FC2ブログ

青島到着

2012/12/19 水
始:9:35 ~ 終:15:30 走行:48km
~ 青島

晴れ。7:30の気温-9℃。うぅぅ、寒い。テントもフライもバリンバリンで不快だが、どうにもならんのでそのまま撤収して出発。
北上するG204と分かれ、青島へ向かう。

青島への道は不快だった。工事中のところが多くて道は狭いし、交通量は多いし、空気は悪いし・・・。
走りながら、やっぱ北の烟台を目指せばよかったかと後悔することしきり。(が、この後で大寒波がやって来たから、青島にしておいたのは結果的には正解であった。)

途中、ハングル文字の氾濫するエリアがあった。
朝鮮半島は目と鼻の先だし、青島近辺にはけっこう朝鮮人が住んでいるようである。

昼頃、青島の市区で昼食。久々にメニューのある、いたって普通の食堂だった。
で、四軒ほど隣にあった食堂ってのが「釣魚島菜館」・・・絶対入らんわ、そんな店。
中にはいるんだねぇ、こういう輩も。

腹ごしらえの後、ひとまずフェリー乗り場を確認してみることにした。
さすがに案内標示があるだろうと高を括っていたのだが、これがまったくなし。見事なまでに何もなし。
人に聞き聞き辿り着いたそこは、まったくそれとはわからないようなところだった。
港に面してフェリー乗り場がドーンと広がっているようなところを想像していたので、最初はそれとわからず建物の前をスルーしてしまったくらいだ。
あっ、これがそうなのか・・・。
街中にあって海に面しているわけじゃないし、大型コンテナが並んでいるわけでもないし、車がズラリと並んでいるわけでもない。こりゃわからんわ・・・。
考えてみたら、中国に車で乗り込めるはずがない。カーフェリーではなくて人を運ぶためだけのフェリーなのだろう。
仁川行きと下関行きのフェリーがここから出ている。
水曜の今日は、これから仁川行きのフェリーの出る日で、建物の中はそれなりに混んでいた。
全員乗船待ちの人たちで、窓口に並んでいる人は誰もおらず、窓口の女性にのんびりとあれこれ聞くことができた(もちろん筆談で)。
仁川行きのフェリーが出るのは月、水、金。窓口はフェリーの出る日にしか開いていないようである。

用事が済んで、次は宿探し。
フェリー乗り場の周りはいかにも場末的な雰囲気で、市区の方へ4、5km戻る。
クリスマス時季に韓国に渡るのがウザそうで、青島には一週間ほど滞在する予定。
商丘で泊まった宿くらいのクオリティーのところに泊まれないものかと、ひとまず一軒目に当たってみたが、やはり青島は商丘よりちょっと物価が高い。
時間はあるし気長に探せばいいか、と思っていたところでおばちゃんに声をかけられた。
このおばちゃん、実はここに着いたときから何やら話しかけられていたのだが、何をやっている人なのだかよくわからなかった。
どうやら宿の客引きだったらしい。
高いから別の宿を探す、と紙に書いて話すと、こっちに安い宿があると言う。とりあえずついて行く。

今当たった宿のすぐ裏手、そこには似たような宿が幾つか並んでいた。所謂、人民の泊まる招待所のような宿で、酒泉ではこの手の宿に外国人は泊まることができなかったが、青島では問題ないらしい。
暖房が効いていて暖かいし、熱々のシャワーが使えてネットも使える。が、唯一の難点がちょっと狭すぎる。荷物を入れたらベッドの上にいるしかない状態。
一泊80元・・・ここでもいいかとだんだん思えてきたが、こういった宿なら腐るほどある。
他を見てから決めるか、ということにしようとしたのだが、せっかくの客を逃すまいとおばちゃんも必死。
荷物はこっちのキッチンに置いていいと言うのだが、油まみれになりそうでちょっとそれは勘弁。
案内してくれた部屋には、物置なのかなんなのかもう一つドアがあった。そこに荷物が置けないか聞いてみる。
そこはダメだと最初言っていたおばちゃんも必死。鍵を開けて見せてくれたそこは、さらに狭い単人房だった。旦那のおっちゃんがどうやらここで寝起きしているらしい。
荷物をどかすからここも使えと言ってくれる。奥の二部屋を借り切る形になって一泊100元。
おばちゃんの熱意に折れ、結局これで手を打つことにした。
ちなみに、酒泉や商丘のときのように例の面倒な用紙に記入したり、一緒に公安へ行ったりといった手間は一切なし。デポも必要なし。
至極簡単。場所によってずいぶん違うもんだなぁ・・・。

近くには食堂や超市なんかもたくさんあり、生活するのに便利。お茶やコーヒーを飲むための熱湯は自由に使えるし、何より二人同時にネットが使えるってのがありがたい。
最初は一、二泊して不便だったら他に移ろうと思っていたのだが、至極快適。
ここに連泊することに決定。

IMGP7328_サイズ変更
中国最後のテン場を出発  道が不快でこれ以降写真がなかった・・・
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment