FC2ブログ

スノウリ

2010/1/20 水

昨晩はまいった。
インドに来てはじめて、それも一旦インドを離れる前日に食あたりで吐きまくった。
おそらく沐浴の後に食べたドーサの油にあたったものと思われる。
残しては悪いと思い無理に食べた夕飯もよくなかった。
一晩に5、6回吐いただろうか、もう胃の中には何もないはずなのに、とにかく吐き気がしてほとんど眠れなかった。ここまでしつこいのはこれまで経験したことがない。
ちなみにマユミも、あまりに美味しいのをいいことに前日の晩に食べ過ぎた所為で、既に昨日の朝から胃の調子がよくない・・・。

このままダメだったらポカラ行きも延期しようと話してたのだが、朝になるとなんとか動けそうだったので予定通り7:00にチェックアウト。
通りでサイクルリクシャーをつかまえてツーリストバンガローへ。

リクシャーの仲間内ではツーリストバンガローまで50R(95円)と口裏を合わせているらしく、40R(76円)で行ってくれると言ったリクシャーに乗ると、運ちゃんが仲間からブーブー言われていた。
この運ちゃんがなかなか強い脚を持っていて快速のリクシャーだった。しかもツーリストバンガローまで予想以上に遠く、乗ってるうちに50Rが正規の運賃なのではないかと思えてきた。
値切ったのが悪い気がして5R(10円)をチップとして上乗せした。

事務所で乗車の手続きをして、料金に含まれている朝食を食べてから(自分はバスに酔うのが怖くてチャイだけにしておいたが)バスに乗り込む。久々のツーリストバスで乗客は全員外国人、日本人も自分らの他に5人いた。
予約した時点で座席番号9、10と聞いていたので、指定席かと思ってのんびりバスに乗り込んだら自由席だった・・・。
出遅れて一番後ろの席になってしまった。未舗装だったり、アスファルトの剥がれまくった道路を延々と行くので胃に負担がかかる。
酔うのが怖くて、この日はバスに乗ってからも何も口にしなかった。ものすごくバンピーな道で、バスが凹凸を越えるたびに尻が浮き上がって荷物棚に頭をぶつけそうになる。


スノウリ行きのツーリストバス_サイズ変更
スノウリ行きのツーリストバス


途中の休憩ポイント_サイズ変更
スノウリへの道@途中の休憩ポイントにて


9:00に出発して真っ暗の18:00にスノウリの国境着。
インド側のイミグレで出国手続きをし、そのまま歩いてネパール側のイミグレで入国手続き。どちらのイミグレも暗くて、言われなきゃそのまま通り過ぎてしまいそう。

ネパールのビザは15日が$25、30日が$40、90日が$100であった。
今回は15日のビザを取得、記入したフォームもろくに見ずに即発行してくれる。インドとネパールの時差は15分。

イミグレから少々歩いて宿にチェックイン。粗末な宿だが寝るだけなのでどうでもいい。
これまで蚊なんてほとんどいなかったのだが、何故かこの宿にはウヨウヨいる。
気休めに日本から持ってきた携帯用の「どこでもベープ」をつけてみたら、効き目抜群なのでビックリした。


HOTEL MAMTA 外観_サイズ変更
HOTEL MAMTA


MAMTA 105_サイズ変更
HOTEL MAMTA 105


同じバスに同乗した日本人は学生や医者の卵といった若い人たちで、ほぼ全員が体調を崩していた。
久々に日本の学生と話せて新鮮だったが、ほとんどの人がインドにいい印象を持っていないのが残念!
数年だけでも社会に出て、もう少し人生経験を積んだ後に訪れると、おそらくまた違った印象を持つのではなかろうか。
偉そうなことを言うようだが、おそらく今の彼らには表面だけしか見えていないように思うのだ。


関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment