FC2ブログ

秘境南大隈

2013/3/26 火
始:9:40 ~ 終:15:30 走行:42km
~ 大浦 ~ 辺塚 ~ 船間 ~ 岸良 ~ ロケット打上げ見学場

曇り。肌寒い一日。
内之浦にある宇宙空間観測所までサクッと走って見学するつもりでいたのだが、南大隈の山深いうねうね道に苦戦させられて届かず・・・。

テントをたたんで荷物を積もうとすると、ドーズの前輪がパンクしていた。
チューブを交換して出発。
自転車を道路に押し上げて一息つき、山深いうねうね道を上る。
非常に山深いところで、道がところどころ自然にかえりかけている。

途中、県道からちょっと海側に下ったところに大浦という集落がある。
東は海、西は深い山。外界へ通ずる唯一の道は自然にかえりつつあるこの県道のみ。しかも、どちらの方向へ走っても商店のあるところまではかなりの距離がある。
すごい隔絶感。まさに陸の孤島。伊那谷の村々の比じゃないな・・・。
現代の日本において、ここまで外界と隔絶された場所というのはそうそうあるまい。一方が海であるというのが凄味を増している。
まるで人気がなく、時どき道路脇でガサゴソ音がするとイノシシである。

山襞に沿って延々と坂道が続く。
テン場を出発して三時間ちょっと、ようやく峠に到着。
峠からうねうね道を下るが、依然として人気はない。
30kmほど走ってようやく山から脱出。辺塚の海辺に出る。

海辺に出ても上りが続く。
行動食を食べつくしてしまって腹ペコなのだが、店など一軒もない。

船間の簡易郵便局の前を通りかかると、そこに菓子問屋のトラックが止まっていた。郵便局の職員のおばちゃん二人がお菓子を物色している。
助かった・・・おばちゃんたちに参戦してお菓子を物色。卸値で売ってくれるので安い!
買ったお菓子をその場で食べながらおばちゃんとお喋り。ここは陸の孤島だと言っていた・・・。

桜島の噴煙は、今の時季は風向きから鹿屋方向(大隈半島)へ流れてくるらしい。種子島から帰って以来、ここまで灰のことはまったく気にならなかったが、日によっては山のこちら側まで灰が降ることがあるということだった。
ここ数日はたまたま大きな噴火がなかったということであろう。
ちなみに、鹿児島の天気予報では、桜島の噴火の状況と上空の風向きが毎日報じられる。

おばちゃんは他にもあれこれといろいろ教えてくれた。
近くに、このあたりでは唯一の湯ノ谷温泉というのがある。今日のところは内之浦の観測所まで届きそうにないから、温泉にでも浸かってのんびりしようかと思っていたのだが、おばちゃんによると内之浦のコスモピアにも温泉があり、そっちのほうが湯が熱いという。湯ノ谷温泉は非常にぬるいらしい。
湯がぬるいのでは気分が盛り上がらない。温泉は明日に延期することにした。

おばちゃんと別れ、県道74号を再び内之浦方面へ。
ちょっと走るとようやく国道に出た(R448)。交通量は非常に少ないが、立派な造りの国道である。
山襞の間にはすべて橋が架かっている。山裾を舐めるようにうねうね走る必要がなくなった。
坂の勾配も緩く、途端にガンガン進むようになる。

岸良でようやく集落らしい集落に出た。
GSを見つけてガソリンを買う。そして商店の場所を教えてもらって買い出しへ。
今日も米は手に入らなかったが、辛うじてラーメンが手に入った。これで夕飯もなんとかなる。

テン場を探しながら観測所へ向かう。
テントを張って寝るだけなら、道路脇に適当な場所がいくつもある。が、予報によると明日は天気が悪い。停滞も可能な場所に幕営したいところ。
観測所の手前3kmほどのところに、ロケット打上げ見学場というのがあった。広い駐車場があり、トイレと水道もある。この上ないテン場だ。
16:00近くになると、いつ雨が降り出してもおかしくない雲行きになった。
見学場をあちこち偵察してみた結果、広い駐車場の隅、風を避けられる場所に早々にテントを張った。昨日よりも早い・・・。

IMGP8557_サイズ変更  IMGP8559_サイズ変更
まずはドーズのチューブ交換                    自転車を道路に押し上げて一息つく

IMGP8560_サイズ変更  IMGP8563_サイズ変更
しばらく深い山の中・・・                        この隔絶感はなかなか・・・

P1180542_サイズ変更  IMGP8570_サイズ変更
ようやく山から脱出                        国道に出ると山襞の間にすべて橋が架かっている

IMGP8574_サイズ変更  P1180545_サイズ変更
海沿いに北上                             ロケット打上げ見学場の広い駐車場の隅

2013/3/27 水

停滞。
今回の雨はしつこかった。昨晩2:00頃から降り始め、その後一日中雨。夜になってもまだ降っていた。
腹が立つくらいしつこい雨だった。

停滞するのに場所的には何の問題もないところであったが、如何せん食料が乏しい。
二食分のラーメンは明日の朝に取っておくとして、それまでは非常食として持ち歩いていたパスタと小麦粉、それから玉子と味噌汁で食いつなぐ。
パスタは夕飯に回し、その間はすいとんで凌ぐ。意外にも久々に食べたすいとんが美味だった。
夜中になってようやく雨がやんだ。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment