FC2ブログ

クロアチア再び

2011/12/31 土
始:9:15 ~ 終:15:50 走行:52km
~ Gibarac ~ Šid ~ 国境 ~ Tovarnik ~ Ilača ~ Banovci ~ Orolik ~ Slakovci ~ Stari-Novi Jankovci ~ Mirkovci ~ Vinkovci

昨晩の気温1.5℃、今朝0℃。
朝のうち雲が出ていたが、その後快晴となった。一日中冷たい西風が向かい風となって辛かった。

国境の町Šidで残ったセルビアのお金をタバコとワインに替え、いざ再びのクロアチアへ。
国境までは15kmほどだった。セルビア側もクロアチア側もガラガラ。
セルビアも出国スタンプは省略だった。11:00に快晴の国境を越える。クロアチアに入るときはいつも快晴だな・・・。
ちなみに、前回もそうだったのだけれど、何故かクロアチアのイミグレ係官はいつも女性で、しかも美人。感じのいい美人の係官に見送られて入国(もしくは出国)すると、なんかそれだけで気分がよくなる。(単純だけど・・・)
旅行者にとってイミグレの係官というのはある意味その国の顔であるから、係官の印象ってのはとても大切だと思う。

国境から続く46号をひたすらまっすぐ走ってVinkovciへ。
クロアチアに入った途端、林が目につくようになった。
クロアチアも前回テン場には苦労させられたのであるが、林が溝で隔てられているだけの話であって、林自体は存在する。それだけでセルビアに比べて天国のように見える。
セルビア(北部)はどう考えても木を伐りすぎだ。だから地面があんなにグチャグチャになってしまうのではないのか?
クロアチアに入るとあまりグチャグチャした感じがなくなった。決して天気のせいばかりではないと思う。

林はあるけど相変らず溝で隔てられていて、中に入るのが困難ではある。
Vinkovciはこのあたりでは一番大きな町。ようやく大型スーパーが現れて、ここでお金を下ろして食料の買い出し。
元旦の明日は祝日でどこも休みだから、二日分の食料をまとめ買い。水も7L購入。

引き続き46号を辿り、Vinkovciを出て道路が分岐するところに雑木林を発見。森や林を見つけたらそこに向かって走る、というのが鉄則。
偵察すると林の中を林道が走っていて、容易に中に入れる。ラッキーだ。
車止め(と勝手に思い込んでいる)ゲートの脇をすり抜けて林の中に入り、平坦地を見つけて幕営した。
久々にテン場探しがスムーズだった。

31IMGP9022_サイズ変更 31IMGP9024_サイズ変更
久々の快晴!                        ま、快晴でも畑しかないんだけど・・・

31IMGP9032_サイズ変更 31P1130500_サイズ変更
クロアチア再び                       やはり森や林は快適、そして何より落ち着く
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment