FC2ブログ

シルクロードを東へ その6

2012/10/26 金
始:9:00 ~ 終:16:55 走行:86km
~ 二堡 ~ クムル(ハーミー)手前10kmほど

朝はどんより曇っていてなかなか明るくならなかった。気温2℃。気温自体が低いわけではないのだが、風が強くて寒い。
9:00近くになると晴れたが、昨日と同様空全体に薄い雲がかかっている。
ウルムチの先、トゥルパン盆地に入る手前で天山山脈を横切っていて、今は山脈の南側にいる。その北に見える天山の山々には朝から雪雲がかかっている。山は間違いなく雪だろう。

今日もほぼ一日中高速の上だった。冷たい向かい風の中を坦々と走る。
60kmほど走った二堡 に料金所があり、その手前に小さなパーキングがあった。屋台や出店があり、トイレもある。
まずは屋台で昼食。ここのところ、晩のご飯とラーメン以外に行動食しか食べていなかったから、久々の外食。インゲンと豚肉を炒めたものを食べたのだが、これがまた旨かった。
どこか懐かしい味だなぁと思ったこの味・・・そうか、こいつは焼き鳥のたれだ。いやーなかなか出せないよな、この味は。
やはり支那の人とは感性が近いのだなぁとしみじみ思った。隣の人間同士、本当は仲良くできればいいのだけれど・・・。
田舎のおっちゃんたちなんて日本人に対してまったくわだかまりがないんだけどね・・・でも、国対国ということになるとやはり話は別だろうな。中共が倒れれば・・・少しはマシになるのだろうが、明治期の人が書いたものなんかを読むと、やはりダメなものはダメそうだ。

焼き鳥のたれ味のこの炒め物、できればご飯と一緒に食べたかったのだが、あいにく米飯が切れていたので白皮面と一緒にいただいた。麺は麺で腰があって美味しいのだが、やっぱこの味はご飯と一緒に食べたかった・・・。

ここのパーキングは昨日のところと違って小さいし、料金所の手前にあるからほとんど寄る車がいない。あと40kmほどでハーミーであるし、バスなどまず寄らない。したがってとても空いている=落ち着いてトイレの水道を使える。
そんなわけで落ち着いて足を洗い、履いていた靴下も洗濯。トイレの水道で生活用の水を汲み、出店で行動食を買い足す。
完全に高速に寄生している・・・。

料金所をスルーして10kmも走ると道が二俣になる。そこをハーミーの表示に従って走ると、自然に高速を下りた。
出たところは相変らずのG312。道はこのままハーミーまで続いていそうである。
時間的にハーミーが中途半端なところにあるので、今日はハーミーの手前で切るつもり。

高速を下りて辺りを見回すと、一面畑。道行く人や車も増えた。こりゃテン場が探しにくい予感。
テン場を探す上で厄介なのは大きな町の近くと、一面畑という場所である。
ハーミーの手前10kmほどのところ、そろそろ限界。
脇道に入ってテン場を探すが、一面の畑。行き止まりのところまで行ってようやく、何も植えられていない場所に出た。
通路を一番奥まで入って幕営。20:00の気温-1℃。

毎晩食べている中国の袋麺(どれも日本メーカの息がかかっているらしい)、どれを食べても辛くて旨い。
油っこくないし、白米と実によく合う。ラーメンのスープだけでご飯がいくらでも食べられてしまう。薫製玉子と長ネギを入れて食べるのが今のマイブームだ。
この辛いという味の文化は、不思議と日本には伝わらなかったようである。もしくは定着しなかっただけかもしれないが。
日本にはしょっぱいものはあっても、辛いものというのは基本的にない。
ちなみに、あれだけ辛いものがあるということは、朝鮮半島には伝わったんだろうね。

IMGP6791_サイズ変更  IMGP6793_サイズ変更
今日も無視して突入                          冷たい向かい風の中を坦々と走る

IMGP6795_サイズ変更  IMGP6796_サイズ変更
料金所手前の小さなパーキング                めちゃくちゃ旨かった・・・願わくばご飯と一緒に食べたい

P1170116_サイズ変更
畑の最奥に幕営
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment