FC2ブログ

河西回廊 その1

2012/10/30 火
始:9:00 ~ 終:17:20 走行:122km
~ 柳園 ~ 瓜州

無風快晴。7:00の気温-14℃。めちゃくちゃ寒い。日が出ないととても動けない。
ただ-14℃といっても極度に乾燥しているから、テントがバリンバリンになるわけではないし、自転車が真っ白なんてこともない。地面もカチンコチンに凍っているわけでなく、夏場と同じようにサラサラの砂。
なんだかちょっと調子が狂うが、日本やヨーロッパの-14℃に比べ精神的にだいぶ楽である。
恐ろしいのは今がまだ10月ってこと。いったい冬には何度くらいまで気温が下がるのだろう。

凍ってないからテントの撤収も楽チン。
テン場の近くに小さな池があったのだが、塩水であるらしく凍ってなかった。

気温が低く、今日はカッパの下に着込んでいる冬用のジャージを一日中脱げなかった。
日が出ても寒いわけであるが、日差し自体は強烈で、すごく日に焼ける。

高速に戻って緩いアップダウンを50kmほどこなし、低い山塊を越えたところが柳園。その10kmほど手前に料金所がある。
敦煌に向かうG215が柳園で分岐する。時間の都合で今回敦煌はパス。(あるかどうかわからないが)また次の機会にでも・・・。

分岐を過ぎて数キロのところに待望のパーキングがある。そう標識が伝えている。
が、喜び勇んで入ってみたら、立派な施設が建設中だった・・・。ガックリ。GSすらも建設中。
反対車線のパーキングものぞいてみたが、やはり建設中。力が抜けるなぁ・・・。

諦めて先を急ぐ。
柳園から先は下り基調のため快適である。快適なのはありがたいのだけれど、久々に食料危機。行動食がほとんどない。
おまけに水も・・・行動分はあるけど幕営用の水がない。
このあたりはウイグルより人がいない。ウイグルでは、おっ!こんなところに、という場所に小さな商店があったりしたのだが、このあたりにはホントに何もない。人の住んでいる形跡ゼロ。

15:00頃、すべての行動食を食べつくした。こんなの久しぶり。
ま、この際行動食はどうでもよかろう。水だけはなんとかしないと・・・と思いつつひたすらペダルを踏んで瓜州のパーキングに到着。
ここも建設中だった・・・が、その裏手に小さな食堂が一軒だけあり、そこで頼んで水を分けてもらった。ついでに食事をしたい衝動に駆られたが、日没が迫っているため泣く泣く見送って、その場で蒸したての饅頭(マントウ)だけいただいた。

パーキングの先にある瓜州の出口で高速を下りてテン場探し。
ここは珍しく、日本のように高速の出口のところに料金所があった。明日また高速に乗れるんだろうな・・・ちょっと不安になった。他に道なんてないんだから頼むぜよ。
料金所を抜けたところに果物を売っているおっちゃんがいた。明日の行動食用にリンゴとミカンを買う。

そのままS314を敦煌方面に少し走ってみたが、今ひとつパッとした場所がありそうにない。
ここまで誰もいなかったというのに、付近にけっこう人が住んでいたりする。唯一目にとまったのが、苗木と思われる整然と並んだ低木の木立ち。その中にアンテナ塔があった。
上から何か落下してきたらアウトなんだけど、仕方なくその真下に幕営した。

蘭州まであと950km。
敦煌は河西四郡の最西端に位置しており、古来漢族はそこから西を西域と呼んだ。今日でその西域を脱したことになる。
20:00の気温-3℃。

IMGP6849_サイズ変更  IMGP6856_サイズ変更
快晴! 寒いが日差しは強烈                    蘭州 1,035km

IMGP6857_サイズ変更
先は長い・・・

IMGP6861_サイズ変更  P1170128_サイズ変更
風車の翼を運ぶトラックの一団(よく見かける)        アンテナ塔の真下(何か落下してきたらアウト・・・)

P1170129_サイズ変更
全景はこんな感じ
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment