FC2ブログ

休養の商丘

2012/12/4 火

朝の屋外は寒かった。体調が悪いせいもあるが、こんな中で野宿をしていることが信じられない。
宿は朝食つき。どちらかと言うと、従業員の朝食を一緒にいただいているといった風ではある。

TVのニュースを見ると、しばらく寒気が入っているようで、ウルムチなど西部や黒龍江省などの東北部では雪で大変なことになっているもよう。
安全な時季に無事に抜けられてよかった、とつくづく思った。映像を見る限り、今だったら凍死しかねない。

昨日、警官の一人が教えてくれたところによると、商丘というのは支那の商業・経済の発祥地であるらしい。いつ頃の人なのか不明であるが、有名な経済人だか商人がこの地から出たらしい。
だからということもなかろうが、商丘は酒泉なんかとは違って滞在するのに面白味に欠ける町である。市街地は特に。
妙に整然としていて生活感に欠け、近場に食堂の類もあまりない。

昼頃になって体調も回復し、ようやくシャワーを浴びられた。夕食もそこそこ食べられるようになった。

2012/12/5 水

他国でTVのニュースを見るのは興味深い。
中国で自国外のニュースというと、日本とアメリカのことが圧倒的に多い。日本の国会の様子とか、今なら衆院選の女性候補(中国では美女刺客(笑)となっている)のこととか、けっこう細かなニュースまでやっている。もちろん、中共に不都合なニュースは一切ないけれど。
アメリカのことについても、建造が計画されている新型原子力空母の性能がどうとか国防大学の教授が解説していたり、軍事関連のニュースが多いように思うけど、けっこうな時間を割いている。
なんだかんだ言って日本のことが気になって気になって仕方ないのだろうな・・・。
ちなみに、「お隣の国韓国では・・・」などと寝ぼけたことを言っている日本のTVと違って、かの国のことはあまり相手にしていないようである。

アメリカに対しては、なんだかんだ言って畏怖や憧れみたいなものがあるのだろうな・・・。
中国語でアメリカのことは「美国」と書く。音から来ているのだとは思うけれど、ずいぶんときれいな漢字を当てたものだ。

ニュース以外だと、中共をたたえる番組というのが必ずどこかのチャンネルでやっている。
それから抗日ドラマ・・・これも必ずどこかでやっている。最近では、えらく近代的な武器を持った共産党軍(年々グレードアップしているらしい)が日本軍と戦っていたりする。
今どき鵜呑みにしている人はそうそういないと思うが(そう信じたいが)、食堂のテレビで時どきやっていることがある。娯楽として楽しめるのかな、もしかして。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment