FC2ブログ

一向に本調子に戻らない

2012/12/16 日
始:9:15 ~ 終:15:40 走行:70km
~ 河山 ~ 两城 ~ 信陽 ~ 泊里 ~ 乜家庄 ~ 小馬家瞳 ~ 張家楼 ~ 浜海 ~ 胶南 ~ 胶南の先5km

相変らずどんよりした空。いつ雨が降ってもおかしくない天気。
昨晩も晴れていたのは一瞬だけ。夜中トイレに起きたときには既に曇っていた。
7:30の気温+1℃。日中も+2℃くらいまでしか上がらず、寒い一日だった。
寒さを感じるのは体調が悪いせいもある。商丘の手前で風邪をひいてからずいぶん経つが、一向に本調子に戻らない。

いつも通りパンとコーヒーの朝食を食べてから出発したのだが、やたらと腹が減っていて、信陽で包子を食べた。
これがまた適度な量にしておけばいいのに、ついつい旨くて腹いっぱい食べてしまう。以後は胃がもたれて体調が悪化した。

G204は広くてキレイで走りやすいのだが、めっぽう退屈な道である。景色はどこまで行っても変わり映えせず、その景色がまた恐ろしくつまらない。
坦々と北へ走るが、寒気は増すばかり。すこぶる体調が悪い。

走っていて腹はそれなりに減るものの食欲はなく、今晩はテントで自炊することにした。
買い出しをしようと思っていた胶南は、市区を通らないため道路沿いに店がない。買い出しのタイミングを逸した・・・。
ようやく一軒だけ見つけた小さな超市で買い出しをし、水も5Lもらえた。これで準備万端。
さらにちょっと走ってからルートを外れ、ため池のそばにある人工林の中に早々に幕営した。

かなり辺鄙な場所なんだけど、こんなところにもけっこう人が住んでいる。中原の地で人気のないところに幕営しようなんてのは土台無理な話である。
人工林はどこも個人のものではなくて国や自治体の所有物であると思われる。が、そんなところでもちょっとしたスペースさえあれば畑になっている。
何度も書いているが耕しすぎだ。土地さえあればどこもかしこもとにかく耕してしまう。
おそらくそのせいで、中国という国は広大な国土に比して野生動物が異様に少ない。目にすることもなければ気配もまるで感じられない。道路で車に轢かれている、なんてのもまず目にしない。
唯一、鳩くらいの大きさの尾の長い鳥だけ見かける。こんな環境でも繁殖していて、人工林の中には時どきその鳥の巣がある。
この鳥、中国に入る前から見ていたのだけれど、どこから見かけていたかなぁ・・・ヨーロッパの途中あたりから目にしていると思う。イランや中央アジアにもずっといた。もしかするとユーラシア全土で大繁殖しているのかもしれない。
19:30の気温-0.5℃。

余談72 リサイクルなんて夢のまた夢
それにしても汚い国だ。どこもかしこもゴミだらけ。
町中にはゴミ箱もある。リサイクルの可否でゴミ箱が二つに分けられているところもある。が、たぶんどういったものがリサイクル可能なのかは決められていない(笑)。
結局は外面だけ。外国の見よう見まねでとりあえず作ってみただけ。そんな雰囲気がプンプン漂う。
自分らも捨てるときに迷うのだけれど、見るとどちらのゴミ箱にもまったく同じゴミが捨てられている。結局どっちがどっちなのか判断がつかない。
それでもゴミ箱に捨ててあればまだマシだ。せっかくゴミ箱があるのに、そのすぐ近くにもゴミが捨ててあったりする。
リサイクルなんて夢のまた夢の話だ。そもそも処理する施設が整っているとは到底思えない。
この国は万事がこの調子である印象だ。見映えだけを気にして中身はゼロ・・・。
つくづく日本というのは奇跡の国であると思う。

IMGP7300_サイズ変更  IMGP7302_サイズ変更
いつ雨が降ってもおかしくない天気                 旨くてついつい食べ過ぎてしまう包子

IMGP7304_サイズ変更  IMGP7305_サイズ変更
これは何だったかな?思い出せない              ちょっとルート沿いにはテン場が得られない雰囲気

P1170305_サイズ変更
ため池のそばにある人工林の中
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment