FC2ブログ

遊牧民の土地 その2 タルドゥク峠(3,615m)越え

2012/8/23 木
始:9:20 ~ 終:17:45 走行:68km
~ Sary-Tash ~ Ak-Bosogo ~ Ak-Bosogoの先15km

今日もレーニンは雲の中。結局全貌を拝むことはできなかった。
昨日地道に補修したスタンドを取り付け直して出発。

今走っているところは、パミール高原とアライ山脈の間を流れるクズル・スー川沿いの広い谷。キルギスでチョン・アライと呼ばれている地域である。
景色が素晴らしい。ちょっとビックリするような景色が広がっている。なんだか心が洗われるようだ。
平坦なところからなだらかな山の斜面まで淡い緑で覆われていて、ところどころに牛や羊が放牧されている。だだっ広くて距離感が狂う。
キルギスに入ってから馬をよく見かけるようになった。ロバもたくさんいるが、馬がグッと増えた。やっぱ遊牧民は馬じゃなきゃいかんよな・・・ロバじゃまったく様にならない。と言っても、この辺りの人たちは遊牧をしているわけではなく定住していそうであるが・・・。

カラムクからサリタシへ至るこのルートは、キジルアルト峠の国境が開いていれば普通は通らないルートである。が、実に素晴らしい道だ。たまたまではあるが走れてよかったと心底思う。

キジルアルト峠に向かう道を右に見送ってサリタシに入った。標高3,100mほど。
サリタシで進路を北に変え、アライ山脈に突入する。ひとまず目指すのはタルドゥク峠(3,615m)。
サリタシでNuraへの道も分岐する。ここまで走ってきた東の方角へ70kmちょっと行けばNura。Nuraからイルケシュタムの国境まではすぐで、その先はウイグルだ。カシュガルからキルギスへ抜ける場合はこの道を通る。

峠越えの前に粗末なカフェ?で腹ごしらえ。近くで行動食を買い足し、水も補充。
準備万端。いざ、タルドゥク峠へ。
峠への上りは最大で8%ほどの勾配であるが、久しぶりに標高のあるところということで少々息が切れる。
自転車と同じくらいの速度でしか坂を上れないトラックがつかず離れずで走っていて鬱陶しい。

いったん下って上り返した先はダウンヒル。一気に2,700mほどまで下る。峠を越えた先は雲ひとつない快晴だった。
道路脇の草地に時どきヤクがいる。ヤクを見るのは久しぶりで、異様に大きく見える。ヤクってこんなに大きかったっけ?バッファローにしか見えず、とても近づける雰囲気ではない。
下りの途中で反対方向に上ってきたバイカーと会った。スロヴェニア人のバイカーだった。これからウイグル経由でパキスタンへ行くということであったが、ということは中国のビザもパキスタンのビザも持っているということか・・・羨ましい。

2,700mほどまで下ると風が強くなった。今度は向かい風。川の流れとは逆方向の風が吹いている。時間帯によるのだろうか?
毎日15:00頃になると風が強くなる。夜になるとピタッとやむ。
2,700mから下も緩い下りが続くのだが、風に阻まれて漕がなきゃ進まない。えらく損した気分になる。

Ak-Bosogoに入ると、冷たい水が豊富に出ていた。これまで水場があれば喜んで頭を洗ったりシャツを洗ったりしていたのだけれど、寒くてそんな気がおこらなくなった。
Ak-Bosogoから15kmほど、ちょっとした上り返しの先が格好のテン場になっていた。少々早いが心が折れる。こんな素敵な場所で幕営しない手はない。
峠越えでやや疲れていたし、今向かい風の中を漕ぐより明日風のない中を下ったほうが効率もよい。自分たちの中でそんな言い訳をして早めに幕営。のんびりした。標高2,550mほど。
プロトレックの電池がなくなりそう。最新のソーラーのやつが欲しい今日この頃。

IMGP5897_サイズ変更
道路の右手がパミール高原、左に連なっているのはアライ山脈

IMGP5899_サイズ変更  IMGP5912_サイズ変更
キルギスに入って馬がグッと増えた               もちろんロバもいる

P1160769_サイズ変更
だだっ広くて距離感が狂う

P1160771_サイズ変更
なんだか心が洗われるようだ・・・

IMGP5907_サイズ変更  P1160772_サイズ変更
たまたまだけど走れてよかった                  サリタシで道が分岐する

IMGP5919_サイズ変更
ここからアライ山脈に突入 ひとまず目指すはタルドゥク峠(3,615m)

IMGP5926_サイズ変更  P1160773_サイズ変更
久々に標高のあるところってことで少々息が切れる

IMGP5932_サイズ変更
いったん下る 山に吸い込まれそうだ・・・

IMGP5936_サイズ変更  IMGP5937_サイズ変更
峠で何を思ふ                            ここからは下り

IMGP5939_サイズ変更  IMGP5941_サイズ変更
一気に下る

P1160777_サイズ変更  P1160776_サイズ変更
ヤクのいる風景                           ヤクってこんなにデカかったっけ?

IMGP5949_サイズ変更  IMGP5950_サイズ変更
水場に集まってきた子どもたち

P1160780_サイズ変更  IMGP5965_サイズ変更
絵に描いたような山襞                       峠のこちら側は快晴

P1160783_サイズ変更
こんな素敵な場所で幕営しない手はない
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment