FC2ブログ

山東省をいったんちょっとかすめる

2012/12/12 水
始:9:00 ~ 終:16:25 走行:73km
~ 花園 ~ 高峰頭 ~ 双店 ~ 青湖 ~ 青湖の先6km

一日中晴れていたものの日差しが弱々しく、朝だか夕方だかずっとわからない状態だった。
7:30の気温-5℃。相変らずテントはバリンバリン。

出発して2kmも走らないうちに山東省に入った。と言ってもいったん入るだけで、すぐまた江蘇省に戻る。このあたりは省境がちょっと入り組んでいるのだ。
そのくせ、山東省に入ったと同時にあれだけあった苗木畑がパタッと姿を消す。省ごとにけっこうカラーが違うようである。

山東省に入ってすぐの花園で、朝食に包子を食べる。美味だった。
この時季、小さな子どもたちはどの子も、これでもかというくらい服を着せられている。マシュマロマンのようなモコモコの姿が可愛らしい。すぐ用を足せるように、必ずお尻がパックリ割れているのがこれまた愛らしい。
この時季はまた、特に電動スクーターなんかに乗るとき、老若男女を問わずコートやジャンパーを後ろ前逆に着るのが標準的。継ぎ目から風が入るのを嫌っているのだろう、どの人も後ろ前に着ている。
子どももそのように着せられているのだが、スクーターの後ろに乗せられている姿を見てビックリすることがある。後ろ向きに乗っているように見えるのだ。しかも、場合によっては頭ままでスッポリ隠されていて、首のない子が後ろ向きにスクーターに乗せられているように見える・・・。

25kmほど走ると再び江蘇省に出た。
何故だかこのあたりは沿道にほとんど人が住んでいない。不気味なほどひっそりしていて、いきなりどこか別の国に来てしまったかのような気分になる。
道路はキレイで車も少ないから、走る分には快適だ。
全般的にG310という道路は、活気のある賑やかなところを外れて辺鄙なところを走っている。大きな町も通らなければ、時どき現れる小さな集落にもまるで活気がない。人工林の点在する畑の中の一本道で、アップダウンもないし、走っていて至極退屈である。
おまけに、何日か前からまた体調が今ひとつで、どうにも疲れやすい。平地を走っているだけなのに妙に疲れる。

青湖で夕食にする。
ここも今ひとつ活気のないところで、パッとした食堂も見当たらない。仕方なく酒店(宿)のレストランに入った。
ナスの炒め物ともやしの炒め物を食べたのであるが、油で気持ち悪くなってしまった(決して料理が不味いわけではない)。
あれだけ飽きずに食べていた中華であるが、ここへ来てちょっと食傷気味。ま、体調が悪いだけという話もあるが・・・。

食事が済むともうぼちぼちテン場を探す時間。一日があっという間だ。
酒店で水を5Lもらって少々走る。
テン場にはまったく事欠くことがなく、道路脇に広がる人工林の奥に幕営した。
まだ明るかったので、テン場に陣取っていの一番に凍ったフライを干した。凍ったテントの中は寒いから・・・。
ちょっと干しただけで乾くわけではないが、氷をはたき落とすだけでずいぶんマシになる。
19:00の気温-3℃。

12IMGP7266_サイズ変更  12IMGP7268_サイズ変更
テン場をあとにする・・・広大な苗木畑               小さな子どもはみんなモコモコ

12IMGP7271_サイズ変更  12IMGP7273_サイズ変更
山東省に入った途端苗木畑がパタッと姿を消す          再び江蘇省へ

12IMGP7278_サイズ変更  12IMGP7280_サイズ変更
別の国に来てしまったかのようにひっそりしている        ちょっと小奇麗な酒店(宿)のレストラン

12IMGP7281_サイズ変更  12P1170297_サイズ変更
日が沈む・・・一日があっという間                  テン場にはまったく事欠かない
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment