FC2ブログ

ビシュケク到着

2012/9/5 水
始:9:05 ~ 終:16:40 走行:69km
~ Karabalta ~ Aleksandrovka ~ Sokuluk ~ Bishkek

広くてきれいな道路を8kmほど北上すると、ビシュケクとカザフスタンのシムケントを結ぶ道にぶつかった。
ここは・・・そこは先日車に追突された道路ととてもよく似た状況だった。
狭くて車が多い。アスファルトが割れて道路端の舗装が剥げ、狭い道を余計に狭くしている。もちろん車の運転は乱暴でめちゃくちゃ・・・。
この間の事故のことが完全にトラウマとなっていて、いつ後ろから追突されるかとビクビクしながら走った。

町に入ると道沿いに銀行が現れ、ATMも見られるようになった。
ようやくお金が下ろせ、カフェで食事もできた。これまで通ってきた小さな村や町より確実に物価が安い。

町の雰囲気はもう完全にロシア。昨日山越えをしたあたりからロシア色が強くなり、ここへ来てますます強まった。
遊牧をするキルギス人の世界から唐突に金髪碧眼の人たちが闊歩している世界へ。
キルギスは場所によって雰囲気がガラリと変わる。とても同じ国のこととは思えない。

それにしてもこの道路環境・・・まったく最悪だ。
車優先が当たり前。たいした用事もないくせにどの車もやたらと飛ばしている。
キルギス人はせっかちで、交差点ではまだ赤のうちにすべての車が動き出す。まだ人や自転車が横断しているというのに・・・。

ヒヤヒヤしながら、クレイジーなドライバーと怒鳴り合いをしながら、16:40にサクラ・ゲストハウスに辿り着いた。
宿は連日満員御礼状態。どうにかドミのベッドが二つだけ空いていて、この日はドミに入った。

ドゥシャンベ以降に会ったバイカーが宿に何人かいるだろうと思っていたのだが、意外にも知った顔はつい先日会ったユウヘイ君だけだった。
どうやらヨーロピアンのバイカーの多くはノマドの方にテントを張って泊まっているらしい。

IMGP6275_サイズ変更
キルギスで初めて食べた美味しいもの(焼きラグマン)・・・もちろん中華系の店
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment