FC2ブログ

河西回廊 その18 (続)支那人というのは・・・

2012/11/18 日
始:9:30 ~ 終:18:00 走行:83km
~ 武山県 ~ 洛門 ~ 磐安 ~ 甘谷県 ~ 関子 ~ 関子の先4km

うす曇り、無風。昨晩は晴れていたのだが、夜が明けると雲がかかっていた。7:30の気温-6.5℃。
バリンバリンのテントをそのままたたんで出発。

もう大きな上りはあるまいと昨日書いたばかりだが、気を許すのはまだ早かったようだ。
この日は出だしと終わりが山岳ステージだった。まだまだ山深い地形である。
昨日は高速のトンネルのすぐ手前に幕営していた。高速はトンネルでも下道は九十九折りの山越え。出だしからいきなり体が温まる。

3kmほど上り、下ったところが武山県。
日曜だからか、今日はどこへ行っても子どもをたくさん見かける。どの町にも市が立っていてとても賑やかだった。
町中の包子屋に吸い込まれ朝食兼昼食。朝から包子を腹いっぱい食べた。
このところ朝晩によく食べているハチミツを入れて焼いたパン?(美味)をついでに露店で買い出し。

G316に入ってからパタと手に入らなくなってしまったものがある。
それまで毎日飲んでいたレッドブルのバッタもんのエナジードリンクと、ネスレの粉末のミルクティー(芋味のものが特に旨い)。
どんな小さな商店にも必ず置いてあったものなのだが、G316沿いはどの店にもない。道が変わって流通経路が変わってしまったのだろうか?

G316は古い道であるのか、やたらと狭い。名目上四軸以上の大型は通行禁止となっていて、実際に大型は少ない。
代わりに幅を利かせているのが三輪トラック。爆音を響かせて走り回っている。屋根のないオープンタイプのやつにヘルメットをかぶって二人並んで座っている姿は、どこかチキチキマシン猛レースを連想させる。
G316はまた、小さな村や町の中をよく通る。とても生活感のある(ありすぎる)道である。
ごみごみしていて走りにくいところもあるのだが、走っていて非常におもしろい。
多くの人民は日曜も関係なく働いている。本当によく働く。しかも皆さんとても楽しそうだ。
(いびつな経済発展はさておき)中国が発展するわけだわ、と素直に思う。

武山県から先はしばらく村や町が途切れない。
渭河沿いを走る道は狭くて舗装もあまりよくないが、下り基調で楽チンである。

石炭の採れる中国は、主力の燃料が石炭である。道路脇には石炭を売っている場所がよくある。
暖をとるストーブも石炭なら、包子も石炭で蒸している。三輪トラックが頻繁に石炭を運んでいる。

中国の坂は勾配が緩いとも昨日書いたばかりだが、甘谷県の先は本格的な山岳ステージだった。
高速はここもトンネルでサクッと抜けて川沿いをまっすぐ走っているが、下道は九十九折りの山越えになる。久々にパンチの効いた上りらしい上り。目いっぱいしごかれた。
このあたりも山の斜面は見渡す限り段々畑。上から眺めると、天空の城ラピュタを思い起こさせる見事な景色である。
支那人てすごいよなぁ・・・と単純に思う。これをろくに機械も使わず人力で造ってしまうのだから。
段々畑に限った話でなく、やることなすこととにかくスケールはデカイ(手加減というものがない)。そしてなんでも人力で成し遂げてしまうところに人間の可能性のようなものを感じる。
不可能なことなんてないんじゃないかな・・・と思えてくる。

15km、一時間半ちょっとでようやく上りが終わった。
下りに入ると、フロントのブレーキシューの終了したドーズから異音がしていたが、時間が遅いので交換は明日ということに。
下ったところが関子。17:00頃、食堂に寄って夕食にした。
寄ったところは四川料理の店。「四川」のほか「川菜」と看板を掲げているのが四川料理の店である。
焼き豚の入った辛いスープの刀削麺は激ウマだった。(名前や見た目と裏腹に)あっさりした牛肉麺と違って、スープにコクがある。麺も日本のラーメンに近い。
麻婆豆腐も激ウマだったし、炊き立てだったのか米飯もとても旨かった。四川料理最高!
いやー支那人てすごいよな。こういうものをものの数分でチャチャッと作っちゃうんだから。しかも、そんな刀削麺(大)がたったの7元だ。
店の人たちも実に感じがよかった。どの店もたいてい感じがいいのだけれど、今日の店は特にフレンドリーで、一緒に写真を撮ったりした。

水を6Lいただいて店をあとにする。最後は三人揃って外まで出て見送ってくれた。
すっかりいい時間になってしまった。急いでテン場探し。
関子は小さな町で、町を出ればテン場はすぐに見つかる状態。4kmほど走って道を外れ、高台にある草地に幕営した。
かつてこれほど楽にテン場の得られた国はあっただろうか・・・毎日労せず5☆のテン場である。
幕営後に足を洗う。夕方になるとすっかり曇ってしまった。食堂のおっちゃんも雨だか雪と言っていたし、もしかしたら天気が崩れるのかもしれない。念のため自転車にもカバーをかけた。21:00の気温-6℃。

IMGP7063_サイズ変更
武山県・・・横に見える赤いのは三輪タクシー(どの町でも目にする)

IMGP7064_サイズ変更  IMGP7069_サイズ変更
朝食兼昼食の包子                           しばらく村や町が途切れない

P1170225_サイズ変更
そしてまた段々畑・・・

P1170226_サイズ変更
どこか天空の城ラピュタを彷彿とさせませんか?

P1170227_サイズ変更
見える範囲の山がすべて段々畑という驚愕の事実 いったいいつからこうなんだろう?恐るべき人海戦術

P1170228_サイズ変更  P1170229_サイズ変更
この刀削麺は旨かった!            店の主人がいい味を醸し出していたが、実際調理していたのは奥さんです

P1170230_サイズ変更  P1170234_サイズ変更
最後は家族三人そろって見送ってくれた             今日も労せず5☆のテン場(翌朝撮影)
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment