FC2ブログ

ケープタウン その1 ヨハネスブルグ経由ケープタウン

2010/2/16 火

ほぼ定刻通り0:00に香港をテイクオフ。
機体はB747。キャセイの機体は、シートのリクライニングがシートバックを倒すのではなく座面がスライドするタイプなので、足元が広くて非常に良い。
マニアックな話だが(航空機オタクなもんで)、エンジンもプラット&ホイットニーではなくロールス・ロイスだし、どことなくこだわりを感じる造りである。

香港と南アフリカの時差は-6時間。時計を6時間戻し、6:30にヨハネスブルグに降り立つ。
さて、南アフリカの空路での入国だが、出国のための航空券がないと入国できないという話を聞く(陸路ではそんなことはまったくないようだが)。少なくともケープタウンでは、その場で隣国行きの航空券を買わされたという話も聞いたことがある。
アフリカは陸路で移動する予定のため、自分らの次の航空券はマドリッド発である。

入国審査でどう説明しようか、ラウンドのチケットなんだからこれを提示してしぶとく説得するしかないだろう、などと考えつつドキドキしながらパスポートコントロールへ行くと、出国の航空券どころか何も聞かれないままあっさり入国できてしまった・・・。
入国カードも税関申告書も何もない。

税関で申告なしのグリーンの方を通過しようとしたら、抜き打ち検査にあった。係の兄ちゃんに脇に呼ばれる。

「何か食品は持ってないか?」
「持ってないけど」
兄ちゃんは簡単にザックをまさぐって、
「これは衣類か?」
「衣類と寝袋だよ」
「寝袋?どこかでキャンプするのか?」
「たぶんナミビアでキャンプすると思う」
「ナミビアか、そりゃナイスだな」

・・・終わりかよ!
特にザックを開ける必要もなく税関もあっさり通過。恐ろしいほどスムーズだった。
少なくともヨハネスブルグであれば、何の問題もなく片道航空券で入国可能なようだ。

さすがに国際空港では世界最悪の凶悪犯罪都市の片鱗をのぞかせることもなく、他の国の国際空港と何ら変わりはない。
乗り継ぎの時間が2時間しかなく、入国審査で手間取ったら乗り遅れそうで不安だったのだが、恐ろしいほどスムーズに30分以上前に国内線の出発ゲートまで漕ぎ着けることができた。


ヨハネスブルグ空港_サイズ変更
ヨハネスブルグ空港


ブリティッシュエアウェイズのB737も定刻通り8:30にテイクオフ、僅か2時間ほどのフライトでケープタウンに到着。
国内線のターミナルはとても小さく、両替えもATMもない。ターミナルの外に出ても何もない。
さてどうするか、と考えながらとりあえずタバコを吸っていると、タクシーの運ちゃんに声を掛けられる。
「南アフリカ・ランドを持ってないんだよ」と言うと、近くのATMに寄るから大丈夫だと太鼓判を押す。
CAT & MOOSEまで230R(2,760円)と言うので乗っていくことにした。


ケープ上空2_サイズ変更
ケープタウン上空


空港から市街までは120km/hでぶっ飛ばして30分弱。
CAT & MOOSEに部屋もとれた。ドミの小部屋で一泊225R(2,700円:トイレ、シャワー別)。
1Rは約12円であるから、南アフリカの物価はかなり高いことになる。
そんなわけで日本人のパッカーはCAT & MOOSEに集まる。CAT & MOOSEは有名な日本人宿なのである。
既に6人ほど日本人がいたが、さすがにアフリカくんだりまで来ているだけあって強者揃いである。
北から下ってきた人が多く、色々と情報をもらえて助かる。

やはりスーダンはVISAの取得に時間が掛かるらしい。特に南からスーダンを抜けるのは相当困難なようだ。
そうですかぁ・・・やはりエチオピアからイエメン経由でエジプトに飛ぶしかないかぁ。
格安航空券が存在するため、最近はこのルートを取る人が多い。
ムスリムの国であるスーダンは魅力的なんだけどなぁ・・・。


CAT&MOOSE外観_サイズ変更
CAT&MOOSE外観


CAT&MOOSE ドミの小部屋_サイズ変更
ドミの小部屋


スーパーの場所などを聞いて外に出てみる。
ケープタウンはヨーロッパの街のようである。白人がやたらと多く、ここはどこ?といった感じ。
坂道のある街の感じといい、空や空気の感じといい、どことなくプンタアレーナスやウシュアイアなどパタゴニアの街と似ているなと思ったが、宿で話した人はオーストラリアとそっくりだと言っていた。

物価が高く、とても外食などする気にならない。
宿には台所があり、調理用具も揃っているので、皆宿で自炊している。
早速自分らも今日から自炊生活である。


ケープの街並とテーブルマウンテン_サイズ変更
ケープタウンの街並とテーブルマウンテン


ケープの街並_サイズ変更
自分らの感覚だと、どことなくパタゴニアのプンタアレーナスと似た雰囲気


関連記事
スポンサーサイト



Comment 2

There are no comments yet.

ANI  

No title

はじめまして。
羨ましいと思いながらいつも楽しく拝読させて頂いています。
香港から南アフリカに無事到着されたようで、勝手にひと安心していました。

エチオピアまでは物騒な話をよく耳にしますが
お気をつけて、これからも良い旅を・・・!

2010/02/23 (Tue) 01:39

マユミ  

No title

ANIさん、はじめまして!コメントありがとうございます。
アフリカ大陸を北から旅してきた人たちから、いろいろと情報をもらって、危険を回避しつつ楽しく旅を続けて行きたいと思っています。
これからも見守ってくださいね!

2010/02/26 (Fri) 05:31

Leave a comment