FC2ブログ

青島の日々 その2

2012/12/27 木

朝一に渡辺君の訃報を知った。
「極北ロシアで・・・」というタイトルだけ見て、すぐに渡辺君のことだとわかった。
この厳冬期にロシアの極北を自転車で走っている日本人なんて彼以外にいないからだ。

彼とは夏にタジキスタンのドゥシャンベで会った。
山のこと、自転車のこと、冒険のこと・・・一回りも年下であったが、似かよった価値観を持つ彼とはテント生活中、毎晩遅くまでよもやま話に花を咲かせた。
そんな彼が、極寒のロシア・ムルマンスクで車に追突されて亡くなった。

===心よりご冥福をお祈りいたします ===

朝一にネットのニュースを見て思考が停止した。
ドゥシャンベで別れた後も時々メールをもらっていて、彼が厳冬のムルマンスクを走っていることは知っていた。
大寒波で-50℃なんてニュースを目にしていたし、心配していた矢先の出来事だった。

「日本へ帰ったら長野に遊びに行きます。絶対行きますから」
そんな約束をしていたのに。今回の旅の話もいろいろ聞けると思って楽しみにしていたのに。もう彼はいないのか・・・。
信じられない。
彼とはもっともっといろんな話をしたかった。

同じ山ヤの共通認識と言うか、彼の装備は完璧だった。スパイクタイヤをはじめ冬用の装備は後で日本から送ってもらうと話していた。
浅はかな思いつきではなく、十二分な計画と準備をもって、厳冬のシベリアをターゲットにして旅をしていた。
経験も豊富。これまで海外もあちこち走っていて、様々な危険についても常に注意を怠っていなかったはず。事故当時だって目立つ格好をしていたはずだ。
何も知らない人たちは、無謀だとかなんだとかいろいろ言うのだろうな・・・。

自転車で旅をしていて一番危険なのは、車に追突されること。
自然に対する備えは万全であったはずの彼が、最後はこんな形で人為的な事故により命を落とすことになってしまった。
まだやりたいこともたくさんあったろうに・・・。
やり場のない怒りがこみ上げてくる。

もし自分らが当初の予定通り昨日のフェリーで発っていたら、おそらくこのニュースのことも知らなかったであろう。
これも何かの縁だと思っている。

2012/12/28 金

夜中に雪が降ったようで、朝起きると薄っすら積もっていた。

フェリーターミナルに行って月曜のチケットを押さえてきた。
窓口で対応してくれたのは、先日あれこれ親切に教えてくれた可愛らしい女性だった。
夜間の乗船になるので一等を奮発(832元)。ちなみに一等と二等の料金差は140元ほど。
あまりにあっさりチケットが買えて逆に驚いたわ・・・。

自転車に乗ったのも十日ぶり。久々に荷物無しで乗るとフラフラする。
曇っているが今日は気温が高く、自転車に乗っていてもぜんぜん寒くない。この先もこんな感じなら楽なんだけどなぁ・・・。

IMGP7343_サイズ変更  IMGP7342_サイズ変更
見せしめのように置かれていた廃車のランボルギーニ(人民の何百年分の年収なんだろ?) デモかなにかで犠牲になったのか?説明書きがあったがよくわからなかった

2012/12/29 土

夜明け前から雪が降っていて、ほぼ丸一日降っていた。夜までに3~4cmほどの積雪。
昨日から一転して気温が低く、そこらじゅう踏み固められてテッカテカの状態。

夕飯は近所の同じ店に通い続けている。
おっちゃんの方は絵とか書を書く人で、それらを隣の画廊で売っている。昨晩店に行ったとき、「明日、記念に書をプレゼントするよ」みたいなことを言ってくれていた。(筆談からの想像)
で、食後に本当に書を持ってきてプレゼントしてくれた。
おっちゃんの名前は唐景春、おばちゃんの名前は牟建華。
よくよく聞いてみると満州族の人だった。それで昔の知人が北海道にいると昨晩話していたのか・・・。
どうりでちょっと雰囲気が違うと思った・・・おっとりしていてどことなく品がある。そして何より声がでかくない。ま、別に漢人のことを悪く言うつもりはないけど。

いつか行ってみたいな、満州へ。
聞くところによると、朝鮮族も満州にいる人たちは親日であるというし。
きっと故意に歪められた捏造史ではなく、史実を正しく理解している人たちなんだと思う。

マユミに散髪してもらってサッパリした。

IMGP7347_サイズ変更
行きつけの店のおっちゃんとおばちゃん・・・書家のおっちゃんが書をプレゼントしてくれた

2012/12/30 日

宿に引き篭もり中。
暖かい部屋でのんびりネットしてるのが心地よく、飯時以外外に出ない生活がすっかり板についてしまった。
明日はいよいよ出発か・・・今ひとつピンと来ない。宿に連泊したときはいつもそんな気分になる、特に冬場は。

クリスマスの雰囲気もまったくなかったが、年の瀬の雰囲気もまったくない。いつもと何ら変わらない日曜日。
旧正月以外はたぶん関係ないのだろうな・・・。
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment