FC2ブログ

さらば青島!さらば中国!

2012/12/31 月

昨晩は行きつけの食堂が混んでいて、きちんとお別れの挨拶ができなかったので、昼食がてらおばちゃんの店へ行ってきた。
おばちゃんの料理を食べるのも今日が最後か・・・ちょっと寂しい。
最初おっちゃんはいなかったのだが、食べているときにおばちゃんが隣の画廊へ呼びに行ってくれた。
で、また新たに一枚の絵をプレゼントしてくれた。
さらに、おばちゃんがわざわざ外にみかんを買いに行って持たせてくれた。

おっちゃんとあれこれ筆談。
書家のおっちゃんはペンで書いても達筆で、読み取れない字が多いのだが、それでも概ね筆談は成立する。
「日本人は礼儀正しい」とか、「中国と日本は昔から交流があって親しみがある」とか、そんなことをおっちゃんは伝えようとしていた。
「ほら、顔も一緒だろ」と、おばちゃんの顔を指差して明るく笑う二人。別れるのがちょっと辛い。

「中日友好」と達筆な字で書いてくれたおっちゃんの気持ちは忘れまい。
狂った共産党さえいなければ、、、奴らが中華思想を前面に押し出すことがなければ、、、
一般の善良な人民とは間違いなく仲良くできると思う。
「一路平安」と言って笑顔で手を振りながら見送ってくれた。
最後にいいものをもらった。清々しい気分で中国を後にすることができる。

宿のおばちゃんは絵に描いたようにパワフルな中国人である。
やはり「一路平安」と書いて見送ってくれた。
恥ずかしがるので一緒に写真は撮れなかったが、水やカップ麺、紙ナプキンの束を餞別にくれた。

14:00頃宿を後にしてフェリーターミナルへ。
歩道はまだテカテカに凍っているものの、車道には雪がなかった。
チケットを買いに行った金曜と違って、フェリーターミナルは結構な混みよう。大晦日に移動する人なんてそうそういないんじゃないかと思っていたのだが、逆だったようである。
客は韓国人が多いようである。なにかのツアーらしい、真新しいゴア?のジャケットに身を包んだ団体客が目についた。姿格好でどことなく韓国人とわかるから不思議だ。

15:00前から乗船手続きが始まった。
ちなみに、ターミナルの使用料30元と自転車の持ち込み料20元が別途かかる。
入国のときは事細かにチェックしていた荷物検査も出国のときは楽チン。マユミの荷物だけ全部外して(形だけ)X線に通されたが、自分の荷物はスルー。

面倒なのはターミナルから船までの移動。僅か400~500mなのであるが、徒歩や自転車では移動できず、全員バスに乗らねばならない。
ノンステップ・バスというわけではなく、係員に手伝ってもらって混んだ車内に自転車を担ぎ入れる。
ちなみに、公共施設のようなところにはたいていスロープがあるのだが、これがまた異様に急で(30°以上あろうか)、とても自転車の上げ下ろしなんてできない代物。何のためにこのスロープはあるのだろう、と中国ではいつも思っていた。

全員が降りた後、タラップに横付けしたバスから苦労して自転車を降ろす。
船にはどこか船尾から乗り込めるのだろうと思っていたのだが、係員曰く、狭くて急なこのタラップを上れと・・・。マジ???
二人で喘ぎながら、一台ずつ船に自転車を上げる。やたらと疲れる日だ・・・。
上った先の船内にはエスカレータがあった。そこにいた係員曰く、幅がギリギリのこの狭いエスカレータで上に行けと・・・。マジ???

恐る恐る二人で一台ずつ自転車を上げる。こんなキツイ乗り込み初めて・・・。
どうやらロビーの物置に自転車を入れてくれようとしたのだが、狭くて入らない。苦労して運び上げたエスカレータを降りる破目に。客が途切れたところでエスカレータを逆回転してくれて・・・。
さらにもう一段、エスカレータで下りる。ロックされた通路脇のドアを開けてくれると、そこは船倉だった。船尾から大型トレーラーが乗り込んでいる。
最初からここから入れてくれればいいのに・・・。
結局、自転車は船倉に置かれたコンテナの中に保管してもらえることになった。やれやれ・・・。

今回乗る船は韓国の船で、従業員は韓国人。そんな中に日本語を話せる女性が一人いて、彼女があれこれ親切に世話を焼いてくれた。前に日本航路の船で働いていたことがあるのだとか。ちなみに、「中国語ができなくて・・・」と言っていた。
チェックインしてようやく部屋へ・・・広くて驚いた。青島で宿泊していた宿の部屋よりずっと広い。四人部屋を二人で使えるなんて贅沢だ。
ちなみに、二等は50人ドミとか70人ドミとかそんな感じであるが、別段問題なさそうなレベルではある。

部屋にはTVもある。中国のTVは、ニュースの内容なんか漢字のお陰でまだなんとなく読み取れたが、ハングルはまったくわからんな。
ま、ズラズラ書かれると韓国人でも読むのが大変というからなぁ・・・同音異義語が多すぎてどうにもならないらしい。
イメージ的には、日本語をひらがなだけで表記した感じ。いや、表音記号だからアルファベットで表記した感じと言った方が近いのかな。

こんな感じ↓
KANJI WO SUTETESIMATTAKEKKA HANGURU WA ERAIKOTONINATTESIMATTA TOIUHANASI
(漢字を捨ててしまった結果、ハングルはえらいことになってしまったという話。)

ここでKPOPなるものを初めて目にしたが、皆同じ顔、同じ踊り、同じ歌で驚いた。
そもそもこれって歌う必要があるのか?ダンスだけやってりゃいいような気がするが・・・。
韓国ってピンで歌う人とか楽器やる人とかいないのか?
こんなものが他国で流行るわけがなかろうが・・・。
時々客席の様子が映るのだが、(数少ないであろう)白人を狙って映しているところに世論誘導の意図を感じる。
衣装のセンスもなぁ・・・どことなく'80年代くらいの日本を思わせないこともない。

P1170317_サイズ変更  IMGP7348_サイズ変更
通った食堂                         長居した宿

IMGP7349_サイズ変更  IMGP7350_サイズ変更
青島のフェリーターミナル                 船室はこんな感じ

IMGP7352_サイズ変更
さらば青島!さらば中国!
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment