FC2ブログ

陜西省に入る

2012/11/20 火
始:9:20 ~ 終:18:00 走行:100km
~ 三岔 ~ 拓石 ~ 東岔 ~ 東岔の先28km(坪頭ICの手前)

昨晩、結局雨は降らなかった(気温的に降るなら雨であったろう)。風もなく暖かい夜だった。濡れていたテントも一晩張っておいたらすっかり乾いた。
夜が明けてもどんより曇っている。嵐の前の静けさのようで気持ち悪い。7:30の気温+2℃。

快適だったテン場をあとにしてG310を東へ。
道路より低いテン場は風がなかったが、道路に上がったら東風が強かった。今日も向かい風の中の走行。
渭河の狭い谷がずっと続く。山裾の複雑な地形に沿ってアップダウンの道がうねうねと続いている。
左手には黄土色の渭河の流れ。高架上を走る鉄道を縫うようにして道が続く。山深いところだ。
ちなみに、高速のG30は南に連なる山塊の向こう側を走っている。

地図に出ていない小さな村々がいくつもある。渭河沿いの山村にはけっこうな人が住んでいる。
道はキレイで至極走りやすい。拓石のちょっと先に料金所があった。

東岔の2kmほど手前のところ。中国人と思われる二人組のサイクリストとすれ違った。
いやーいるんだねぇ。しかもこれから西へ向かうのか・・・。
こんな時季に同じことをやっている人に会うとなんだか嬉しくなる。

15:00過ぎに東岔で昼食兼夕食にありつく。
次長課長の河本に似たおっちゃんがとても親切な人だった。
二人とも腹ペコで、麻辣豆腐に豚肉とネギの炒め物、洗面器ほどもある巨大容器に入った海苔と玉子のスープ(おっちゃんのオススメだった)、それから大きな饅頭を10個も平らげた。
おっちゃんもビックリの食欲だ。

すっかり満腹になり、水を6Lもらって東岔をあとにする。河本のおっちゃんが店の外まで出て見送ってくれた。
東岔から数キロ走ると陜西省との省境。長らく走った甘粛省ともいよいよお別れだ。居心地のいいところだった。

陜西省に入っても依然として狭い谷が続く。
いったいどこまで続くのか・・・ひょっとして宝鶏までこの調子か?
狭い谷ではいつもテン場に苦労する。グレードを落としてもなかなかテン場が得られない。
東岔でG30と再び出合い、また並走するようになる。

結局、渭河の川岸の高台に幕営した。
横はすぐ上を高速のランプウェイが走り(真下はゴミ溜めになっている)、反対側は渭河の対岸を鉄道が走っている。なんという素敵なロケーション・・・。
21:00の気温+4.5℃。暖かい。
昨晩が特別暖かかったわけではなく、このあたりまで来るとこれが標準なのだろう。緯度の上ではもう大阪より南にいる。
もう気温をとる必要もないかな・・・。

IMGP7086_サイズ変更
このあたりは山深い

IMGP7090_サイズ変更
道は渭河沿い 山裾の複雑な地形に沿ってアップダウンの道がうねうねと続く

IMGP7092_サイズ変更  P1170238_サイズ変更
東岔で昼食兼夕食にありつく                    河本のおっちゃんの店

P1170239_サイズ変更
長かった甘粛省を脱する

P1170240_サイズ変更
テン場は渭河の川岸にある高台
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment