FC2ブログ

九州上陸!

2013/2/9 土
始:9:35 ~ 終:17:45 走行:29km
印通寺港(フェリー)唐津東港 ~ 唐津 ~ 厳木

昨晩は雪がやんでから風もやみ、実に快適だった。夜が明けると久々に日が出た。
しばらくお世話になった万葉公園をあとにして、印通寺港へ下る。

フェリーターミナルは空いていた。チケットを買い、30分ほどフェリーを待つ。
時間厳守の手際のよさには毎度感心する。言われたとおりの時刻にフェリーが着岸し、予定時刻の10:50ピッタリに出港。
もちろん前回同様、自転車はタイダウンベルトで丁寧に固定してくれた。
フェリーは前回より小型で、スタビライザーを装備している割りにけっこう揺れた。船酔いしそうないや~な揺れだ。
壱岐の周りには小さな島がポコポコ浮いている。

これまた時間通り12:30ピッタリに唐津に到着。
ターミナルで無料のお茶を飲みつつちょっと休んでから走り始めた。壱岐は晴れていたが、唐津は曇り。
まずは船からも見えた唐津城をちょっと散策。
城は昭和40年代に再建されたものである。古い城が残っているわけでもないし、城自体に華々しい歴史があるわけでもないから、気分としては今ひとつ盛り上がらない。
が、やはり日本の城の石垣は見事だ。実に仕事が細かい。手抜き、と言うと言葉が悪いか、力を抜いている箇所がいっさい感じられない。
平成20年より天守閣下の石垣を修復中で、その光景が新鮮だった。ふむふむ、こういう風に修復するのか・・・。

対馬、壱岐と来ていよいよ九州に上陸。またテンションが上がってくる。
やっぱすごいわ、この国は・・・。
何でもある。おそらく庶民レベルにおける物質的な豊かさ、先進性は世界一だと思う。
何でも手に入る。特に本屋(含ブックオフ)はヤバイよね・・・。
今日のところはブックオフはパス。地図を求めて本屋に寄ってみたのだけれど、活字に飢えているものだから、読んでみたい本だらけ。地図も迷うほどの種類がある。
それにしても・・・並んでいる本を見ても、やはり日本は三年前とは変わったと実感する。あれだけあった左翼的な本、自虐的な本というのがあまり目につかなくなった。
実に好ましい傾向である。これはある意味民主党の成果であろうか???
団塊の世代が完全にリタイアした後にはさらに状況が変わるのではあるまいか。

唐津からR203で佐賀方面へ。
九州に上陸してさらなるカルチャーショック。
この整然とした交通事情、交通弱者への気配り。ぜひキルギス人や中国人に見せてやりたい。

予定通り厳木(きゅうらぎ)の道の駅に幕営。
日本では買い物と水とトイレにはまったく困らない。対馬と壱岐では苦労させられたゴミも、九州に来たらあっさり解決。
20:00の気温-2℃。

IMGP7834_サイズ変更  IMGP7837_サイズ変更
すっかりお世話になった万葉公園                  印通寺港へ下る

IMGP7838_サイズ変更  IMGP7847_サイズ変更
時間通りフェリーが入港                       天守閣下の石垣を修復中の唐津城

P1170939_サイズ変更  IMGP7848_サイズ変更
かなり大掛かりな作業です                      鋳物の蓋シリーズ・・・

IMGP7849_サイズ変更  P1170941_サイズ変更
整然とした交通事情にビックリ(道路の狭さにもビックリ)      厳木の道の駅(翌朝撮影)
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment