FC2ブログ

さらば屋久島、こんにちは種子島

2013/3/11 月
始:7:45 ~ 終:18:25 走行:16km
宮之浦(フェリー)島間 ~ 河内

昨晩、結局幕営後は雨が降らず助かった。シュラフカバーだけで寝ていたのだが、夜中はけっこう寒かった。
夜が明けてもどんより曇っている。今日は一日こんな天気だった。風強し。

9:00のフェリーに乗るべく、準備を整えて出発。宮之浦までは下り。自転車で10分。
島間行きのフェリーは町営の”太陽”。運賃は1,400円+自転車320円。
ちょっと前に出る”はいびすかす”を見送ってから船に乗り込む。
”太陽”は、島間~宮之浦~口永良部の間を運航している。”はいびすかす”より小さな船で、車をニ、三台積むといっぱいになってしまう。
今日の船に車の積み込みはなし。客も自分らのほかに二人だけ。

宮之浦を出港し、三階の船室に上がって海から屋久島を眺める。
海から山が生えているようにしか見えない。山の中腹より上はすっぽり雲の中である。
波が高く、船がえらく揺れる。船首に波が当たるたび、ドーンと衝撃がある。
最初から床に横になっていればよかったのだけれど、しばらく船内をうろちょろしていたのが悪かった。乗り物に酔うことは普段あまりないのだが、久しぶりに船酔いした。
ゲロゲロで、途中から洗面器を抱えて横になっていた。

一時間ほどで島間に到着。
小さな小屋があるだけの妙にガラーンとした港であった。
小屋の中の待合室で一時間ほど休む。まだ体が揺れている・・・。

乗ってきた船が出た後は小屋が閉まりそう。そのタイミングで走り始めた。
やはり雲が多く、風が強い。
種子島には国道が走っている。それも二桁の58号線(宇宙センターがあるからだろう)。
そのR58を宇宙センターのほうへ走る。ただし月曜の今日は宇宙センターはお休み。目指すのは手前にある温泉。

種子島は平らで、屋久島とは対照的に山らしい山がない。でも、山はなくとも森はふんだんにあり、緑の豊かな島である。
田畑も多く、山がちな屋久島に比べると豊かであるように見える。ちなみに、田植えは既に終わっていた・・・。
南種子は人も車も少なく実にのどかである。観光客もほとんどおらず、ツーリスティックな雰囲気はまったくない。
山がないのは寂しいが、島の雰囲気は屋久島より種子島のほうが性に合っている。

数少ないであろう山道を走って(と言っても丘のようなところだが)、上中へ。
Aコープがあったのですかさず寄って買い出し。
町中にコンビニ(九州と言えばエブリワン)があったのには驚いた。

上中から県道586に入り、河内温泉センターへ。
午後いっぱいここでのんびりさせてもらった。広くて居心地のいい温泉である。

大相撲春場所の二日目を最後まで見て温泉をあとにした。
特にどこかテン場に目星をつけていたわけではないのであるが、対馬や壱岐と同様にどこでも幕営できそうな雰囲気である。
宇宙センターのほうへ県道をちょっと走ると、パーキングがあった。
特にトイレや水道はないところであるが、快適そうな場所であり、草地の上に幕営した。

IMGP8264_サイズ変更  IMGP8265_サイズ変更
さらば屋久島                              種子島の島間に上陸

IMGP8267_サイズ変更  P1180344_サイズ変更
山らしい山はないが森はふんだんにある          初日のテン場(どこでも幕営できそうな雰囲気である)
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment