FC2ブログ

(好きでもないのに)三たびポーランド その1

2011/10/27 木
始:10:00 ~ 終:16:00 走行:62km
~ Čierne ~ Skalité ~ 国境 ~ Zwardoń ~ Rajcza ~ Milówka ~ Żywiec ~ J. Żywieckie

夜が明けるとガスで真っ白。川向こうの集落もまったく見えない。日が出ればすぐに晴れそうだが、背後の山に遮られてなかなか日が出ない。
出発の10:00近くになってようやくガスが晴れてきた。ガスさえ晴れればスッキリいい天気かと思いきや、やはり雲が多かった。

ポーランド国境まではちょっとした山岳ステージ。最後はまた10%オーバーの上りで朝からしごかれた。
スロヴァキアという国は、最後の最後まで良くも悪しくも印象の薄い国だった。悪くはないのだけれど、特にこれといった印象がない。
唯一(と言っては語弊があるが)スロヴァキアの車のナンバー・プレートは同じEU圏でもこれまでの国と違って、タトラの峰々を描いた国の紋章が入っていてカッコイイ。

スロヴァキア側の国境近くはちょうどアウトバーンを建設中だった。
国境にはイミグレのあった跡すらなくスルー。が、国境を越えてすぐ異変に気付いた。
国境を越えた先も一本道。が、その一本道がどう見てもアウトバーンっぽい。まだできたばかりの真新しい立派なアウトバーン。
地図上は69号というただの国道であるが、実際の道路標示はS69。これってやっぱアウトバーンだよなぁ・・・いやいやそんなはずはなかろう、接続しているスロヴァキア側は狭い一般道だし、それでは車でしか越境できないことになってしまう。たまには自転車で越境する人だっているはずだ。

半信半疑のままS69を走る。なんてったって道はこれ一本しかないのだから・・・。
道標によると、Żywiecまで28km。Żywiecまで行けば69号から逃れられる。交通量は少ないし路側帯も広い。これなら安心して走れるか。
すれ違うドライバーも特にこちらに注目している様子はないように見える。アウトバーンってのは気のせいだったか?
しばらく走るとトンネルがあった。こいつは珍しい。ここまではじめて見るトンネルだ。トンネル手前のスペースに自転車を止めて写真を撮る。
トンネルの長さは678m。念のためライトを点滅させていざ突入!
と、いきなりどこかのスピーカーからがなりたてる声が・・・。
ビックリして立ち止まる。シーン・・・自分らに言ってるわけではないか。気を取り直して突入しようとすると、またがなりたてられる。そんなことを二、三度繰り返した。
どう考えても自分らに言ってるよなぁ・・・ポーランド語で、何を言っているのかまったくわからないが、明らかに自分らに対してトンネルに入るなと警告している。
突入するのを断念して道路脇のスペースに戻る。いったいどうしろって言うんだよ~
誰か関係者でも飛んで来ないかなぁとしばらく待ってみたが、誰も来そうにない。

ちょっと手前にインターチェンジがあった。アウトバーンをしばらく走ったお陰で、ここまで来ればどうにか迂回できそうである。
そそくさと反対車線に渡って少し戻り、インターチェンジを下りる。
振り返って道標を見ると、S69は正真正銘のアウトバーン。酷いなぁ・・・いったいどういう道路の造りにしてんだよ~!越境した途端なんでポーランド側だけいきなりアウトバーンになっちゃうわけ?自転車で越境した人はどうすりゃよかったんだよ~!
これだからポーランドは嫌いだ。

さて、インターを下りた先から選択肢は二つあった。西からWisła経由で迂回する山越えの道と、東からRajcza経由で迂回する道。
Wisła経由の道は距離は短いのだが、見るからに険しい山岳路。峠を二つも越えねばならず、おそらくかなりの激坂。しかも目指すŻywiecのかなり北に出てしまう。却下。
Rajcza経由で迂回することにした。

Rajcazへの道は、山間を走るのどかな道で感じがよかった。スロヴァキア側のこちょこちょした感じがなくなった。
一歩越えただけでガラリと雰囲気が変わるから国境ってのは不思議だ。
が、よかったのは束の間のMilówkaまで。Milówkaで69号(今度こそ正真正銘のただの69号)に合流すると、おなじみのポルスカらしさ全開!
車が多い!とにかく多い!なんでこんなに車が多いんだ、この国は!しかもいたるところ工事中・・・。自転車で走ってこんなに不快かつ危険な国はヨーロッパに他にない。ダントツの不快さ。
できれば二度と走りたくないポーランド。なんでそんな国に三度も足を踏み入れたのかと言うと、Oświęcimに行かんがため。
オシフィエンチム・・・ドイツ名はアウシュヴィッツ。言わずと知れたナチの強制収容所があったところ。
この町はチェコとスロヴァキアとの国境近くに位置していて、チェコやスロヴァキアからアプローチした方が近い。ポーランド国内で言えばクラクフの西55kmほどのところにある。

Milówkaから不快極まりない69号を走ってŻywiecまで。
ホントになんでこんなに車が多いんだ、この国は。しかもいたるところ工事中だし・・・。
いったいこの先どこへ向かおうとしているのだ、ポルスカよ!

Żywiecで食料の買い出しをして946号に入る。ポーランドは水も飲めないから、5Lのペットボトル入りの水も買う。
946号に入ってようやく逃げられると思ったら、甘かった。
Żywiecは小さな町であるが、信号のある所々で車が渋滞している・・・何で???ホンッッットに不快だ、この国は。
車の多いことをとっても道の造りをとっても工事が多いことをとっても、日本もあまり人のことをとやかく言えた義理ではないかもしれないが、でも酷すぎる!
思えば一昔前、バブル期の頃の日本と似ているのかもしれない、今のポーランドは。

ホトホト嫌になりながら946号を走っていると、J. Żywieckie湖の近くでキャンプ場の看板を発見。
閉まってそうだけど念のためのぞいてみるか、と行ってみたら奇跡的に開いていた。ちょっと中途半端であるが、今日はここに泊まることに決定!
J. Żywieckie湖を見下ろせるなかなかのロケーション。船の整備をしている関係者と、半ばトレーラーハウスに住んでいるおっちゃんくらいしかいない。完全に貸し切り状態で、シャワールームも鍵を貸してくれて自分ら専用。料金が異様に安くて二人で一泊20zł(590円くらい)。
キャンプ場に泊まる日は忙しい。テントを張ったら速攻でシャワーを浴びて洗濯。

27IMGP7798_サイズ変更 27スロヴァキア・チップス_サイズ変更
牧草地から道路に下りる                 ちなみにチェコではボヘミア・チップスになる

27IMGP7803_サイズ変更 27建設中のアウトバーン_サイズ変更
国の紋章が入ったナンバー                建設中のアウトバーン

27三たびポーランド_サイズ変更 27アウトバーンを走る_サイズ変更
ポーランド三たび突入                   国境先の一本道がいきなりアウトバーンに・・・

27突入しようとしたらスピーカーからなにやらがなりたてられた_サイズ変更 27IMGP7817_サイズ変更
突入しようとしたらがなりたてられた・・・        やはりアウトバーンだったS69

27IMGP7819_サイズ変更 27IMGP7821_サイズ変更
Rajcazへの道は気持ちのいい道だった・・・      途中までは・・・

27IMGP7825_サイズ変更 2710/27のテン場 キャンプ場_サイズ変更
すぐにポルスカらしさ全開!               湖畔の高台にあるキャンプ場

2011/10/28 金
始:11:00 ~ 終:15:30 走行:44km
~ Oczków ~ Czernichów ~ Kobiernice ~ Kęty ~ Oświęcimの5km手前

久々に快晴!そして久々にありえないくらい露が降りた。テントも地面の草も何もかもびしょびしょ。
朝もまったく寒くない。いったいハンガリーの寒さは何だったのか?
昨晩シャワー室に干しておいた洗濯物を日に当てて乾かそうと思ったら、管理人のおばちゃんがヒーターの上に移動しておいてくれて既に乾いていた。ありがとう、おばちゃん!
びしょびしょのテントをのんびり乾かしてから出発。

入口の門のところで看板を入れて写真を撮ろうとしていて気が付いた。昨晩泊まったここ、実はキャンプ場ではなかった・・・。いや、キャンプ場も兼ねているのかもしれないけど、あくまでボートを預かるマリーナのような施設。だからあんなに安い料金でテントを張らせてくれたのか。どうりでテント・サイトが狭いと思った。
ちなみに、道路の看板で見たキャンプ場はもう少し奥にあった。(もう閉まっているようだった)
ここも今朝は門が閉まっていたし、昨日開いていたのはただの偶然だと思う。いや~ラッキーだった。

今日も変わらず車の多い948号を北上する。
J. Żywieckie湖はダム湖だった。Czernichówにダムがあり、その先のKobierniceまでダム湖が続いている。
ダムから先はダム湖沿いを走る気持ちのよいルート。晴天とも相まって木々の黄葉がとても美しい。
ヨーロッパには日本のように紅く染まる木はほとんどない。黄葉もせず中途半端な茶色になって散ってしまう木が多い。
チェコ及びスロヴァキアとの国境地帯はポーランドで唯一の山岳地帯。と言っても山はなだらかで、標高は高い山でも1,500mほど。ポーランドは国土のほぼ全域が平坦地である。
その割りに昔から強靭なクライマー(登攀の方の)を多く輩出している。クルティカとかククチカ、etc...。
自然がふんだんに残っていて、気持ちのいい明るい森がそこかしこにある。テン場にも事欠かない。

惜しい・・・実に惜しいぞ、ポーランド!こんなに美しい国で人もいいというのに、どうしてこんなにも車が、それも大型トレーラーが多いのだ、この国は。
この一点だけが唯一の、そして自転車にとっては最大の難点。せっかく美しい国なのに、走っていて不快かつ危険なことこの上ない。
たぶんこれは自転車限定の不快さで、おそらく車やモーターバイクであれば道路の流に乗って走っている限り特に不快な思いをすることはないだろう。
車が多いことに加え、道路の造りにも原因がある。交通量が多いくせに道が狭すぎ・・・。
道幅は大型一台でいっぱいいっぱい、路側帯というものがまるでない。あんな使えない歩道をぶつ切りに造るくらいなら路側帯を設けてくれればいいのに・・・。
道が狭いがために自転車が渋滞を招いてしまう。対向車が途切れず大型にいつまでも後ろにつかれているとのんびり走ってもいられない。それでも後ろについて待ってくれるようなトラックはまだいい。対向車が来ているのに皮一枚ギリギリのところをスピードも落とさずかすめていくイカれたトラックも多いから、非常に怖い思いをする。
路側帯も何もないから逃げ場がない。もしちょっとでも接触したらアウトだぞ、この野郎!
国中どこを走ってもこんな道ばかりのポーランドである。

Oświęcimの近くに間違ってキャンプ場でもないかなぁ、などと淡い期待をしながらやって来たが、やはり望むべくもない。
町の手前5kmほどのところに川に出られそうな枝道があり、入ってみるとSolam川の広い川原に出た。今の時季は水量が少なく、ヨーロッパには珍しい日本の川のようなゴロゴロ石の転がった川床が露出していた。
場所を選定し、整地して幕営。なんかこういう石の上に幕営するのって久しぶり。
それにしても暖かい・・・川原に遊びに来ていた若い衆など半袖である。そこまで暖かくないと思うけど・・・。

余談であるが5Lのペットボトル・・・水の飲める国では何度も繰り返し使っていたペットボトル。水を買っているポーランドでは一度使っただけで即ゴミになってしまう。
なんだかとても罪悪感を覚える。

28IMGP7841_サイズ変更 28IMGP7846_サイズ変更
車さえいなければ快適                   黄葉が美しい

28IMGP7849_サイズ変更 28P1110852_サイズ変更
なんでこんなに車が多いんだ、この国は・・・      川原に幕営
関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.

Leave a comment