FC2ブログ

ドゥシャンベの日々(渡辺君の思い出) その2

2012/8/14 火

朝食は毎朝バザールにナーンを買いに行き、宿に戻って外のテーブルで食べる。スメタナをつけて食べると旨い。
バザールに行くたびアイスを食べるのも定番。このあたりの安いアイスは潔くて、紙やビニールでラップされておらず、そのまま食べられる状態で冷凍庫の中に入って売られている。
ビザ取りがあったりするので、他の人もみんな朝は早い。

エリコちゃんの発案でシェア飯をすることになり、昼頃バザールへ買い出しに出かけた。
昼は毎日バザールの食堂でプロフを食べている。安く上げようとすると他に選択肢はない。油ギトギトのプロフだけれど、まぁまぁ美味しい。マユミの体調はだいぶ回復したが、まだこの油ギトギトのプロフは食べられない。

夕飯はカレーのシェア飯。料理をしたのは主にマユミと渡辺君、それから今日やって来たシモさん。シモさんもいろいろと引出しの多いおもしろい人だ。
渡辺君は米炊きにこだわりがある。火にかけるのは25分、蒸らしに30分。蒸らすときは逆さまにするという徹底っぷり。
自分らは、普段テントで炊くときはかなりいい加減である。吹きこぼれると面倒なので、火力調節のできるドラゴンフライやガスで炊くときは常に弱火。火力調節のできない、常に全開状態のウィスパーライトで炊くときは、いったん火から下ろしたり、途中で水を足したり。それでも米炊きに失敗した記憶はない。
標高の高いところで炊くことが多いわけだが、水を多めにすることが最大のコツであるような気がする。

「そういうことってないですか?」というのが渡辺君の口癖だった。
彼の言う”そういうこと”っていうのが、普通の人にはまずなかろうということなので聞いていて非常におもしろい。隕石を探しに行くとか、ヤクの頭骨を見つけて日本に持ち帰るとか、そういうこと。

「日本に帰ったらどうするの?」
ふとそんな話をした。長旅をしている人の中で明確な答えを持っている人はそういない。五里霧中、正直なところ自分らも未定だ。
行きたいところを好きなように旅している。見たいものを見、食べたいものを食べ、毎日が日曜日。やりたいことを好き勝手にやっている。自分の考えでやっているわけで、もちろん誰からも文句を言われる筋合いはないのだけれど、心のどこかに罪悪感のようなものもあったりする。世のため人のためになるようなことは何一つやっていないからだ。
それは言わば何の生産性もないこと。単なる自己満足の世界だ。
よく旅に理由や目的をつけたがる人がいる。明確に何かを勉強するために、とか中には理由や目的のある旅をしている人もいるだろう。が、ほとんどの場合、特に年単位の長旅となると、本当のところは自己満足以外の何者でもないのではないか。
「自分探しのため」とか「自分が何をしたいかみつけるため」とかいうのも見かける。ズバリ言わせてもらうと、みつからないだろうね。旅をしているだけでそんなものみつかるわけがない。

渡辺君の答えは明快だった。
「自分は一生このままのスタイルでいきたいですね」
日本で仕事をしてお金を稼ぎ、それを資金に行きたいところを旅する。そんな生活を一生続けたい、いや一生続けるつもりだということ。
一点の曇りもなく、その考えは突き抜けていた。
衝撃だった。そこまでハッキリ言い切る人にこれまで会ったことがなかった。
そんなことをおぼろげに思ってみても、どこか自信がなかった。非現実的なことのようにしか思えなかった。
何かで頭を叩かれたような衝撃。一回りほども年下の渡辺君にすごいアドバイスをもらったような気がする。

いつもの年は冬の間、白馬あたりのスキー場で働いている渡辺君。
「だったら今度うちに遊びにおいでよ。今回も三月には帰ってると思うからさ」と誘うと、
「いいんですか。絶対行きますから」と目を輝かせていた。
渡辺君はテレマーカーだ。きっとスキーも相当うまいに違いない。山で一緒に滑るのが楽しみだった。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment