FC2ブログ

三度目のクロアチア入国

2012/1/21 土
始:11:20 ~ 終:15:15 走行:41km
Međugorje ~ Čapljina ~ Tasovčići ~ Klepci ~ Višići ~ 国境 ~ Metković

嵐一過の快晴!さすがに昨晩はどこかで雪に変わったようで、朝起きると薄っすらと雪が積もっていた。
気温が上がるのを待ってのんびり出発。
泊まっていたところはまさにアパートの一室を借りているといった風で完全に不干渉、勝手気ままに使わせてもらえてとても居心地がよかった。宿代も、玄関のベルを鳴らして家の人を呼び出して払う、といった具合い。

家の前が日陰でツルツルに凍っていてスケートリンク状態、自転車を道路まで出すのに苦労した。とにかくツルツルで、前にも後ろにも押せない。二人がかりでようやく脱出した。
道路は凍っておらず、既に雪が融けてびちゃびちゃの状態だった。

メジュゴーリエからČapljinaまでは下りの道。天気がよくて実に気持ちいい。
Čapljinaの町中にあった温度計は、なんと18℃を表示していた。暖かいのか寒いのか・・・ホントによくわからないところだ。

ČapljinaでM17号線に出て、来た時と同じ道を国境まで戻る。
クロアチア側の入国チェックに時間がかかっているようで、イミグレの前には10台ほどの車が列を作っていた。
BIH側も(入国スタンプはパスする勢いだったが)出国スタンプは普通に押していた。いやに丁寧な係官で、別紙に試し押しをしてからパスポートに押してくれた。
そしてクロアチアの係官は、入国のときとは別の女性であったが、これまたとびきりの美人であった。どこかのモデルですか?女優ですか?と聞いてみたくなる感じだ。

三度目のクロアチア入国。
行きと同じく9号線を走って、まずはMetkovićのLiDLで食料の買い出し。
道はOpuzenから8号線に変わり(9号線は異様に短い)、海沿いに出るまで山道となる。海沿いに出るとテン場に苦労しそうだったので、脇道に入って道路下のオリーブ畑の中に早めに幕営した。
後になって車が一台やって来たのであるが、笑顔で手を振ると、クラクションを鳴らして挨拶を返してくれた。特に問題はなさそうである。

21IMGP9458_サイズ変更 21IMGP9469_サイズ変更
クロアチア国境に向かう                そして三度目のクロアチア

21P1130866_サイズ変更
オリーブ畑の世話になりっぱなし
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment