:00過ぎに着いた。
ジンバブエ側のイミグレと思しき建物をすっ飛ばして橋を渡り、いきなりザンビア側に来てしまったので、大丈夫かよ?と思ってたら、まだ新しいイミグレ・オフィスの中にジンバブエ側の出国窓口もあったので安心した。
それにしてもこんなのは初めてだ。
出国側と入国側のイミグレの係官が、同じ部屋に背中合わせに座っている。

ザンビアへの非合法出国の件があるので、ジンバブエ側の出国審査はちょっと緊張した。
だいたいどこの国でも出国審査は曖昧で、ポンッとスタンプを押してくれるのであまり心配はしていなかったのだが、果たしてその通りだった。
係官は定型通りパスポートのページをパラパラめくりはしたが、じっくり見るわけでなしビザのページにポンッとスタンプを押してくれた。

むしろ時間がかかったのはザンビア側だ。
自国のビザ・スタンプだけに、前回取ったデイ・ビザのページを発見。

「前回取得したビザのレシートはある?」
「そんなものはくれなかった」
「ビザ代として幾ら払った?」
「えぇっと、確か$20」
「このビザでは入国できない」

・・・そんなのは百も承知。

「もう一度ビザを取得する」と答える。
「ちょっと調べて来る」と係官が席を外す。

調べるって何を調べるんだよ~もう一度ビザを取得するだけの話じゃないのかよ~早くスタンプくれよ~とちょっとドキドキしながら待つ。

ビザ代はちゃんと払ってあるんだし、まぁ少なくともザンビア側は何の文句もないだろう、と大きく構えてはいたのだが、いらんことに気付いて、不運にもすぐ後ろにいるジンバブエ側の係官に聞きに行ったりしないかどうかがちょっと心配だった。

暫くして戻ってきた係官が言う。
「ビザ代$50(4,500円)」

よかった、やっぱそういうことでしょ、それにしても高いなビザ代!

そこから色々書き写したりして時間がかかったが、ようやく入国できた。
マユミも無事入国、荷物検査を通ってバスに戻る。

バスは自分ら待ちだったらしく、早くバスに戻れと運ちゃんに急かされた。
入国さえしてしまえばもう何の心配もなし。

15:30にルサカのバスターミナル着。
バスを降りる前から窓越しにタクシーの運ちゃんが声をかけてくる。

ルサカには、選ぶほど安宿はない。
キャンプサイトがあるという情報のCha Cha Cha バックパッカーズに行くことにして、ついてきた運ちゃんと交渉。

「Cha Cha Cha バックパッカーズまで幾ら?」
「$15」
「$15?そりゃ高過ぎる。$3~4だと思うけど」
「じゃあ$4でいい」
「$3!」
「わかった、$3でいい」
「ちなみにUSドルで払える?」
「USドルでOKだ」

と、交渉成立のはずだったのに・・・。

ザンビア・クワチャがほとんどないので、最初にATMに行ってもらうことにした。
ザンビア・クワチャは5,000クワチャ=$1で交換されている。

ルサカはハラレと反対に、道は広くないのに車が多い。
ちょうど会社の終わる時間なのか、一本しかない線路を跨ぐ陸橋が渋滞している。

Cha Cha Cha バックパッカーズに着いて運賃の$3を払おうとすると、
「クワチャで払ってくれ。市街のATMにも行ったからもう10,000Kだ」
と運ちゃんがごねだした。

言い合いになると、運ちゃんは近くにいたじいちゃんに泣きつく。
埒が明かないので、宿のレセプションに行ってひとまずクワチャを崩してもらおうと思ったのだが、細かいお金がなくて崩れない。
通りがかりの宿泊客が崩してくれようとしたが、やはりダメ。
タクシーのところに戻ると宿の従業員が崩してくれたが、5,000Kがない。運ちゃんも釣りがないというので仕方なく20,000K払う。

レセプションに戻って話をすると、なんとキャンプはできないという。
どうやら雨季はキャンプ不可らしいのだ。
で、ドミのベッドは$12もする。うぅぅむ、高い!
暫くレセプションの外で考えたが、結局一泊することにした。


ChaChaChaバックパッカーズ_サイズ変更
Cha Cha Cha バックパッカーズ


ChaChaChaバックパッカーズのドミ_サイズ変更
Cha Cha Cha バックパッカーズのドミ


タンザン鉄道について調べると、両方向とも火、金に出ているらしい。
火曜というと明日ではないか。
幸い夕方発なので、チケットさえ取れれば明日の列車に乗れそうである。
ガイドブックによると、混む時期は1週間前でもチケットが取れないことがある、などとあるが、今は雨季のローシーズンなのでたぶん何とかなるだろう。
ダメ元で明朝カピリムポシに移動しよう!
ルサカは特に見るべきものもない。
こんな高いところに長居はできないので早々に退散する。

相変らず頭痛と微熱があるので、大事をとって早目に寝る。
宿は静かでスタッフも明るく、居心地はなかなかよかった。
宿泊客も良識のあるパッカーだった。



余談16 中国人は・・・

中国人は世界中で嫌われている、というかバカにされている、と実感する。
アフリカの、特に都市部ではその傾向が強く、現地の人が明らかに自分たちより下の存在とみなしている。
原因はいくつかあるのだろうが、地元に何も還元しないことで反感を買っていることが主要因であろう。
アフリカには鉄道からビルまで、中国の資金(元々は日本からのODAだろ、と突っ込みたくなるが・・・)で作られた建造物がかなりある。
で、何で反感を買うのかと言うと、そういったプロジェクトの際、労働者まで自国から連れてきてしまうためだ。
その出稼ぎ労働者たちはコツコツとお金を自国に送金し、地元に還元されることはほとんどない。
とかく中国人は自分たちのコミュニティーを作りがちでもある。
こうして巨大工事で儲かるのは中国一人だけ・・・という図式が完成してしまう。
中国もそろそろ真剣に考えないとマズイ。
大多数の国はキチンと配慮しているのだし、何より中国はもはや経済大国なのだから。


余談17 嫌われていると言えば・・・

嫌われていると言えば、イスラエル人も行く先々で相当嫌われている。
(歴史的なことはさておき)とにかくクレイジーでお金に汚いためだ。
人数が集まると飲んだくれてとにかく大騒ぎ、大暴れ、朝早く宿代を払わずに出て行ってしまう、とそんな具合。
これにアメリカ人を加えた三者が、世界中で快く思われていない人たちワースト3だろう。
アメリカ人は勝手にAmerica is No.1と思い込んでいるところがいかんのだろうなぁ。
これから回るムスリム圏では当然、さらに反米感情が強まるに違いない。
ただしアメリカ人の場合、そんなことを知ってか知らずか旅行者自体が極端に少ない。
どこへ行ってもアメリカ人旅行者に出会うことはほとんどなく、人口比率で考えても異様なほど旅行者が少ない。
思うに、アメリカ人というのはほとんど旅行をしない人たちであるらしい。
面倒なのでこのブログでもよく「欧米人」と十把一絡げにしているが、正しくは「ヨーロピアン」ということなので、そう読み替えてもらえると有難い。


関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment