FC2ブログ

知人の知人の家に泊めていただく

2013/3/8 金
始:9:20 ~ 終:17:40 走行:18km
~ 安房 ~ よろん坂 ~ 安房 ~ 船行

晴れ、風強し。暖かい、というより暑くて朝から半袖である。
昨日以上に空が霞んでいる。どうやら原因は中国から飛来した黄砂であるようだ。
黄砂のほかにもPM2.5、さらには杉花粉とあらゆるものが飛んでいて、いやに霞んでいる。今日は役場から注意報が出ていた。
もうずいぶん前から、春の霞んだ空の主因というのは黄砂やPM2.5になっているんだろうね・・・。

今日から屋久島最後のイベント、島一周サイクリング!
快適なふれあいパークをあとにして、時計回りに島を一周する。
屋久島の海岸沿いには、ぐるりと島を一周する県道が走っている。だいたい一周100kmくらい。
その気になれば一日で走れる距離であるが、観光しながら二日くらいかけてのんびり走るつもりでいる。
島の南にある尾之間までは、バスでは一度走った道である。

一つ気になっていることがあった。
知り合いの知り合いに屋久島に住んでおられるご夫婦がいて、島に来たら寄ってくださいと言ってくれていたのだけれど、いまだ連絡が取れていない。
携帯も持っていないし、ネットをしているタイミングもなく屋久島に来てしまって早十日。どうにか連絡を取りたいものだと思っていた。
ちなみに、この時点では夫婦の住所も連絡先も、名前すらも知らない。どこか漁港の近くに住んでいるのだろうけど、島に漁港はたくさんあって、だいたいの場所すら見当がつかない。

ひとまずネットの使えそうなところを探そう。
安房は島で一、二の町であるが、目ぼしいところが見当たらなかった。
安房川を渡ってちょっと走ると、よろん坂という坂があり、坂を上り切ったところにその名も”よろん坂”という喫茶店兼飲み屋兼フリーマーケットのような店がある。ここで奇跡的にWiFiが使える。
店をやっておられるのは、半移住組のご夫婦。明るく豪快なアケミさん(別名ドラゴン)と物静かな旦那さんのやっておられる素敵な店である。
店の中は広く、寛ぐにはもってこいのスペース。

こと移住者のことに関しては、アケミさん夫婦にかかるとだいたいわかる。
先日モッチョム岳で会った若い夫婦のことも知っていた。
知り合いの知り合いのご夫婦のこともなんとなくは知っているのだが、手がかりが少なすぎて確証が得られない。

知人のシンタロウ君にメッセージを送ると、レスポンスのいい彼はすぐにご夫婦の連絡先を教えてくれた。
アケミさんの携帯を借りて電話させてもらう。
連絡がついた!いやー皆さんお世話様でした。世の中どうにかなってしまうものですね・・・。

旦那さんのほうは漁に出ていて不在ということであったが、ひとまず今晩はご夫婦のところに泊めていただけることになった。
今日は西部林道の手前くらいまでのんびり走って幕営しようと思っていたのだが、予定変更。
「泊まるところがなければここに泊まっていきな」とアケミさんも言ってくれていた。
皆さん本当にお世話様でした。
何はともあれ、ずっと気になっていたことが解決して晴れ晴れした。

アスカさんと17:00に待ち合わせをしたので、それまでお店でのんびりさせてもらった。実に居心地のいい店だった。
16:30過ぎにおいとまして、安房川の手前でアスカさんと合流。ご夫婦の家のある船行までもう少々戻る。

ビールやおいしい食事をご馳走になりながらお喋りしていると、あっという間に時間が過ぎた。
旦那さんのガク君は一本釣りの漁師ということだった。自分の船で漁に出て、一度出ると三、四日帰らない。
漁師ということは知っていたのだけれど、まさか一本釣りだとは思いもしなかった。てっきりトビウオ漁(どうやって漁をしているのかよく知らないが)でもやっているのかと思ってた・・・。

IMGP8210_サイズ変更  IMGP8211_サイズ変更
すっかりお世話になったふれあいパーク             時計回りに島を一周する(ちょうど100kmくらい)

IMGP8213_サイズ変更  P1180320_サイズ変更
アケミさん(別名ドラゴン)夫婦の営むよろん坂         アスカさん、お世話になりました!(翌朝撮影)
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment