FC2ブログ

いつの間にか江蘇省

2012/12/10 月
始:9:30 ~ 終:16:35 走行:68km
~ 大彭 ~ 徐州 ~ 大吴 ~ 鹿庄 ~ 206号と310号の分岐から4km先

晴れ。7:30の気温-11.5℃。寒気が和らいだようで、日中はそれほど寒くなかった。

出発して5kmほど走ったところで朝食に包子を食べる。
明らかに食の質が落ちた・・・。

知らぬ間に江蘇省に入っていた。
最初の大きな町である徐州は、G310の標示に従って市区の北側を迂回。徐州の手前15kmほどのところに料金所がある。
ここまで来ると、行き先には連雲港と標示されている。
市区を迂回できたのはよかったのだけれど、おかげで本屋が見当たらず、地図が手に入らなかった。
しばらく行くと、また例によっていつの間にかルートを外れていた。いくつか工事中のロータリーがあったから、そのうちの一つで外れてしまったのだと思う。
肝心なところに標示がないのはいつものことだ。最低限の標示だけでもしてもらえるとありがたいのだが・・・。

交通量が減り、どうやらルートを外したらしいと気付いたのだが、方角自体は合っているし、道もキレイなのでそのまま走ることにした。数キロ北をG310が並走しているはずだ。
そのまま自然に合流できることを期待するわけであるが、こういう場合キレイな道路が突然終わって行き止まりになる、というのが中国の常である。
北に向かう道を求めて右往左往。余計なところで時間を食う。
京杭運河を渡ってどうにかG310に合流。

15:00頃、超市で買い出しを済ませてから食事にした。
食の質が明らかに落ちている・・・。メニューも減った。
決して不味くはないけれど、これまでみたいに感動するほど旨くもない。
そう言えば河南省に入ってからだったか、料理に胡椒を多用するようになった。唐辛子ではなく胡椒の辛さ。何を頼んでもたいてい胡椒がつぶのまま大量に入っている。
地域によってずいぶん変わるものだ。日本を見てもそりゃそうなんだろうけど・・・。

水を5Lもらって食堂を出たのが16:00。この時季はもうテン場探しの時間である。
テン場を探しながら走り、G206との分岐から4kmほど来たところで道路脇の林の中に幕営した。
久々に道路に近くてちょっとうるさい。おまけに後ろに人家も並んでいるが、寝るだけなのでまぁよい。
埃にやられたか、昨日あたりから喉が痛い。今日も埃が酷かった。
19:00の気温-7℃。

経済成長が著しい中国であるが、どれほど経済発展しようと、この国が先進国となる日は100年経っても来ないだろうな。
大多数の人民とごく一部の富裕層との乖離が著しすぎる。
ボトムアップでしか改善し得ないのだろうけど、残念ながら人民の中からそういった動きは起こりそうにない。選挙もないしねぇ・・・。
人民は貧乏なりに今の生活で満足してしまっている、そんなふうに見える。

10IMGP7246_サイズ変更  10IMGP7247_サイズ変更
テン場をあとにする                          今日も埃が酷い

10IMGP7248_サイズ変更  10IMGP7249_サイズ変更
朝の包子・・・明らかに質が落ちた                 徐州の市区を迂回

10IMGP7253_サイズ変更  10P1170292_サイズ変更
料理に胡椒を多用するようになった                おなじみの道路脇の林の中
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment