FC2ブログ

バンコクにて その3

2009/10/26 月

今日は宿の前の屋台で朝食を食べてから、水上バスと地下鉄を乗り継いでインド大使館までVISAの申請に行ってきた。
大使館なんてとこに行くのは生まれて初めて。日本でも行ったことがない。


朝 宿の前の屋台にて 犬はどいつもおとなしくてかわいい_サイズ変更
朝、宿の前の屋台にて・・・犬はどいつもおとなしくてかわいい


セキュリティチェックを受けて大使館の中に入ると、けっこうな人が椅子に座って順番待ちしている。
窓口でVISAの申請をしたい旨問い合わせると、どうやら別の建物でやってるらしい。さすがに英語が補助公用語のインド、しゃべるのがめちゃくちゃ早くて聞き取るのが大変!
地図をくれたので、地図を頼りにVISA申請センターに向かう。途中で暑さに負けてバイクタクシーを拾った。

VISA申請センターは、入り口にGLASHAUSと書いてある近代的なビルの15階。
フロアの受付で用件を告げ、氏名と用件を記帳して申請フォームをもらい、ボディチェックを受けて中に入る。けっこうな人が申請に来ている。
フォームに記入して写真2枚を貼り付け、中にあるコピー機でパスポートのコピーを2枚取ってからチェックの人に見せる。(持参したコピーはA4サイズじゃなかったため使えなかった。)チェックがOKなら受付で整理番号をもらえる。

20人待ちくらいだったが、整然と流れるので30分くらいで順番が来た。あまり細かなチェックはしないみたい。順番が来ると、放送で何番窓口に行くのか教えてくれる。
窓口でツーリストVISAで間違いないか確認され、10/30の16:00~17:00に取得できると言われた。別の窓口で二人分の料金1555B(4043円)(内訳は、VISA Fee:360B(936円) x 2、Referral Fee:400B(1040円) x 2、DD Chage:35B(91円))を払う。
もう一度最初の窓口に戻り、Service Chargeとしてさらに964B(2506円)払う。
通常はこのままパスポートを預けてしまうようで、30日の16:00~17:00に受け取り可能と言われた。自分たちはその間にカンボジアのVISAも取得しときたいので、返してもらえないか頼んでみると、返却は可能だがその代わり30日の午前中に忘れずにパスポートを預けに来てくれとのこと。30日に二度来るのは面倒だが致し方ない。

これでインドVISAの申請は終了。
全体としてセンターは整然としていて好印象。わからないことも親切に教えてくれる。もっと雑然としてるのかと思っていたが、そうじゃなくてよかった。アンケートには全てexcellentと答えておいた。

地下鉄で水上バス乗り場まで戻り、屋台で買い食いしてからカオサンに戻る。
帰りに乗ったのはたまたま急行の(主にツーリスト向けの)水上バスで、料金は一人18B(47円)だった。各駅や準急より5B高いが、その分船が一回り大きく、ガイド付きだった。


巨大なチャオ・プラヤー川2_サイズ変更
巨大なチャオ・プラヤー川


カオサンロード この日はいつもより換算としていた_サイズ変更
おなじみのカオサンロード・・・この日はいつもより閑散としていた


カンボジアVISAの取得代行を頼むため、先日の旅行会社に行く。
こちらはパスポートと写真2枚を預けて即終了!こりゃ楽チン!料金は一人850B(2210円)で、三日で取得できる。29日の18:00に受け取り可能だ。
シェムリアップ行きのバスについて聞いてみると、朝出る普通のやつが一人500B(1300円)らしい。VIPバスだと倍の1000B(2600円)。10時間以上の長旅になるので、どっちにするかのんびり考えよう。いずれにしても、今週はバンコクに足止めだ~。


関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment