FC2ブログ

屋久島一周サイクリング

2013/3/9 土 Day1
始:10:30 ~ 終:16:55 走行:53km
~ 安房 ~ 尾之間 ~ 湯泊 ~ 中間 ~ 西部林道 ~ 屋久島灯台分岐

晴れ。今日も暑くて朝から半袖である。
8:00頃までのんびり寝させてもらい、朝食をいただいた後で寛がせてもらっていると、ガク君が帰ってきた。
二人と会うことができ、これでもう屋久島に思い残すことはない。

ガク君はとても忙しく、30分ほどすると水揚げした魚の件でまた港に戻ってしまった。
二人は今晩も泊めてくれると言ってくれたのだけれど(一寸、お言葉に甘えて空身で島を一周しようとも思ったが)、結局荷物を持って出発することにした。
外出するアスカさんと一緒に家を出る。お世話になりました!

今日はここ二日ほどと比べて山がスッキリ見えている。
黄砂は九州より東へ・・・九州のピークは昨日だったようである。
久々の向かい風。風と暑さに久しぶりにしごかれる。
尾之間まで走ってAコープで買い出し。ついでに弁当を食べる。
海側から眺めるモッチョム岳はやはり見映えがする。

尾之間から先を走るのは初めてで、ちょっと新鮮な気分。尾之間の先はグッと車が減り、走っていて気持ちがいい。
途中、中間のガジュマルと大川の滝に寄り道。どちらもバスで観光客が来たりするから驚きだ。
ちなみに、対馬と違って観光客は日本人です。

中間の先から道は上りになる。
大川の滝からしばらく上ると西部林道。途中から道が狭くなり、大型車は通行不可となる。
西部林道は、海岸沿いを走る県道の中で唯一長い上りのある区間である。これだけ険しい屋久島において、海岸沿いの道はうまく通してあるということだ。
西部林道を島の人が行き来することはほとんどなく(いかにも非効率であるから)、すれ違う車はほぼすべて「わ」ナンバーである。

林道沿いは完全に猿と鹿の縄張りだ。道路の脇にもたくさんいるし、路上にも出てくる。
猿は木の新芽を一心不乱に食べている。

今日はとにかく暑く、久しぶりに滝のような汗が流れる。
狭い林道のアップダウンをこなしていくと、屋久島灯台への分岐に出る。
道路からちょっと入ったところに広いスペースがあり、近くの沢で水が取れそうなので幕営することにした。
日本に帰って以来ずっと、人工的な場所でのキャンプが続いていたので、久々に自然の中でのキャンプ。やはりこのほうが落ち着くし、快適だ。

それにしても暑い・・・。
テントの中で夕飯を食べてまた滝のように汗をかく。外に出てもたいして涼しくない。
春を通り越して一気に夏になってしまったかのようだ。
この不快感は久しぶり。やはり寒いよりも暑いほうが格段に不快である。
21:00の気温が18℃もある。今晩は半袖で寝るようだ。

9IMGP8219_サイズ変更  9P1180321_サイズ変更
海側から眺めるモッチョム岳はやはり見映えがする      中間のガジュマル

9IMGP8231_サイズ変更  9P1180325_サイズ変更
中間の先から道が上りになる                大川の滝・・・水が少なく今ひとつ迫力に欠けた

9IMGP8235_サイズ変更
海岸沿いを走る県道の中で唯一長い上りのあるのが西部林道の区間

9P1180329_サイズ変更
そこは完全に猿の縄張り・・・ちょっと通らせてもらいます

9P1180330_サイズ変更  9P1180331_サイズ変更
木の新芽を一心不乱に食べている                とにかく暑く、久しぶりに滝のような汗が流れた

9IMGP8242_サイズ変更
途中から道が狭くなり大型車通行不可となる(鹿も路上に出てくる)

9P1180334_サイズ変更
久々に自然の中でキャンプ・・・やはりこのほうが落ち着く

2013/3/10 日 Day2
始:13:35 ~ 終:17:40 走行:31km
~ 永田 ~ 吉田 ~ 一湊 ~ 志戸子 ~ 宮之浦 ~ 泊川

夜明け前に一時激しく雨が降ったが、朝にはやんでいた。
が、いつ降り出してもおかしくない天気。南から黒い雲が流れてくる。風強し。
8:30。荷物をまとめてテント撤収という段になって激しい雨に見舞われる。テントの中で待機。
本当は今日の昼のフェリーで種子島へ渡ろうと思っていたのだが・・・怪しくなってきた。
種子島の南に位置する島間へのフェリーは、偶数日は13:00、奇数日は9:00に宮之浦から出ている。

大粒の激しい雨で風も強い。テントの周りはみるみる水溜りに・・・。
激しい雨は一時間ほど続いた。その後もしばらく降ったりやんだり。
今日のフェリーは諦めた。
テントを風に当てて乾かしがてら二度寝する。

12:30を過ぎてようやく外が少し明るくなった。
テントを撤収して出発。
永田の近くまで来ると、西の海上に口永良部島がよく見える。
いなか浜に寄ってちょっと休憩。ここは日本一のウミガメの産卵場である。

浜で休憩中に、ホンダのCD50で旅をしている一人の学生と出会った。
どこから来たのか聞いてみたら、なんと長野。ナンバーを見ると確かに長野市である。これは奇遇な。
その彼、コンドウ君はこの四月から会社員になるということだった。チャラチャラしたところがなくて好印象。こういう若者を見ると、なんだかこちらも清々しい気持ちになる。
若いって素晴らしいな。
どこか希望に満ちていて、まだこれから何でもできそうに思える。前途は洋々だ。ガンバレ!

西部林道に向かうコンドウ君を見送ってから、県道を北上。
相変らず天気が悪い。おそらく山は昨日の昼から大荒れだろう。

一湊を過ぎると、ひょろひょろっと延びた半島の海岸に矢筈嶽神社が見える。これは見てみねばと、そんな風に思わせるところに鳥居が建っている。
県道を外れ、わざわざ坂を上って行ってみたわけなのだが、最後の神社へ続く遊歩道が立入禁止になっていた。崖崩れのため立入禁止・・・。
誰もいなかったなら自己責任で行ってしまうところであったけれど、神社の手前の崖にぶら下がって作業をしている人の姿が眼下に見えたので諦めた。残念!

県道に戻り、志戸子を過ぎたあたりからテン場を探しつつ宮之浦へ向かった。
泊川の手前に休憩所があった。テン場に目星をつけていったんスルーし、宮之浦のスーパーで買い出しを済ませる。
買い出しを終えてスーパーから出るといよいよ天気が怪しく、すぐに雨が舞い始めた。
急ぎ休憩所へ戻る。と・・・なんと、キャンプ禁止だった。ガーーーン。
先ほど看板はチェックしたのだけれど(そこには特に何とも書かれていない)、展望台の下で雨宿りしていてふと見ると、そこの柱にキャンプ禁止の張り紙がしてあった。
やれやれ・・・屋久島は、ちょっとしたスペースはどこもキャンプ禁止となっていて窮屈だ。夏場は人が押し寄せるのだろうから気持ちはわからないでもないが、めっぽう旅がしにくい。

暗くなってからテントを張れば問題ないのかもしれないけど、キャンプ禁止と書かれているところに幕営するのは精神衛生上よろしくない。
もう少し宮之浦方面へ走る。先ほど往復したときにもう一ヶ所目をつけておいた場所がある。
そこは旧道のようであり、現在は車が入れないようになっている。
アスファルトの上に幕営するのは不本意であるが、予報によればこれから天気は回復するはずで、泊川に架かる橋の手前の路上にテントを張った。
夜になっても風が強い。

IMGP8249_サイズ変更  P1180336_サイズ変更
朝から天気が怪しい・・・                       ホンダのCD50で旅をしているコンドウ君

P1180339_サイズ変更
これは見てみねばと思わせるところにある矢筈嶽神社 わざわざ坂を上って行ってみたのだけれど・・・

IMGP8254_サイズ変更  P1180341_サイズ変更
朝からめっぽう風が強い・・・                     結局テン場はこんなところ
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment