FC2ブログ

オフリド出発

2012/3/13 火
始:11:00 ~ 終:16:00 走行:43km
Ohrid ~ Leskoec ~ Kosel ~ Sviništa ~ Izbišta ~ Resen

晴れ。空気は冷たく春はまだまだ先といった感じであるが、日は延びたし、これからは徐々に暖かくなってくるはずなので、気分的に楽である。
アレクサンダーに見送られ、ひと月以上滞在したオフリドをあとにする。

アレクサンダーに教わった道でM5に出てBitola方面へ走ると、Leskoecのあたりから上りになる。
マケドニアもブルガリアも山がちな国で、まずはブルガリアに入るまでがけっこうな山越えになる。
アレクサンダーがアドバイスしてくれた通り、今日は一つ目の峠を越え、Resenの先に幕営するつもり。

手持ちの道路地図には標高とか等高線といったものが表記されていないから、これから越える峠の標高がどのくらいなのかわからない。
ゴールの標高を知らずに上るというのも辛いものがある。ちなみに、オフリドの標高が700mくらいである。

ひと月ぶりの上りはめちゃくちゃ辛かった・・・いや、決して上りが急なのではなく、体が完全になまってしまっている。
勾配はせいぜい5~6%しかないと思うのだけれど、とにかくキツイ。一ヶ月もの間まともに体を動かしてなかったツケがまわってきた。

標高が1,000m近くになると、だいぶ雪が残っている。
Буково峠の標高は1,190mだった。
峠からResenまでは下りである。上ってきた道路はキレイだったのだけれど、峠を越えて下りに入った途端、ひび割れだらけでガッタガタになった。軽快なはずのダウンヒルが・・・なんだかすごく損した気分だ。上りと下りが逆だったらよかったのに・・・。

Resenで食料の買い出し。Resenは標高900mほどで、まだかなり雪が残っていた。
基本的にはテン場はいたるところにあるのだけれど、雪が残っているために選択肢が限られる。地面がグチャグチャになっているところが多いのが泣けてくる。
そのままM5をたどり、道路脇の草地に幕営した。16:00だとまだ日がだいぶ高い・・・。
日が沈むのは17:30頃である・・・気持ち的にだいぶ楽になった。

テン場の脇を小さな川が流れていて、川沿いに立派な広葉樹が茂っている。
テントを張っていたら、チェーンソーを持ったおっちゃんたちがやって来て、おもむろに木を伐りはじめた(たぶん燃料にするのだろう)。
明るく手を振りながら作業していたけれど、テントのほうに倒れてこないかちょっとドキドキ・・・。
「ここはめちゃくちゃ寒いぞ」と言っていたが、確かに日が沈むと急に気温が下がってきた。
晩の気温-3℃。おっちゃんたちは18:00過ぎまで作業していた。

IMGP9816_サイズ変更 IMGP9824_サイズ変更
アレックスも散髪していた                なまった体に久々の上りがこたえる・・・

IMGP9832_サイズ変更 IMGP9839_サイズ変更
Буково峠

P1140174_サイズ変更
久々のテント
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment