FC2ブログ

アルマトゥ脱出

2012/9/27 木
始:11:40 ~ 終:18:10 走行:72km
Алматы ~ Байтерек ~ Ават ~ Балтабайの4km先

朝になっても予想通りまだ停電中。明日復旧すると昨日は言っていたが、おそらく復旧するのは夜になってからだろう。結局バッテリー類は充電できなかった。
チェックアウトのときパスポートを返してもらおうとしたら、「部屋をチェックした後で返す」と言われた。
これには笑った。こんな場末の宿でいったい何をチェックしようというのだ。丸一日電気も使えなかったくせに・・・むしろ宿代をまけてくれと言いたい。
しかも、チェックに行ったおばちゃんに部屋に忘れたタバコとライターを危うくねこばばされるところだった。こちらで忘れたことに気付いて申し出たから返してくれたけど、言わなかったらねこばばする気だっただろ・・・。

11:30過ぎに宿を出て、A2を東へ。朝からポカポカ陽気で暖かい。
先日も書いたとおり、A2は車が多く危険な道である。道は平坦だが見晴らしがいいわけではなく、危険で不快なだけのちょっと退屈な道。
18kmほど走るとようやくアルマトゥから脱出。が、交通量は依然として多い。
45km走ってАватのあたりまで来てようやく車が減り(それでも多いのだが)、落ち着いて走れるようになる。
昨日買い出しを済ませておいたから、今日は買い出しの必要もない。途中のGSで水だけ汲ませてもらった。

Балтабайを過ぎて川を渡ったところでいったんA2を外れ、川岸の木の茂る平坦地に幕営。
宿代が高く安宿の類もほとんどないカザフスタンであるが、こと野宿に関してはパラダイス。平坦地だらけだし、人も少ない。木もそれなりに生えているから、どこでもほぼ気の向いたところで幕営可能。この日もだいたいの場所に目星をつけた後、どこにテントを張ろうか迷うほどだった。

IMGP6372_サイズ変更  P1160866_サイズ変更
アルマトゥ脱出                            町さえ抜ければパラダイス
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment