FC2ブログ

李さんの失敗

2012/12/6 木

TVでは朝から、ウイグルと内モンゴルの大寒波と雪のニュースがやっていた。
大雪のため放牧生活者が2万人避難とか、今晩の気温は-42℃前後になるだろうとか、そんなニュース。
しかし-42℃ってのは・・・やっぱ内モンゴルや満州ってのは恐ろしく寒いんだな・・・。
ちなみに、「現在の気温は-32℃です」とかやっているけど、そんな中でも町中の映像には普通に自転車に乗っている人民の姿が映っていたりする。
心強いなぁ・・・中国ではどんな状況で自転車に乗っていようと、「変人」みたいな目で見られることがまったくないから気楽だ。

公安の昼休み明けの14:30過ぎに、パスポートを受け取りに行ってみた。
李さんと上司のかたが満面の笑みで迎えてくれた。既に準備は万端らしかった。
さっそく受け取りのサインをして受け取り。と、ここままではよかったのだけれど、ビザの内容を確認してみると、1月2日であるはずのビザの有効期限が2月2日となっていた。つまり60日間ももらえている。
李さんが気を利かせて60日もくれたのか?そんなに長く滞在するつもりはまったくないけれど・・・。
長い分には何の問題もないわけだから、そのまま黙って受け取っておけばよかったのだけれど、根が正直であるものだから、「2月2日?2月2日?」とついつい大声を出してしまった。
李さんが首をかしげる。どうやら単純に”JAN”と”FEB”を間違えただけらしい。ちょっとおっちょこちょいなところのある李さんであった。
国によっては、「今回はもうこのままでいいわ」となりそうであるが、このあたり中国は真面目である。
どうやら訂正が必要であるらしい。制度的に延長の期間は最大30日なのだろう。

日にちの変更なんてちょちょいとできるのだろうと思っていたのだが、さにあらず。申請し直して本局の承認が必要、といった流れであるようだ。
「ごめんなさい。明日、いや今日の17:00前にもう一度来ることができる?」
一般的に中国人は決して謝らないと言われるが、こういう場合は素直に謝ってくれる。そんな李さんの態度が好印象だった。
もともと今日出発する予定じゃないし、今回は日程的余裕もあるからまったく問題なし。

17:00前にもう一度公安へ行ってみたが、結局この日は処置が終わらなかった。
「明日の9:00過ぎには・・・」ということになった。
日にちを変えるだけのことにずいぶん面倒な手続きになるんだな・・・。
宿が公安の目の前で本当によかったわ。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment