FC2ブログ

さらばキルギス、こんにちはカザフスタン

2012/9/21 金
始:11:15 ~ 終:18:30 走行:50km
Bishkek ~ Alamudun ~ Leninskoe ~ 国境 ~ Korday ~ Yrgayty川を渡った先15km

朝食後にネットをチェックすると、三万円が入金されていた。奇跡!
半ば諦めていたお金が出金されてから二日後に戻ってきた。嬉しい、と共にホッとした。おかげで気持ちよくビシュケクを発つことができる。
ユーヘイ君とタイラ君に見送られて出発。久しぶりで自転車がふらつく・・・。

5kmも走るとビシュケクを出た。さらに2kmほど走ったところ・・・また心臓が止まるような出来事が起こった。
コントロールを失った車が、スキール音を響かせながら前方から突っ込んできた。
中央分離帯のない片側二車線の道路。道幅は狭く、もちろん路側帯などあろう筈もない。この時点で既に道路の造り方が間違っていると思うけど・・・。

対向車線を走ってきたオデッセイが、前の車を抜こうとして急ハンドルでも切ったのか、コントロールを失ってのたうちまわりながらこちらに向かってくる。一瞬心臓が止まった。
ちなみに、高性能な日本車だけれど、キルギスで走っているものの多くがタイヤは怪しい中国メーカのもの。世にも恐ろしい車がかっ飛んでいるわけである。
幸いにも次の瞬間、車が逆側へ飛んでいき、右へ左へのたうちまわりながら自分らの横を通り過ぎていった。なおもスキール音を響かせながらのたうちまわり続ける。運よく対向車と衝突することもなく、最終的には道路脇の立ち木にかなりの速度で側面から激突。土煙を上げて止まった。

乗っていた人がどうなったかは知らないが(たぶん命を落としてはいまい)、車は間違いなく廃車だろう。
ホッとした後で、いい気味だという気持ちが湧いてきた。誰も巻き込まない単独自爆事故である限り、いい気味だ。むしろ駐車してあった高そうなレクサスにでも突っ込んでしまえばよかったのに、とさえ思った。バカは死んでも治らないだろうが、灸をすえることくらいにはなろう。こういう輩は痛い目を見ないとわからないのだ。
最後の最後に、まさに自分たちのキルギスの印象を総括するような出来事だった。
この国は本当に危険だ。もしあの速度で自転車に突っ込まれていたら、間違いなく命はなかったろう。

キルギスに入って以来、他にも何度か事故を目撃していた。
国境までもう残り僅か10km。どうか何事もなく無事にこの国から出られますように・・・八百万の神に祈りながら走った。いや、冗談抜きで。

国境に近づくと車が減った。越境する車は少ないようである。
宿から国境まで18kmほど。無事国境に着いた時は助かったと思った。いや、大袈裟でなく。
キルギス側、カザフスタン側とも手続きはスムーズ。共に荷物検査もなし。
カザフスタンの入国カードにはやはりスタンプが一つしか押されない。滞在登録が済んでいないということだ。身振り手振りで係官に訊いてみると、空港では二つ押されるが陸路国境では一つしか押さない、ということだった。

国境を越えるとすぐコルダイの町。カザフスタンはよりいっそうロシア色が強く、ここはもう完全にロシアといった風である。
先日ヤマダさんから、コルダイでもレギが取れるという話を聞いていた。確かビザを取るとき訊いたら、大使館でもそんなことを言っていたような気がする。
ドルを両替えしてからオヴィールを探す。オヴィールと言っても誰もわからないのだけれど、レギストラーツィヤと言えば通じる。
教えてもらった場所に行ってみたら、ちょうど昼休み中だった。が、既に外で人が待っている。そのおばちゃんに訊いてみたところ、どうやらレギはここで取れるらしい。
午後の営業時間までまだ一時間ほどある。その間にカフェで昼食をとることにした。

キルギスから来たせいでカザフスタンが至極まっとうな国に見える。おそらくキルギスから来れば、どの国でもまともな国に見えることだろう。車の運転一つとっても、キルギスに比べればマイルド。バカみたいにホーンを鳴らしまくっていることもない。
カフェで食べたラグマンも美味しかった。が、聞いていた通りの物価の高さにちょっとビックリ。ビックリだけど質が伴っているからまだ納得できる。
カザフスタンの通貨はテンゲ(KZT)で、レートは$1=150KZTといったところ。

15:00過ぎにオヴィールへ戻った。
意外にもそこそこ人がいる。もちろんツーリストなど皆無だが、皆さん何かの手続きをしに来ている。中には自分らと同じようにレギを取りに来ている人もいた。
昼休みは終わって業務時間になっているはず。窓口の向こうにも確かに職員がいるし・・・が、人はいるけど何も仕事をしていない。仲間同士でくっちゃべっているだけ。
いったい今は何をしている時間なの?なんで来た人全員待たされてるの?
ロシア語がわからないためまったく状況がつかめないが、そっちのイスに座って待てと言うのでそうしている。
一時間経過・・・何の進展もなし。誰一人窓口で手続きを終えた人はいない。
このままここで待っていて本当に手続きができるのだろうか?アルマトゥへ行ってしまったほうがいいのではなかろうか?
だんだん待っているのが無駄に思えてきた。
ツーリストであることをアピールし、本当に今日ここで手続きできるのか窓口で訊いてみる。
すると、「ボスがいない」というようなことを言っている。さらに、「そっちの部屋に入って訊いてみてくれ」というようなことも。
言われたとおり別室に入り、デスクに座っていた女性に尋ねる。何を言われているのかサッパリわからなかったが、女性はどこかに電話して確認してくれた。
その結果、「タラスに行け」と言われた。どうやらここでは手続きができないらしい。いや、たぶん制度上はここでもできるのであろうが、慣れてないからできない、そんなところだと思う。
タラスというのはこれから向かう方向とまったくの逆方向にある。いやーそれならそうと、最初からここでは手続きできないと言ってくれたほうがむしろありがたいのだけれど・・・。どうしてそっちで待てとかって話になるんだか。時間を無駄にしただけではないか。

結局、レギはアルマトゥで取ることにした。
気を取り直してアルマトゥへ向かう。時間は既に16:00を回っていた。
途中から舗装の状態が悪くなる。車は多くないけど皆飛ばしていて、道が狭いから少々怖い。ま、それでもキルギスに比べればずいぶんマシだけど・・・。
自転車一台分の路側帯があるのがせめてもの救い。

カザフスタンは大きな国であるが、人口は少ない。人口密度は6~7人/km2といったところ。しかも都市部に人口が集中しているから、田舎では町を出るとほとんど人が住んでいない。
これはどういうことかというと、極めて野宿のしやすい国ということである。ただし、草原ばかりで身を隠せるようなところがあまりない。
水は水道水が普通に飲めるようである。GSで水がもらえるというのは至極楽チンだ。

道路から少し下ったところにある川の畔に幕営。道路からはまったく見えない場所だから、落ち着いてキャンプできる。
今日は朝から一日涼しかった。長袖で走ってもいいのではないかと思えるくらい。
すっかり秋である。

IMGP6316_サイズ変更  IMGP6318_サイズ変更
ビシュケクをあとにする                       助かった・・・

IMGP6319_サイズ変更  IMGP6321_サイズ変更
カザフスタン入国                          値段にビックリだけど質が伴っている

IMGP6326_サイズ変更  P1160855_サイズ変更
自転車一台分の路側帯がせめてもの救い            カザフ初日のテン場・・・野宿天国
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment