FC2ブログ

再びのテヘラン

2012/6/24 日

くもりのち晴れ。
バスは7:20にテヘランの南ターミナルに着いた。読みどおり。いや、何時に到着予定なのか知らなかったから・・・。
今日はウズベキスタンとタジキスタンのビザを受け取れる日。そのまま即行動に移る。
まずはターミナルの近くでタクシー探し。どの車も20万Rの言い値。申し合わせでもあるのだろうか・・・。
そこへ15万Rで行ってくれるという運ちゃんが現れたのだけれど、ついていくと乗り込む前に別の運ちゃんが来て、運ちゃん同士で口論となった。縄張りがあるのかもしれない。自分らとすれば15万Rで行ってくれるのなら別にどちらの運ちゃんでも構わない。

結局、後から来た運ちゃんの車で行くことになった。今日は道が空いていていやにスムーズだ。運ちゃんの勘もよく、40分ほどでウズベキスタン大使館に到着。8:25であったが、すでに先客が三人もいた。
のんびり待っていると9:00前に職員のおばちゃんが出勤してきて、9:15頃から業務が始まった。
ようやく自分らの番。門の中に入っておばちゃんにパスポートを渡し、暫し待つ。そこに後から夫婦がやって来て、何故だか建屋の中に入っていった。なんだ、なんだ?予約客か?(そんなのあるのか?)おかげで自分らはやたらと待たされた。
10:20過ぎ、やっとのことでビザ受領。ビザ代の15ドルはその場で現金払い。

さて次。急ぎコピー屋へ。
いつ行っても誰もいなかったコピー屋に今日は二人も客がいて、そのうちの一人が大量コピー中。他に近くにコピー屋はなく、気長に待つ。
ウズベキスタンのビザのページをコピーして、大急ぎでタクシーを拾う。トルクメニスタン大使館まで、歩いていたのではとても間に合わない。
何故だか途中で降りるよう言われ、別のタクシーを拾う。道が混んでいてハラハラする。

どうにか11:00までに間に合ったが、相変らず混んでいる。学生たちとエージェントが窓口を塞いでいる状態。
20分くらい待った後にエージェントの間からパスポートを差し出し、ようやく職員と話せた(英語は片言しか通じない)。
何故だかパスポートとビザのページ、それぞれのコピーしか受け取らない。申請書も要らないという。すごく不安な対応だ。
「マシュハドで受け取れる」とだけボソッと言う。
いざマシュハドまで走った後でビザが取れていなかった、なんてことになるといろいろ面倒。よって、数日待ってビザが出るのならテヘランで受け取りたいと思っていた。
その旨伝えると、「四、五日かかる」という話。四日か五日、どちらなんでしょ?
「たぶん木曜日」ということだった。”たぶん”・・・どこまで信用できるのか。非常に不安なんだけど、今日のところはこれ以上どうしようもない。あまりに混んでいて、職員と落ち着いて話をすることすらできないのだ。
ちなみに、ダメ元で10日くらいもらえないのか聞いてみたのだが、トランジットでもらえるのはやはり5日だけ。この点だけはキッパリしていた。

さらに次。急ぎタクシーでタジキスタン大使館へ。
11:30に到着。が、通常12:00まで開いているはずの大使館が閉まっていた。待っている人も他にいない。なんで???
警備員が呼んでくれた中の職員によると、ホリデーという話。どうやらタジキスタンの祝日であるらしい。
「明日来い、バイバイ」と言うだけでまともに取り合ってもらえない。ずいぶん偉そうな態度だな・・・。
バダフシャーンのパーミットもここでもらえるのか訊いてみたら、もらえると言う。本当か?あまり当てにならない。
いずれにせよ今日のところは万事休す。明日出直すことにした。

ドッと疲れた。
近くでハミドさんに電話しようとしたのだが、何故だか公衆電話が使えない。ハミドさんにカードを借りていたのだけれど、カードの種類が違うのだろうか?
またも近所の商店で電話を借りる。仕事中のハミドさんとつながって、今から帰る旨伝えた。店の主人はとても感じがよく、電話代を払おうとしたのだけれど、気にするなと受け取らなかった。
隣のバーガー屋で昼食を済ませ、タクシーを拾って帰る。ハミドさんちまで17万R。タクシー代が嵩む。あと何回往復すればいいのだろ・・・。

14:00に帰ってきた。ハミドファミリーと久々の対面。
新たにプレステが導入されていて、モハンマド・マフティはゲームに夢中。チャイをいただき、みんなと一緒に昼食。外で済ませてきたのだけれど、美味しいのでついつい食べられてしまう。
15:30からみんなと三時間ほど昼寝。目覚めるとハミドさんが仕事から帰ってきていた。
19:00頃ハミドさんと一緒にパーキングに出かけ、自転車の無事を確認。ハミドさんも常に気にかけてくれていたようだ。そのままもうしばらく置かせてもらう。

夕食をいただいてから、ハミドさんの携帯を借りてファルフードに電話してみた。
ファルフードは目下日本ビザを取ろうとしていて、一緒にテヘランの日本大使館に行ってもらえないかと言われていたのだ。
電話のファルフードは相変らずのハイテンション。埒が明かないのでファヒメに代わってもらう。
無事に日本のジュンコさんから旅程表が届いたらしい。火曜か水曜なら一緒に日本大使館に行けると伝えた。

スイカをいただきながらあれこれお喋り。
「タクシーで大使館まで行ってたんじゃお金が大変でしょ」「最寄り駅までタクシーで行って、そこからメトロを使えば安く行けるよ」
ハミドさんが素晴らしいアドバイスをくれた。明日からその手でいこう。

今日もフル稼働で何気に疲れた。1:30にお休みなさい。

P1160006_サイズ変更  P1160012_サイズ変更
ハミドさんちのある路地 祭りでもあるのか?         家族と一週間ぶりに再会
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment