FC2ブログ

ほぼすべてのことが内で完結する国

2012/12/2 日
始:9:35 ~ 終:14:40 走行:46km
~ 民権県 ~ 柳河 ~ 孔集 ~ 謝集 ~ 商丘の手前10km

昨晩、結局雪には降られなかった。夜になって風もやみ、むしろ不気味な感じだった。
夜が明けても天気が悪い。すごく悪い。よくもまぁ毎日毎日、こう天気の悪い日が続くもんだ。
7:30の気温+1℃。気温こそ低くないものの今日も風が冷たく、タイツをはいて万全の態勢で出発。
風は東よりの南風で、時折り強い向かい風となる。

開封を出て以降妙に田舎で、テン場に困らないのはありがたいのだが、景色も通る集落もどうにもパッとしない。天気が悪いせいもあるかもしれないが・・・。
柳河で道路脇に包子屋を見つけ、早めの昼食にした。
一つの蒸篭に一口サイズの包子が15個乗っていて一人前。小豆粥と一緒にいただいて一人4元。安すぎる・・・。
いったいこれでどうやって生活しているのか・・・毎度毎度気になってしまう。

いけいけどんどんで開発している都市部とのギャップがすごい。
都市部でも食べものなんかは安いわけだけれど、そんなのと高層ビルのマンション、日本車や欧州車の高級車・・・どうしても結びつかない。どう見ても都市部の開発は大多数の人民とは無縁のものだ。

中国は非常に特殊な国である。
ほぼすべてのことが内で完結している。
食べものから様々な製品、そしてテレビ番組やCMまで、すべてが内で完結していて、外国の匂いがほとんど感じられない。
おそらく大多数の人民は外国のことなんて、いやそれ以前に国が広いから国内のことについてすら、満足に知らないであろう。
中国に入って以来、外国人らしき人間もほとんど見ない。最初に断っておくと、観光地のようなところには足を運んでいないし、大都市も素通りしているだけであるが、外国人らしき観光客もいなければ働いている人もいない。
中国から外に働きに行く人はたくさんいても、外から中国に働きに来る人ってのはまずいない。賃金が安すぎて働きに来る意味がないということなのだけれど、そういった点からも内で完結している特殊な国である。少なくともこれまで訪れた国の中にここまで内で完結している国はなかった。
中国語以外は片言の外国語も通じないから、旅をするのにあまりにハードルが高いというのも事実(文字になっていれば多少なりと意味を読み取れる日本人にとってはそうでもない)。ビザの関係が極めて面倒であるのも大きな障壁になっているのだと思われるが。

午後になって一段と天気が悪くなってきた。
商丘の手前10kmほどのところまで駒を進め、道路脇の疎林の中に早々に幕営。
商丘から目と鼻の先のところまで来てもえらく田舎で、この先に大きな町があるとはとても思えない雰囲気である。
果たして商丘でビザの延長なんてことができるのか・・・なんだか不安になってきた。
19:00の気温+4℃。

IMGP7224_サイズ変更  IMGP7225_サイズ変更
朝のテン場・・・今日も天気が悪い                  よくもこう毎日毎日曇るもんだ

IMGP7228_サイズ変更  IMGP7229_サイズ変更
オープンカフェです(背景は無視!)                商丘の手前10kmほどのところで行動を切る

P1170282_サイズ変更
この先に大きな町があるとはとても思えない雰囲気・・・
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment